【鬼畜】捨てた女が結婚した途端惜しくなってハメ撮りをネタに呼び出した結果・・・・・・・・

閲覧数: 6,948 PV

※このエロ話は約 7 分で読めます。

投稿者:ペンギン さん(男性・40代)

体験談タイトル:自分からフッた元カノが忘れられなくて、無理矢理

20代後半の時に付き合った彼女。
背は小さかったが、綾○はるかに似た綺麗可愛い感じで、一目惚れ。
なので、名前はハルカにしておく。

向こうもこいらに最初から好印象を抱いてくれており、トントン拍子で付き合えた。
初めてのSEXの際に判明したが、処女だった。

痩せぎすでギリギリBカップだったのが少し残念だったが、フェラも積極的にしてくれ、処女を奪った喜びと相まって、すごく嬉しかった。

尽くし系であること、プレイは普通のプレイの範疇なら積極的にしてくれること、などから、ハルカとの関係にのめり込んだ。

30-40分のフェラも嫌な顔せずにしてくれる、SEXの最後の口内射精や顔射も受け入れてくれるなど、撮影や手錠を受け入れてくれない以外は満足していた。

身体付きも、処女じゃなくなってから、徐々に丸みを帯び、腰つきが色っぽく、胸もCカップに届くくらいになって飽きることがなかった。

付き合って2年、結婚を視野に入れた頃、というかハルカからの結婚へのプレッシャーが強まった頃、どうしても結婚に踏み切れない何かがあった。

落ち着いて考えてみると、ハルカの尽くしたがりを重く感じている自分がいた。
ゼクシィを部屋に置かれたり中出しをせがまれたり、そうした時に、親にハルカの家庭のことで反対されていたこともあり、それを機に別れた。

ハルカは別れたがらなかったが、自分が振り切るように別れた。
別れて一月二月はハルカからメールが来たり、復縁したさを匂わせる言動があり、普通にやりとりをしていたが、二月が過ぎた頃、パッタリと連絡が来なくなった。

連絡が来なくなると、惜しくなるのが男の性か。
メールへの返事は来なかったが、直接会いに行ってみた。

アパートにいたハルカはこちらを早く追い返したい言動が透けて見え、次の男の影があるんだろうなと苛立ったのを覚えている。

それから数ヶ月、ハルカからの連絡は途絶え、新しい彼氏ができたと共通の友人から聞き、そのままハルカは電撃婚をした。
よほど早く結婚したかったのだろう。

自分から手放したのに、ひどく嫉妬した。
あんなに愛して尽くしてくれていたのに、簡単に次の男に乗り換えるのか!と。
自分が捨てたのに、自分勝手な話だが。

それで人妻となったハルカを汚したくて、連絡を取った。
まずは、ハルカと付き合っていた時、隠し撮りしていたSEX映像から、嬉しそうにフェラしている場面やバックで喘いでる顔が見える場面を抜粋し、その画像を送りつけた。

??既読スルー。
次いで、会って話がしたい旨を伝える。

??こちらにも家庭があるので無理とすげなく断られる。
隠し撮りしていた映像を渡したいんだけど、と伝える。

??良心があれば消してください。脅すなら警察へ行きますとはっきりと断られる。
普通であれば諦めるだろう。
だが、この時の自分は普通の精神状態ではなかった。

別に会って何がしたいわけでもない。隠し撮りをしたのは悪かったけど、別れてから後悔したのに、ハルカはさっさと次の男を作って、謝る機会さえ持てなかったのを引きずっている。
それで自分では消せない。

会って顔を見て渡せたら、少し話せたらそれで気持ちにけりがつけれる。
逆にこれで警察に行かれるなら、ネットに流してしまう。
ハルカは平気でも、旦那さんはどうかな?
そういうと、ハルカは会うだけなら、と渋々承諾した。

ハルカは人目のあるところで渡してもらうだけにしたがったが、そう簡単に渡すわけもない。
話もしたいし、人にあまり見られるわけにもいかない。
時間貸しの貸し部屋に来て欲しいと言った。

かなり悩んでいたようだったが、ホテルや自分の部屋などでないこと、普通のリビングのような貸部屋であったことから、最終的にはハルカもOKした。

会う当日。
旦那は職場の当直だという。
年齢を少し重ね、多少艶は落ちているものの、自分が磨いた、自分好みに仕込んだ女がそこにいた。

だが、表情は見たこともないほど冷たかった。
「私としては話すことはありません。早く渡してもらえますか?」
「少し思い出話をしてもいいじゃん?」
「こんな呼び出され方でそんな気になれません」
「じゃあ、普通に会おうとしたら会ってくれたの?」

「家庭があるって言いましたよね?」
「旦那とのエッチはどんな感じなの?」
「人としては尊敬が残ってたのに、ここ最近のやり取りで軽蔑しました。こんなやり取りに意味があるんですか?」

何を期待してたわけでもないが、想像以上に会話は成り立たない。
早々に行動に移すことにした。
PHDを渡し、ノートパソコンに繋いで、ファイルを確認させる。

「こんな…こんなことしてたんですか!?こんなにいっぱい!思い出も汚された気分です!!」
そう言って本当に気持ち悪そうに身体を震わせる。
そしてPHDを抜こうとしたハルカに呼びかけ、振り向かせた際に不意打ちでキスをした。

「イヤッ!!」そう言って身を翻すハルカ。
「そのPHD、コピーだし、本物が欲しかったら、最後にSEXさせてよ」
「絶対に嫌!もういい、帰る!!警察に言うし、ネットに流すなら流したら!夫はそんなこと気にしない優しい人だから!!」

