【フェチ】運動会で先輩のブルマのデカ尻に密着→射精してしまった結果・・・・・・・・・

閲覧数: 3,996 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:おしりかじり虫(雄) さん(男性・40代)

体験談タイトル:尻フェチのリクエスト

人間大体何らかのフェチではあると思うが私は尻フェチはどうしても譲れない。
きっかけは中学の運動会、綱引きが男女混合で学年も混合だったから中学3年の先輩方は発育いい人達がそれなりに多くて顔がそんなに…という人でも体つきはオカズになる人も。

性欲急上昇中の私は顔はともかくブルマに包まれたお尻に全集中、(無茶苦茶したい)練習なんてそっちのけでそんな事ばかり考えてた。

練習の時は綱引きの振りだからさっさと終わるけど、運動会当日は正直かったるいと思って渋々参加していたが時間が経つに連れて段々盛り上がり綱引きでは想像以上にエキサイト。

私の前に女子数組が居て別の意味でも盛り上がっていたけど予想以上に体が密着、皆は綱引きに興奮してる中私は(やばい、オンナのカラダとくっついてる)という全く別の興奮。

しかもこの時顔50点、体120点の先輩の大きなお尻が当たってフル勃起。
1回戦目はなんとかこらえたけど2回戦目は教師も入って更にエキサイト、ポジションは変わらないから2回戦目で限界に…

(これ以上くっついて動くともうダメだ…)
最初から全開でグイグイ動くからさすがに限界、
(あ……もう出ちまう……)
そう思った時には既に精液をパンツの中に出してしまっていた。


出した直後は自分のパンツの中が気持ち悪くて(気持ちわりぃ…着替えないと)替えパンツと短パン2枚を念の為持ってきたので隙を見てサッと着替えて何事も無かったように残りの競技に参加。

帰宅後(ああ、疲れたけど……デカ尻めちゃくちゃ良かった)と思い出しオナニー、いつか無茶苦茶してやりたい!と妄想しながら抜いて寝た。

高校以降はあまり展開に恵まれず社会人になっても変わらなかったのでAVでなんとか誤魔化していたけど、(なんか…これじゃないよな)と悶々とする日々。

そんな中とある掲示板で探していると「尻フェチの方、どうぞ……」という意味深なのか思わせぶりなのかそんな文字が。

画像はSMの女王様コスプレのようなボンテージで、正直SMには興味無かったから(ん~、形はいいけど……SM別にやりたいわけじゃ無いしなぁ)としばらく放置。

その後再び見てみると画像は割と普通のものに変わっていて(スカトロ画像とか載っけてるわけじゃ無いな…)と思い切ってコンタクトを取る事にした。

電車で1時間程の距離だったので待ち合わせ場所に着いて会ってみると……最初のボンテージ衣装の画像とは全くイメージの違う女性。
顔は大橋○歩を少しふっくらさせた感じ、見た目Sっ気は全く無くて聞いてみるとほぼドMと言った。

曰く「私のお尻で気持ち良くなってもらいたい」ようで、痴漢にもよく遭遇するらしい。
1度複数の痴漢にしつこいくらい撫で回されてめちゃくちゃ感じてしまいその時「すごくエッチでいいお尻してるね」と言われてイカされて以来怖がるどころか通販で痴漢モノのAVを自分で購入して自分が複数の痴漢にイタズラされ、輪姦される妄想をしてオナニーするのがやめられない……と話した。

話だけで充分興奮した私は
「いきなりですけど…着るもののリクエスト出来ますか?」と訊くと
「大体のものはありますけど、あまりマニアックすぎるものは……」
「じゃぁ…ブルマとかあります?」
「ああ、それくらいなら何着かあります。ブルマ好きなんですね?」
「はい、出来れば……」
「わかりました(笑)」

その日は連絡先交換のみ。
興奮を抑えて次回に回し、2週間後に再び逢う事に。

指定先のホテルに入り「これに着替えるの久しぶりですよ…」と私が声を掛ける前に彼女からスタンバイ。

そこにはブルマに包まれた93あるというお尻、事前に「シャワーは先に浴びてきて頂きたいです」とあったので我慢せずに抱きしめてキス。
早速ムチムチのお尻をいただく事にした。

張りも柔らかさもブルマの感触も申し分なく夢中で撫で回し、リクエスト通り上も体操服+ノーブラにしてもらっていたのでこちらも存分に堪能する。

彼女も準備できているようでオマ〇〇をなぞるとブルマ越しに湿っていた。
そして私のパンツを降ろしてモノを取り出して握ると
「すごい固い……お尻に押し付けてしてくれる?」と私のしたかった事をリクエスト。

もちろん言われるまでもなく彼女のお尻にモノを当てて尻肉に挟み込んで尻コキ、直接モノがブルマの感触とお尻の感触に包まれて初めてお尻で抜いた日より更に最高の気持ち良さ。

「めちゃくちゃ良い……お尻気持ち良すぎだよ。」
イク時には「お尻にかけて」と言われたので夢中で腰を振ってムチプリのお尻にドバっと精液をかけてやった。

「すご…めちゃ精液出ちゃったな……」
「あぁ……あったかいのがかかってる…」

出したばかりだけど彼女の〇ンコが明らかに欲しがってるのでゴム付けてそのままバックからズブリとぶち込んだ。

「うぅっ…あぁ……」
お尻にかかった精液を拭き取り、撫でながらハメてやるとどんどん締まってくる。
「お尻にぶちまけられて感じてるなんてイヤらしいね、2回目も出していい?」
「……うっ、うん……いっぱい出して欲しい……」

普段荒々しくハメたりしないけど興奮しっぱなしの私はわざと聞こえるように腰を打ち付けて根元までぶち込む、キュッと一気に締めてきたので限界まで腰を振って出す直前にゴムを外してお尻と太もも目掛けて2発目発射。

お尻を突き出した彼女の太ももから垂れる精液がなんともイヤらしくてしばらく2人で余韻に浸っていた。

それからまた時間を置いて再び会ってプレイ、彼女は既婚者では無いのでセフレとして付き合い色々なコスで愉しんだ。

OL服の上だけ用意してもらってスカートはタイトを私が通販で購入、膝上15以上切り詰めた物に改造して極ミニにして痴漢プレイしたり同じようにパーティ余興用のセーラー服コスをまた極ミニにしてほとんどパンモロのままハメたり好き放題プレイ。

しかし2年前に「ごめんなさい、結婚を考えている人が居て婚約しました……」
というメールが。

その少し前から段々会う機会が減ったからもしかしたら、と思っていたので
「そうか~、寂しいけどいっぱい楽しめたよ。お幸せにね。」と返信して終わった。

あ~、無理っぽくてもちょっとSMしとけば良かったかな?

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
分かります。
「巨乳でぺちゃ尻」と「貧乳でデカ尻」なら間違いなく後者。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)