妻が浮気してるっぽいので車に隠しカメラ仕掛けた結果・・・・・・・・

閲覧数: 3,681 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:一樹 さん(男性・30代)

体験談タイトル:妻が不倫しているっぽいので車にカメラを仕掛けてみたら…

妻とは結婚して6年になる。
大学の頃に同じサークルで知り合ったのだが、自分にはもったいないくらいの美人だった。
ミス○○候補とかになったりして彼氏も途切れたことがないようだった。

大学卒業後にお互い就職し、たまたま駅の近くでばったりあったのをきっかけに意気投合し、付き合って結婚をした。
あっちのほうはご無沙汰になってきたが、まったくないわけではない。
仲はいいと思うので特に結婚生活に不満はなかった。

それがどうも最近様子がおかしい。
結婚してからはパートタイマーになり気楽に働いてもらっていたのだが、たまに朝車ででかけて夜遅くに帰ってくるようになった。
女友達と遊んでいると言ってはいるがそれにしては結構おしゃれしているしどうも怪しい。

ということでこっそり車にカメラを仕掛けてみることにした。
昔車をいじって遊んでいたことがあるので車の中に隠しカメラを仕掛けるのは簡単だった。
一応正面からと車内全体を写すので2台設置した。

ほどなくしてまた妻が車で朝から出かけていった。
この日はドキドキしながら1日を過ごしたが夜遅く帰ってきていつものように過ごした。

翌日、妻はパートに出たが俺は休みを取っていた。
もちろんカメラの映像を確認するためだ。
カメラはしっかりと動作していて、車を走らせる妻が写っていた。
もし男が乗ってきた時に顔を判別するために結構いい画質で撮れるカメラを用意したのだが、よく撮れている。

しばらくして駅から少し離れたところに停車した。
誰かを待っているらしい。
これで妻が普通に女友達と遊んでいるのであればいいのだが、残念ながら乗ってきたのは男だった。
しかも妻が大学時代に付き合っていたイケメンのSだった。

Sは助手席に乗ると妻と笑顔で会話し、車は発進した。
もしかしたらただドライブしているだけかもしれない…。
この後どうするのか気になったので見続けた。

隣の県の大きなショッピングモールで車を停め、二人で車を降りた。
3時間くらい戻ってこなかったが、仲良く会話しながら戻ってきた。
どうやら買い物をしてご飯を食べてきたらしい。

Sはやけに馴れ馴れしく妻と接しているようだ。
まぁ元カレだからというのもあるだろうが、ボディタッチが多い。
車に戻ってきてからもやけに妻の身体をべたべた触っている。

すると、Sがいきなりズボンとパンツを下ろし始めたではないか。
妻はえーっという顔をしつつ手でしごきだした。
俺は目の前が真っ暗になりそうだったが、気になってみてしまう…。

やがて妻がSのチンポをしゃぶりだした。
ショッピングモールの駐車場で、しかも真昼間からこんなことをするなんて…。
気持ちよさそうなSの顔が俺をイライラさせた。

Sはどんどん調子に乗り、妻の胸を揉み始めた。
ブラのホックを外し、服の中に手をいれ揉み出す。
妻も胸を揉まれながら構わずフェラを続けていた。

ほどなくして二人とも後部座席に移動し始めた。
妻はスカートを履いていたのだが、パンツだけ脱いだ。
そしてSが妻のスカートの中に頭を突っ込んだ。
その瞬間、妻は口を手で押さえながら顔を歪めた。

あぁなんてことだ。
まさかこんなことになっているとは…。
悔しさと裏切られた気持ちで頭のなかがいっぱいだ。

そして当然のようにSは正常位で妻のなかに挿入した。
ゴムは付けていない。
Sが腰を動かすと同時に車も揺れ出した。

いくら駐車場とは言え人通りもあるのである程度外を気にしているのだろう。
慎重にセックスをしているのが映像からわかる。
とは言え妻もSも気持ちよさそうにセックスをしている。
キスをしたり、抱きしめあったり、まるで恋人のようだ。

Sの動きが早くなり、妻に中出しをした。
妻はティッシュを取り、車に精子が落ちないように膣から精子を出した。

二人ともいそいそと身支度をして、服を直し車は発進した。
その後はコーヒー店のドライブスルーにより、コンビニによったあとラブホテルへ消えていった。そこから3時間後に二人とも車に戻ってきた。
朝SをひろったところでSを下車させ、妻は家に戻ってきた。

まさかこんな映像を撮ってしまうとは思ってもみなかった。
あれから1週間ほど経ったが、いまだに妻に伝えようか迷っている。
そうこうしているうちにまた妻が出かけるらしいので再びカメラを設置した。

 

管理人の戯言(‘ω’)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
完璧に証拠集めてから行動に移しましょう…。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)