変態上司の命令ではじめてのお買い物に行かされた結果・・・・・・・①

閲覧数: 1,790 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:あさみ さん(女性・20代後半)

体験談タイトル:はじめてのお買い物

初めてのお買い物と聞くと、幼い子がおうちの人に頼まれたものを近所のスーパーに買いに行くイメージですが、私の体験した初めての買い物はちょっと違います。

私には、同級生の彼氏がいました。
彼とは、付き合いも長くセックスもマンネリ化してきてしまい、デートらしいデートもしなくなってしまいました。
そんなある日、ずっと前から気になっていた会社の上司を含め同僚たちと飲みに行くことになりました。

私が気になっていた上司は、とても紳士で女性には優しく、「髪の毛切った?似合うよ。」「香水変えたの?いいね~。」といつも女性が言われるとキュンっとするようなことをサラッと言えるタイプの人でした。

私は、彼とのこともあり日頃のつまらない日常から逃避したい気持ちでお酒を飲み始めてしまし、完全に酔ってしまいました。
すると、その上司が介抱してくれて、家まで送るというのです。

私は一人暮らしだったのですが、彼氏に合カギを持たせていることもあり、この状態で彼氏と鉢合わせはよくないと思い、とっさに帰れませんっと言ってしまいました。
すると、上司は私が誘ってると思ってしまったのか、ラブホテルで休もうと言って私を抱え入ってしまったんです。

しかし、その日は私に触れないでそっと寝かせてくれました。
その優しさに完全に上司のことが好きになってしまいました。
しばらくして、私は先日介抱してくれたお礼をしたいと上司に伝えると、上司は「なら、今度の土曜日、ちょっと買い物に付き合ってよ。」というので、「もちろんです。」と答えました。

土曜日、私は待ち合わせに指定されたコンビニで上司が車で拾ってくれるのを待ちました。
彼氏がいるのにデートなんていけないな…と思いましたが、買い物だけだしっと待っていると、上司の車が来たので乗り込みます。

助手席に座った私に「今日は、あの時のお礼ってことでいいんだよね?俺の好きにしてもいい?」といきなり変なことを言われたんです。
「は、はい。好きにしてもいいって?」というと、上司は優しく私のあごを持ち上げてキスをしてきました。

私は「嫌!」っと抵抗したのですが、気持ちはもう一回して!っと叫んでいて、目で訴えていたのか上司はまたキスを…。
今度は舌が唇を割いて入ってきました。
爽やかな唾液が私の口の中に流れ込んできて、ものすごくいやらしい気持ちにスイッチが入ってしまいました。

車の中、私はスカートをたくし上げられて、パンティの割れ目に指をゴリゴリと擦られてしまいました。

「はぁ!ここで?恥ずかしいです…。」
「大丈夫。やめてほしいの?」
「やめてほしくないけど…。」

すると、
「ねえ、こういうの彼氏と使ったことある?」と言って、リモコン式のローターを袋の中から出してきました。

私は一瞬、戸惑いまでぃたが、「ほら、こうやって俺がスイッチを入れると、動くの。」と、実際にどういう動きをするか目の前で見せるんです。
そして、割れ目の上にあてがい、スイッチを入れます。

「ひゃっ!あん、ダメです。うううう、すごいい、これぇ。」
彼氏とはご無沙汰だったので、久々の快感に飲まれそうになっていると、「ダメだよ、気持ちよくなったら。これから、これを入れてお買い物してもらうんだから!」と言って、スイッチを止めました。

へ?っという顔をしてる私に、これから私がされることを上司は説明します。
「このリモコンローターを君のおマ〇コの中に入れるよ。それから、このコンビニに入って、あそこのエロ本コーナーあるでしょ?そこで、君が好きだと思うエロ本を読みなさい。しばらく読んで、それをレジまで持っていくんだ。そして、それと、コーヒー2つくださいって、言うの。男の店員のほうに並ぶんだよ?分かった?やるんだよ?」

それを聞いた私は、買い物ってこういうことだったの?!と、涙目になり「で、できません…。」と上司に訴えましたが、上司は「だって、君がお礼をしてくれるっていうからこのローター持ってきたんだよ?本当にやらないの?」というので、「頑張ってみます。」と答えるしかなくなり、上司の手を握りしめました。

さて、初めてのお買い物は成功したのでしょうか?
続きは次回に!

 

管理人の戯言( *´艸`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
続きは次回に!

 

 

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)