そう言って帰ろうとするハルカに飛びかかり、押し倒す。
「やめて!レイプよ!絶対に泣き寝入りなんてしないから!捕まって刑務所に入ってもいいの?」
「自分からこの部屋に来たのにレイプって信じてもらえるかな?メールにも会って話したいだけって書いてあるし、会って話すうちに盛り上がってってことはよくあるしね。慰謝料や裁判費用?人妻のハルカを寝取って、ハルカと夫の仲を壊せるなら安いもんだよ」

半分本気半分おどしだったが、ハルカは本気を感じて顔を青くして震え出した。
しかし、あの大人しいだけで尽くし系と思ってたハルカも意外と気が強かったんだなと少し寂しく思った。
それはともかくまずは服を脱がす。

少々乱暴に剥くと、
「止めて!破けたら帰れなくなる!」と騒ぐ。
なら自分で脱ぐか?と言うと、黙る。
少々抵抗されるが、気にせず脱がし、簡単には逃げれないようにしたら、フェラをさせる。

嫌がるが、昔はあんなに美味しそうに咥えただろ!とイラマ気味に押し込んだ。
そのまま腰を前後させ、口内射精。
何とか口から出そうとするが、昔みたいに飲め!と頭をより強く抑え込んだ。

ゴクリと喉が動いたので離すと、一部は飲み込んだのだろうが、飲んだふりで多くを吐き出した。
それにムカついたが中出しする分が必要だ。
暴力を振るったり、改めて口内射精するわけにもいかない。
むしゃくしゃしつつ、押し倒してのしかかった。

「イヤッ!それだけはやめて!もういいでしょ!許して」と頼まれるが、全身で押さえ込んで挿入していく。
濡れていないと想定していたが、意外と結構濡れていた。

「濡れてるじゃん」と言うと、顔を赤らめて、キッと睨んできたが、全然怖くなかった。
自分のモノを半分入れる辺りまでは、普通の感触だったが、それ以上進めようとすると、狭くてきつい。
ハルカも少し痛がる。

「旦那は短小なんだね。物足りないでしょ?こうしてキツイ部分を押し除けて進めると、初めての時を思い出すよ」
そう耳元で囁いてやる。
怖気が走ったのだろう、ブルっと身体を震わせ、サーッと鳥肌が立った。

それを見つつ、昔存分に楽しんだおっぱいにむしゃぶりつく。
「イヤッ、嫌ぁ。何で?何で今更こんなことするの?貴方が私を捨てたんじゃない?酷い…」
気丈に振る舞っていたハルカだがとうとう泣き出した。

「あれだけ俺に尽くしてたんだから、いつまでも俺のモノじゃないと許せないんだよ」
そう言うと、泣きじゃくるだけになってしまった。
つまらなくなったかなと思うも、膣内は変わらず気持ちいい。
いや奥に関してはセカンドバージンに近いので、一層気持ちいい。

そのまま杭打ちを続け、「中で出すよ。托卵したい」
そう囁くと、「ダメ!それだけはやめて!やめてよぉ!嫌っ、嫌なのぉ」と抵抗が強まる。
それを全身で押さえつけて、
「前は中出しせがんできたじゃん。その時してあげられなかったから、今してあげるよ」と囁き続ける。

「嫌!本当にやめて!やめてぇぇぇーー」
貸し部屋が防音じゃなければ近所に響き渡ってると思うほどの声量で叫ぶハルカ。
その膣奥に射精した。

ショックでぐったりするハルカに「旦那とは子作りしてるの?」と問うも、答えない。
答えないとまた中に出すよ、と言うと、結婚までが早かったから、まだ。
もう少し先と考えてたとのこと。
旦那より先に中出しした事実に満足した。

PHDがコピーって言うのは嘘だから(本当はコピー)、持ち帰っていいよ、と言うとノロノロと着替えてもう関わらないで、とハルカは呟いて去っていった。
メールもLINEも無視か拒否にされたので、その日のレイプ動画を送りつけてやった。

数日して、「最低。何が望みなの?」とハルカから連絡が来た。
「わかってるでしょ?継続的な男女の関係」
そう返すと、数日後に「避妊はしてよ」と返ってきた。

よし、セフレゲットと思いつつ、初回は警察や旦那が待ち構えてないかなどビクビクして出向いた。
諦めたのか事務的に抱かれるハルカ。
ゴムを付けるふりをして生中。
ゴムを途中で破って生中。
最初から無視して生中。

抱きたい時に呼び出し、中出しを続ける日々が続いた。
毎回抵抗されたり文句を言われたりしたが、無視した。
だが、段々旦那が届かない奥を攻められて、快感を感じてしまっている、それを隠そうと強がるハルカに気づいた。

そんな時に、妊娠したし、もう絶対に相手しませんと言われた。
アフピルを飲んでいたのか、途中までは日々ピルを飲んでいたのか、何もしていなかったのか。
それはわからない。
旦那の子なのか自分の子なのかもわからない。

ただ、妊娠したハルカは脅せない覚悟を感じたので、その時はそれきりとなった。
撮り溜めた隠し撮りの脅しSEX動画と昔の動画は、動画販売サイトで売り出し、今も少しずつ稼いでいる。

子供を産んだらまた脅して関係を持ちたいと思っていたが、引越した上に完全に連絡も取れなくなり、そのままとなってしまった。
未だにたまに抱きたくなって、隠し動画を見て慰めることがある。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
本当にネットに流しちゃったんだ・・・

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメント
  1. 1. うんこ  

    旦那さん哀れ過ぎるだろwww

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)