【近親相姦】ワクチン副反応で寝込み中に姉に襲われた結果・・・・・・・

閲覧数: 5,598 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:えんがわ さん(男性・20代)

体験談タイトル:思春期にエッチな事してた姉に看病して貰った話

裸にパンスト姿で挑発してくる女上司とラブホで汗だくセックス・・・・・・・」から続きになります。

なんか職場の接種よりも早めに近所のかかりつけ医でワクチン受けられそうだったので2回目を受けた所、僕の副反応がヤバい事になってダウンしてました。

インフルエンザよりも悪寒と身体の骨まで痛い感じがするんですが、風邪引いた時特有のエッチな事考えると勃起だけは出来ちゃってひたすら悶々とする状態になって、結構妄想だけで我慢汁がチョロっと出たりしてました(笑)

職場で頑張ってる上司のユキさんには夜のご奉仕が出来てないで会えない中、暇だからと姉が看病してくれる事に・・・熱が下がってそろそろ職場戻る前日に来てくれたんですけど、弟が彼女作ってエッチしてると言う状況の中でこうやって隙を見つけてきます。

「熱出るとあんたってムラムラしてたよね?」とお見通しの御様子・・・
まぁ抜いてないからチンポが敏感になっちゃってるぐらい張りつめてるので、やる事は一つって言うか・・・また姉のバイブ役にされちゃう事に。

ただ、自分がされてるみたいに僕の乳首を執拗に舐めてきて、ぶっちゃけ変な声出そうなぐらい気持ちよくて、脇腹をくすぐってから下半身へと手が伸びて、テント張ってるパンツをグイグイ引っ張って焦らしてきます。

「うわぁ、ここネチョネチョしてる。あの匂い・・・」

僕も匂いフェチですが姉もこういうの好きらしくて剥き身のチンポの亀頭を腫らしたのに鼻を近づけて熱い吐息を吹きかけてきます。

「彼女さんとしてると何か形変わるのかな?パンパンだよ?」

あんまり自覚は無いけど確かに雁首のあたりが分厚くなって一度剥けたら萎みにくくなったかもしれません。
そのまんまフェラされます。
舌でチロチロと鈴口をくすぐられて・・・

弟とのそれは別腹なのか、貪欲に舐めてきます。
あんまり扱くとすぐ出るからって苦しめる様に先っぽだけしつこく責めて来て病み上がりの身体にはショックがデカい気持ちよさ・・・

シコシコ手コキされたら楽に射精出来るけど、昔からエッチな遊びしてた姉は僕に対してはテクニックがヤバいです。

それでも耐えきれなくなったころには鼠蹊部から痺れるぐらいのツンとした気持ちよさがこみ上げてきて、久しぶりに姉の口に出してしまいました。

弟のとは言え、何度も味わった精液。
美味しくないとティッシュに出してしまいますが眼だけはトロンとした、姉では無い一人の女の顔を見せてくれます。

思春期にお互い刷り込んだ快楽の習慣は年月を経ても変わる事は無く、いつになく姉の熱量が高いです。
パンツを脱ぐ時にうっすらと糸を引いてるのが見えました。

もう入れてもらいたかったらしく、ゴムを用意して、普段上司に腰振ってるチンポを再び起き上がらせると半分ぐらい着けたあたりでもう腰の方にくっつけて騎乗位で乗っかられました。

あんまり時間は経ってない筈なのに、スローモーションで時間が流れていく感じでした。
ゴムを下ろしながら腰を落として来て、奥まで一気に飲み込んできます。

奥の気持ちいいと言うスポットに押し込む様にあんまり腰を振らずに揺らすだけの合体で、2回目でももうすぐ出る頃になるとお互いに強く揺さぶって震えるみたいになって再び陰嚢の奥から勢いよく汁が飛び出してゴムの中を膨らませてしまいました。

「とりあえず、彼女さんにはもっと前戯してあげなよ?」とかアドバイスされましたけど淫乱になった姉とのセーフセックスも悪くないと思いながら
次の日は早いので寝て過ごしました・・・

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご無沙汰しております<(_ _)>
ご投稿ありがとうございます。
副反応の中、お疲れさまでしたmm

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)