巨乳セフレに逆バニーのコス着せてセックスしたらエロ過ぎた・・・・・・・

閲覧数: 2,520 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:かなた さん(男性・30代)

体験談タイトル:逆バニーの衣装でセフレとセックス

逆バニーって知ってる?
基本的にはバニーガールのコスプレなんだけど、隠している部分と露出部分が通常のバニーガールと逆になっている衣装のことだ。

どういうことか。

通常のバニーガールだとレオタードのようなものを着て身体を隠していると思うが、逆バニーはレオタードで隠れている部分を露出し、足や腕などを隠す。
当然おっぱいは丸出しになるので丸出しか、乳首にシール(ニップレス)を貼り隠す。

下は何も着ないか、水着パンツみたいなのを履くのが一般的で、うさ耳、ニーソックスや蝶ネクタイなどをつける。
説明が難しいのでぜひググって画像を見てほしい。

さて、俺はAVを漁っていてこの逆バニーというものを知ったわけだが、すぐに気に入ってしまった。
さらに巨乳+逆バニーの組み合わせの破壊力はとてつもない。

ちょうど俺のセフレ(25歳)が巨乳だったので逆バニーのコスプレプレイを頼んでみたところOKをもらい、衣装を注文した。
後日衣装が届き、早速ラブホでセフレに着てもらう。

逆バニー姿になったセフレが
「えーなにこれーほぼ裸じゃん!」
と言っている。

上から順にみていくと頭にはバニーガールがつけるような背の高いうさ耳。
上半身はYシャツの襟部分だけのようなものをつけ、首元にリボン。腕は全体に黒いタイツのようなものを着ている。

そしておっぱいは丸出しだ。
一応乳首にハート型のシールを貼ってもらっているがGカップの巨乳はそのままだ。
お腹、秘部も丸出しでマン毛が丸見え。
しかし太ももから足先にかけてはニーハイで隠している。

逆バニー姿で現れたセフレに俺はめちゃくちゃ興奮した。
よくコスプレもののAVで服を脱がすかどうかみたいな議論があるけど、逆バニーは関係ない。
だってセックスに必要な箇所は丸見えなんだもの。
俺は着エロと裸のちょうどいいところを混ぜ合わせた衣装を考えた人に感謝した。

後ろを向いてもらうと当然ながら背中とお尻が丸見えだ。

「ねぇ、ちょっとベッドに座って足を広げてみてよ」
「えー!恥ずかしいなぁ。」
そういいながらセフレはベットに体育座りした。

「こう?」
体育座りの状態から両足を広げる。もちろん陰毛からマンコが丸見えになる。

「うわぁやばいなこれ!俺興奮してきたわ」

俺は我慢できなくなりベットに行き、セフレの後ろにまわり両手でおっぱいを揉みしだく。

「いやん、なんか恥ずかしい…でもこれ気持ちいいかも…。」
セフレは元々感じやすいが、恥ずかしい衣装を着せられてなお感じているようだ。

乳首に貼ってあるシールをゆっくり剥がす。
わざと上に引っ張るように剥がすと、剥がれた瞬間、おっぱいがぼよんと揺れた。
シールを両乳首から剥がすと乳首に吸い付いた。
おっぱいが剥き出しだったせいか少し冷たかったが舐めているとすぐに温かくなった。

「あん、温かい…」
マ○コを触るとすでにうっすら濡れている。
脱がさなくていいのでこういう時は楽だ。

セフレをマングリ返ししてみるとますますマ○コが丸見えになる。

「いやぁ恥ずかしい…」
そういうセフレを無視し、マングリ返しのままマ○コを舐める。

「あっいやぁん」
じゅぶじゅぶ音がなりマ○コから愛液がどんどん溢れてくる。
クンニをしながらおっぱいを揉み乳首をいじる。
その度にセフレはびくびくと身体を揺らした。

ほどよくほぐれたところで、極太バイブを取り出す。

「せっかくうさぎの格好しているんだからうさぎみたいにしゃがんでみてよ」
「え?こう?」
セフレはベッドから降り、床にしゃがんだ。

「足は閉じないでヤンキー座りのような感じだよ」
「えぇ?こ、こう?」
まさにヤンキーといった感じで足を広げしゃがむ。
そこに極太バイブを立てて

「ほら、この上でうさぎみたいに上下に動きなよ」
「えぇ?うさぎってどういうこと?」
「細かいことは気にしないでほら」

俺は極太バイブを床でささえ、その上からセフレがゆっくり腰を下ろす。
お尻が床に近づく度にチンポの形をしたバイブがマ○コに収まっていく。

「なんだこんなに太いのにすんなり入ったな。ほら動いて」
セフレは俺の肩に捕まりながら腰を上下に動かす。
じゅぽじゅぽと鈍い音を立てながら床がびちょびちょになっていく。

セフレの顔は赤く染まっていき、息も上がってきた。

俺はバイブから手を離し、服を脱いでセフレの前にチ○ポを出した。
セフレは右手でバイブを押さえながらチンポを咥えた。

上からみると服を着ているようにも見えるが、おっぱいは丸出しだし、下は大洪水だ。
この衣装最高。

いよいよ我慢できなくなり、セフレをベットに倒し、正常位で挿入した。

「あぁん!気持ちいい…」
いつもと違うシチュエーションのせいかセフレも乱れているようだ。
俺もいつもより腰が軽い気がする。

若干首元に服が残っている衣装なので、そこがストッパーになり、いつもより胸がよく揺れる。

バックで挿入してもお尻が丸出しでエロい。

しかし一番いいのは立ちバックだった。
鏡の前でセックスをするとセフレの全面は鏡に写り、後ろは直接見れて堪能できる。
セフレも立ちバックの具合がいいようで大声で喘いだ。
こんなにセックス中にセフレのおっぱいを揉んだのは初めてかというくらい揉みしだいた。

いよいよいきそうになったので最後に騎乗位をした。セフレはお尻をこっちに向けてもらい、俺の上で動いてもらう。

「あ、やばいいきそうだわ」
そういうとセフレは69の形になりチ○ポをしゃぶる。
俺はびちょびちょになったマ○コにしゃぶりつきながら、セフレの口の中で果てた。
これは前もってお願いしていたフィニッシュだ。

それからこの衣装のまま3回くらいセックスをした。
激しくしすぎたせいか、バニーの耳が壊れてしまい、結局ラブホに捨ててきたがめちゃくちゃ興奮した。
ネットでも衣装は買えるみたいだから是非試して見てほしい。

 

管理人の戯言(^^♪
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
まんまとググってしまったよ・・・

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)