コロナ禍のライブチャットでオナニーの見せ合いした話・・・・・・・

閲覧数: 1,293 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:もも さん(女性・20代)

体験談タイトル:副業のチャットレディでオナニー見せあいをした話

一時期、コロナ禍になって仕事が減ったときの話です。
在宅でできる、隙間時間を使ったバイトを探していると、ライブチャットという単語が目に入ってきました。

触れ込みからすると、『主婦の方、フリーター、スキマ時間で稼げます!』というので、簡単ならやってみてもいいかなと思い、安易な気持ちで応募したんです。

いわゆるチャットレディなのですが、全く知らなった私は、どんなことをして、どんな話をすればいいのかわからなくてそのまま登録。

説明では、異性とメールをしたり、通話をしたりすることでポイントが貰えるという話でした。
ポイントはそのあと換金して、銀行に振り込まれるということなので、メールをしたり話をしたりするだけでお金がもらえるのなら、私でもできるなと思い、早速次の日の夜にやってみました。

その日は平日の夜で、あまり人が来ませんでした。
夜中のほうが人も多い、と聞いたのですが、次の日は仕事があったので早めに切り上げてやめてしまいました。

その週末、またライブチャットを始めました。
金曜の夜だったこともあり、人は結構多くいたと思います。

私はスマホを横に立てて、テーブルに置きながら画面に向かって手を振ります。
恐らく、見ている側からは色んな女の子がいる中から、どんな子がいるのか覗いてみて、好みのタイプだったら入ってくるのだと思います。
私のライブチャットにも、何人かの人が出たり入ったりの繰り返しでした。

「お話しませんか~?」

私がにこやかに手を振っていると、何人かのひとが反応して、チャットで色々と質問してきました。

『自室?』
『一人?』
『それ寝間着?』
当たり障りのない質問から、きわどい質問まで飛んできたけれど、そつなく答えて流しました。

「そろそろおやすみしますね~」
個人チャットに連絡もないので、ここらで切ろうとしたとき、個人で一人だけ連絡がきた。

『こんばんは。お話しませんか』
このまま何もなく終わるのもな、と思っていたので、私は全員用のチャットを切り、その人にだけの個人ライブチャットを始めた。

「Aさん、メールありがとうございます~。ライブはじめのほうからいましたよね?」
『うん』
『○ちゃん可愛いから』
「いえいえ~他にもかわいい子いっぱいいますよ~」
『○ちゃんがタイプ』
「ありがとうございます~」

その時の私は、仕事終わりで寝間着姿だったけれど、体力は余っているほうでした。
むらっとしている気持ちもあって、会話をしてくれるAさんに言いました。

「Aさん、一緒に見せあいとか……しませんか……?」

少し間が空いて、『うん』と返事が来ました。
私はリビングから寝室に移動して、部屋の電気をつけてベッドの上でスマホを手に持ちながら通話をつづけました。

初めての行為にドキドキしながら、私は寝間着の上を脱ぎました。
スマホをベッドに寝かせて立て掛け、下のズボンも脱いで、とうとう下着姿に。

ここまできて、画面越しでも顔が分からない相手に自分が見せるという事実を改めて知り、なんだか恥ずかしくなりました。
けど同時に、興奮している自分もいてスマホのカメラに向けて、下着を見せます。

「はぁ、ぁ……」
下着の上から自分の胸を揉むと、自然と吐息が漏れてしまう。
けれど画面向こうのAさんにもわかるよう、吐息を漏らしながら下着をアップで映しました。

『可愛い下着だね』
『下も見せて』
「はい……」

恥じらいながら、閉じていた太ももを少しずつ開いて、パンツも見せる……のですが。
うっすらと染みができているのが、自分でもわかりました。

『濡れてる?』
「濡れちゃってます……んっ」

ごそごそと音が聞こえてきて、Aさんもライブをつけたのがわかりました。
Aさんの顔は映らないのですが、代わりに大きな陰茎が現れて、私はより興奮しました。

「あ、Aさんのおちんちん、大きい……」
『欲しい?』
「んっ、はぁっ欲しいです」
『いれてくださいって言ってごらん』

もう私の腰は揺れていて、十分に濡れている下着の中に手を入れ、中に指を入れながら喘ぎました。

「あっ、Aさんのっ、おちんちん、いれてくださいっ」
小さく、うんと聞こえてから大きな陰茎にAさんの手が添えられました。
マイク越しでも、Aさんの荒くなっていく息が聞こえて、私も一緒になって指を出し入れ。

ぐちゅぐちゅっ、ぬぷ、と音を立てるパンツの中。
「はあっ、ぁっ、Aさんっ気持ちいいっ」
『……俺も……やばい、出すね』
「ああっ、出してっくださいっ」

大きな陰茎が出し入れされている、そう錯覚するように画面いっぱいのAさんの陰茎を見ながら、指で奥をぐちゃぐちゃに濡らしました。
もっと奥へ、大きなモノが中に入って……。

私とAさんは、ほぼ同時に絶頂し、ライブチャットはそこで途切れました。

これきりかなと思ったけれど、個人チャットは週に一度きて、Aさんは常連さんとなって今でもまだ見せ合いをしてくれます。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
コロナ禍で需要が伸びた業界ですね(マジメ)

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)