旦那と旅行中に喧嘩してる美人人妻を寝取ってやりました・・・・・・・・

閲覧数: 3,378 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:寝取り魔 さん(男性・30代)

【体験談】釣った魚に餌をあげないと・・・

【体験談】暇さえあれば温泉に出かける投稿者男性。目的はナンパ。とある温泉で旦那に冷たくされている主婦が目の前に。声をかけてみたところ・・・。

週末といえば温泉。
やっぱり疲れた心と体を癒すには、最高の環境です。

働き始めて肩こりが酷くなったのをきっかけに、暇さえあれば近場の温泉や、車で1~2時間ほどの範囲内にある温泉に出かけていたオレ。

今ではすっかり温泉マニアとして、周囲には知られています。

でも、温泉に出かける魅力は、現地で出会う人との交流にあるのです。

とまぁそんなことを語ると、「旅好きなのね」と思うでしょうが、オレの場合は一味違うんです!

実は、現地でのワンナイトラブをするための口実として温泉を利用しているだけで、オマタの緩い女性を頂くために、足しげく通っているのです。

その収穫率は驚異の50%!

2回に1回は、温泉地でご馳走を頂くことができているのです。

今回は人妻をターゲットに・・・

といってもまだ30代の綺麗系女子。

夕食のバイキングで見かけたAさんは、何だか不満そうな表情。

その原因は旦那の身勝手な行動が関係していた様子。

旦那はモヤシのような細っこい感じで、いかにも気弱そうな見た目。

食事を済ませると早々に彼女を置いて部屋に帰っていくではないですか。

これはチャンス!

だって、女性を置いていくというのは、男としては考えられないじゃないですか。

旦那が過ぎ去ったのち、一人ビールをスタッフに頼んで飲み始めた彼女へすり寄ったオレ。

まぁかなりなれなれしいアクションでしたが、一人の彼女へ乾杯を求めたのです。

はじめは、「えっ!?」と警戒されたのですが、

「実はオレ、一人旅なんです。なんで、せめて乾杯だけでも付き合ってもらえませんか?」

と言うと、少しだけ彼女の表情が和らいだ。

「いいですよ、実は、私も色々あって今一人で飲み始めたところなの」

と返してくれるではないですか!

ここまでの返しがあれば、自分の中ではHへ進む確率は100%☆

すんなりと打ち解け、いつしか2人でテーブルを囲み、自分の部屋付けで何杯かビールをご馳走しながら、

「良かったらオレの部屋で飲みません?日本酒好きですか?」と聞くと、

まんざらでもない彼女が二つ返事でOKをwww

部屋に入ってからは、日本酒なんて飲むことなく、すぐさま熱いディープキスをすると、彼女から浴衣ごしにティンポを触り始める始末。

パンツを脱いで仁王立ちすると、丁寧に根元からフェラを始めるではないですか(笑)

それにしても、人妻はどうしてこんなにも仕草がいやらしいのだろう。

どんどん勃起したティンポを愛おしく包み込む彼女のフェラは、すでにレストランで別れた旦那のことは忘れているだろうと思うほど、超濃厚な舌使いで絡みついてくるのです。

もう我慢をしなくても良いだろうと決意したオレ。

彼女へはキスのみで焦らしていましたが、大きくなったティンポを熱々のアソコへ挿入!

正常位で挿れてあげると、体をくねらせてオレにしがみつく姿は、すでに人妻ではなく一人の女として艶やかでした。

騎乗位でのグラインドは、日頃から仕込まれた自慢のワザらしく、しかも、締め付けがばっちりなアソコは、蜜樽のようにどんどん愛液が溢れ出てくるほどの敏感さを見せてくれる。

まだまだ30代といってもオレにとっては若い存在の彼女は、何度もピストンを受けながら、膣からは空気が漏れてしまうwww

そんな反応がさらに興奮を高めてくれて、彼女の口いっぱいに精液をまき散らすという結果でフィニッシュ☆

今では月に1度、彼女からの連絡を待って会うことを続けているオレ。

相変わらずいやらしいフェラが一段と磨かれているようで、必ずお掃除フェラまでを味わってから別れる日々。

セフレになった関係は初ですが、これだから週末の温泉地遠征は止められないのですわ。

こりゃ、自分は一生結婚できないだろうな(苦笑)

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
旦那との旅行中に寝取ってやったという征服感も半端ないでしょう・・・

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)