人妻ですが、後輩男子にコスプレユーチューバーだとバレた結果・・・・・・

閲覧数: 2,588 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:はるるん さん(女性・30代)

体験談タイトル:コスプレ好きが後輩にバレた結果まさかの同じ趣味が発覚、雰囲気にのまれてヤッちゃいました…

私、いい年して、コスプレの趣味があるんです。
若い頃は露出の多い下乳丸出しのビキニアーマーなんかを着てブイブイ言わせてたんですけど、さすがに公の場でコスプレ出来る年齢ではなくなってしまって…最近は、ユーチューブで動画を公開する程度に楽しんでいました。

老いたとはいえ、メイクでばっちり顔面を塗り固めればまだまだ20代位に見えるんです!
ちょっとエッチな雰囲気を出して、そこそこ人気が出てたんですよ!
普段はノーメイクでシミだらけの顔をさらしながら量販店で働いているので、ものすごいギャップがあるんですけど。

ある日、私が事務所でお昼ご飯を食べながらチャンネルのコメントに返信をしていると、突然同僚の藤崎さんに声をかけられたんです。

「あ!!その子知ってます、プリンちゃんでしょう?僕大ファンで、コメントもいつも残してて!…って、えっ?!」

なんと、私のスマホを覗き込んでいた…藤崎さんに、正体がバレてしまったんです!!

全然知りませんでしたが、藤崎さんはプリンちゃんにコラボ動画の依頼をしていたコメント欄の常連さんでした。
いつもさえない黒縁めがねのヘタレキャラを貫いている藤崎さんが、ドエス俺様王子のエルカッチェさんだったとは!!

とんとん拍子で、コラボすることが決まってしまいました。
一緒にラブラブ写真を撮影して様子を見ようという話になったんです。
エルカッチェさんはイケメンで、ハンパないエロオーラがあったので、願ってもないチャンスだと思いました。

私の旦那はコスプレなんか辞めろと言って一緒に写真を撮ってくれなかったし、何よりもものすごくデブで、衣装を着る事ができなくて。
ずっとコス仲間がほしかったんですよね。

休みをあわせて、一緒にコスプレ写真が撮れるアミューズメントに出かけました。
ドレスや着物、いろんな衣装をレンタルできて、お城の中で自由に写真が撮れるんです。
もちろん持ち込みも自由。

すっぴんで入館した時はお互いいつものヘタレとババアだったんですけど、更衣室を出たら…イケメン王子と、おねだり上手の姫になってました。
お互い思わず見入ってしまうほどの…出来でした。

二人でハート型の階段の上で寸止めキスシーンを撮ったり、チャペルでヴェールを上げるシーンを撮ったり、花畑で抱きしめてもらうシーンを撮ったりしているうちに、二人とも本当に恋人同士みたいな雰囲気になっちゃって……。

拷問部屋で、懇願する上目遣いを向けたら、王子の息が、ずいぶん荒いことに気が付いちゃったんです。

「ねえ、そんな欲しそうな顔見せるからさ…俺、今…勃っちゃってんだけど。」

マントで隠しながら、私にいきり立つものを、握らせた、王子。
熱い目で射抜かれて、何も言えずに見上げていたら、キスが落ちてきました。
えっと思ってるうちに舌がぬるりと入ってきて、べろチューされちゃって。

旦那は糖尿病でEDになってしまったので、ここ数年の間ずっとご無沙汰だった私は、つい…魔が差してしまったんです。

「……イかせてくれる?」
「もちろん。……たっぷりと?」

フルメイクのまま、ドレスを着たまま、ラブホテルに向かいました。
そのまま、ベッドに押し倒されて、着衣セックス。
おっぱいを盛るためにコルセットをつけていたので、たるんだおなかも隠すことができました。

「いけないんだ、旦那さんいるのに、こんなことして。マン汁が床まで垂れてるけど?誰が掃除するんだろうね?」
「い、言わないでっ…!!」

ドエス王子は、私を執拗に攻めました。
言葉で、指で、舌で、凶暴なちんぽで、全身とろけさせるんです。

「へえ、俺のちんぽで、イッちゃっていいの?イカせて欲しい?どぉしよっかなぁ?」
「イきたぁい、イキたあい!イキたいの、お願い、じらさないで、ね、もっと、もっとしてぇ…!!!」

クリをつまみながら、ずっぽずっぽとちんぽを埋め込む王子に、メロメロになりました。
旦那はいつもクリをいじってなどくれなかったし、そもそも二年もセックスをしていなかったのでうれしくて、気持ちよくて、我を忘れてしまったんです。

膣の中を出たり入ったり、押し込まれたり引っこ抜かれたり、刺激が強すぎておかしくなっちゃいました。
大事なドレスがエッチなシミだらけになっていくのに、どうしても快感を追うのが止められなかった。

「どうする?中出し、しちゃう?どぴゅドピュッて、種付けしちゃうよ?いいよね?イキたいんだもんね?妊娠しちゃうよ?だって俺の子種、こんなに濃くて…たっぷりだから、さッ!」

「アアッ♡アッ♡アッ♡アッ♡アッイキたい、イクのっ♡イカせて、イク♡イクッ♡やめちゃらめ♡ひっぎゅうぅうううう!!!」

今まで経験したことのない、最大級のエクスタシーが、全身をぎゅっと硬直させて、私はいわゆる…だいしゅきホールドを、王子様にきめてしまったんです…。

それ以降、私は月に一度、王子様とコスプレデートを楽しむようになりました。
普段ショートカットでノーメイクなので、プリンちゃんになって外出しても誰も私だと分かりません。

王子も、普段の野暮ったい風貌とはまるで違うので、まったく気付かれません。

今、私達はカップルチャンネルをやっています。
エッチな動画も公開するようになって、収益がすごいんです。
最近撮影スタジオとなるマンションを借りることができました。
今度24時間ハメっぱなし実況をしようって話になってるの。
今から何回マジイキできるのか、楽しみにしてるんです!

 

管理人の戯言( *´艸`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
いい時代になりましたねぇ・・・

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)