寝取られ妻がついに粗チンの僕とはセックスしてくれなくなりました・・・・・・・・・

閲覧数: 2,231 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:ぽぴお さん(男性・40代)

体験談タイトル:「寝取らせ」妻45歳 その後の覚醒

「寝取らせ」と、自分の淫欲に素直になった愛妻の変貌を報告します。
普段の生活は、何ら変わっておらず、相変わらず仲の良い夫婦で、四六時中一緒でも心地よい愛妻です。
しかし、夜の性活は変わりました。
自分の、言わば『肉体的浮気』の報告を嫉妬に狂い興奮し、必死に粗チンを扱く私を見ると、

「もっと嫉妬させたい!!もっとツライ興奮を与えたい!!」

と、言う気持ちになるらしく、もっぱら愛妻主導になりました。
今迄は、疲れていたり、気分が乗らない時でも手コキやフェラで、処理してくれましたが、最近は

「自分で、シコシコして…見ててあげるから。オカズもあげる。」
と、その場で愛妻が脱いだストッキングをオカズに、オナニーを強要されました。

「パパ、ホント、ストッキングと寝取られが好きね。……ねぇ、履いてみて!私の温もり残ってるかもね?」
私は、愛妻の脱ぎたてのストッキングを履き、粗チン擦り、スマホ撮影されながら、だらしなくパンスト中出しです。


「アッ、ビクンビクンしてる、出てる!女物のパンスト履いて、射精してる!いや〜、変態!」

愛妻も、精一杯、私を興奮させようと、考えてくれ、自分の欲求も満たしつつ、エロ妻に徹してくれます。

また、新鮮な気持ちを保つ為と称し、滅多に下着姿を見せなくなったどころか、裸に関しては、全く見せてくれません……。

「想像して…中○生の頃の様に…。ブラウスの下は?スカートの中は?下着の中は?ってね!
ツルツルかも知れないよ。」

愛妻は凝りだすと、徹底する性格なので妥協がありません。
家飲みのときでさえ、酔って見せ無い様に、ジーンズに履き替えます。

「パパ、今後はエッチするか、しないかは私が決めるからね!したくなったら、一応、希望はだしといて。」❋有給申請か!

こんな話しをして数日後、愛妻から衝撃の提案が!

「あのね、パート先に大学生のバイトが入ったんだけど、凄く可愛くて、顔もわりかし好みで、私に懐いていて。聞けば、彼女もいないし童貞らしいの。暫く付き合ってみてもいいかな?」

「エッ!付き合うって?」

「……私も、家庭が上手くいってないみたいな話をして、その子をその気にさせて、お付き合いするの。食事行ったり、デートしたり、気持ちが合えば……エッチも……でも、恋愛じゃなくて、その…セフレ?みたいな関係。」

「!!、正直に答えて……それは俺の欲求を満たす為?……」

「……私の願望でもあるかな。パパ以外の男性と付き合ってたら?どんなデート?どんな流れで、どんなエッチ?……みたいな。」

「俺に対する愛情が、薄れたのか?」

「違うよ!!パパの事は心から愛してます。今も大好きです。誓えます!!でも、そんなパパにもっと嫉妬して欲しいし、愛情を再確認して欲しいし……けど…やっぱり……正直言うと…他の男性との接触が新鮮で……忘れられないのかも……」

「きちんと本音を聞せてくれ。」

「…ウン……過去3人とエッチしたけど、どの人とのエッチも、頭が真っ白になる位気持ちよかった。紛れもない事実。私をこんなにエッチにのめり込ませた男性達なの……ごめんなさい…やっぱり、その……オチンチンの気持ち良さと、持続力がパパと違うんだなぁと、キスの仕方、触り方、愛撫の仕方、そして……オチンチンの形や大きさ。3人ともオチンチンでイカせてくれたの。パパのオチンチンは……イク前にでちゃうから……」

「!!」

「他の男性達は、オンナの悦びをちゃんと教えてくれたの。たった一度のエッチなのに……パパにはもっと嫉妬して、悔しがって頑張ってほしいの!私を取り返してほしいの!やっぱり、オチンチンでイカされるのは女にとって、とても幸せな事なの……」

「もし、エッチだけで恋人を選ぶとしたら、パパは危ないかも。私、パパを含めて4人の男性とエッチしたけど……パパとのエッチは気持ちよさだけで言うと……4番目……。1番は、明夫さん。あの人は、愛情、テクニック、オチンチン、全て凄かった。凄すぎて、気持ち良すぎて、心の底から快感に溺れた。パパに対する罪悪感も消えちゃって、もっと犯して欲しい、本気で膣内に精液を注いで欲しいって思った。強いDNAを求めた、って感じかな?」

「私、最近想像するの。パパの見ている目の前で愛情たっぷりのエッチをして、私から求めて、膣内に射精されるの。ゾクゾクしちゃう。ごめんねパパ、もし、そんな機会があったら、パパにエッチしてるトコ撮影して欲しいな!パパはカメラ越しに見て、他の男性のエッチを勉強して欲しいの。」

私の粗チンはカチンコチンで、爆発寸前です。
愛妻が唇を重ねてきました。
優しく、包み込む様なキスで、たっぷり唾液を流し込んできました。

「明日から、そのバイトの子にモーションかけてみるね。もし、手応えあったら、お付き合いしてみます。もちろん、娘にはバレ無い様、上手くやるから。でも、パパは……我慢して!想像して、嫉妬して。一段落したら、話すから。」

堂々の宣言です。
「愛妻が、他の男を求めてる!」

大変なショックです。おかしくなる位の嫉妬です。
翌日から、愛妻はオシャレをして、気合の入ったメイクでパート先に出勤していきました。
今迄はジーンズにスニーカーが多かったのに、スカートが増えました。
そして、そのバイトの写真を見せてくれました。

普通の学生って感じで、可もなく不可もなく…と言ったところです。
が、性格は良さそうな感じでした。こころなしか、楽しそうでした。

今現在、愛妻からその後の進展の報告はありません。
ただ、スマホを触る回数が増え、土曜の午後は人手不足で?帰宅が遅くなってます。
休日出勤?もあります。
もちろん、夜の夫婦性活は無く、寝る時も、素っ気ないです。

そんな昨今ですが、愛妻が入浴中にコッソリ、タンスの下着を確認しました。
見たこともない白のスケスケや、Tバック、こんなの、履いていても丸見えじゃん!
何かが起きているのは確実です。
私は部屋に戻り、鬱勃起した粗チンを扱きました。

「愛妻が、他の男と、付き合ってる?」
「イチャイチャして、セックスしてる?」

物の5分で爆発です。
どんな事をしてるのか?どんな会話をしてるのか?
そして…セックスをしてるのか?……
狂おしい嫉妬と興奮です。
何か有りましたら報告させて頂きます。

 

管理人の戯言(*‘ω‘ *)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
その後、ぽぴおさんからの投稿は途絶えた・・・。
ぽぴおさん、大丈夫ですか!?

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)