【露出熟女】宅配便のお兄さんに少しだけ見せつけて反応を楽しんでます・・・・・・・

閲覧数: 2,395 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:光代 さん(女性・50代)

タイトル:旦那には言えない私の趣味を告白します

このような場所で告白するのもどうかと思いましたが、私みたいな人ってどう思われているのかを知りたくてこの場をお借りしました。宜しければ見ていってください。

単刀直入に‥私の趣味は、自宅に来た男性配達員を誘惑する事です。
どういう事かと言うと、玄関先に出る時に露出の高いスケスケのキャミソールして、相手の反応を見るんです。

50代の私ですが、昔は風俗店のトップで仕事をしていました。
なので自分の体には自信があります。
実際年齢ってあまり関係がなくて、誘惑に乗った男性の中には若い方もいました。

例えば先月宅配に来た、某運送会社の男の子。
インターホンで姿を確認したら、黒髪ショートのいかにも真面目そうな子だったので、ちょっと可愛がってあげたいなと思ってピンクのキャミソール姿で玄関に出ました。

荷物を持った彼は一瞬私の胸に視線を落としましたが、不自然に視線を反らしてすぐにサインを求めてきます。

もしかしたら女性にあまり慣れていない子かな、と思って、荷物を受け取ると同時に少しだけ彼の手に触れて「ありがとう」と一言。

耳まで赤くなっちゃった男の子が可愛くて、車に戻るまで手を振って見送ります。
ウブで可愛い男の子って、すごく良いですよね‥。
体を見て貰うだけで十分です。

その日はもう一件宅配を頼んでいました。
昔から担当の変わらない顔見知りの配達員で、恐らく私より一回りくらい年下のベテランさん。

日に焼けた褐色肌のスポーツマンみたいな体格です。
彼が配達に来てくれた時は、少しだけサービスしてあげることにしています。

「奥さん‥今日も随分派手なキャミソールだねぇ?」

玄関で顔を合わせるなり、ニヤニヤといやらしい笑みを浮かべてきます。
完全に私を雌だと認識していながら、舐めるように全身見つめられると私も体が疼いてしまいます。

どうにも体を見られるだけじゃ足りなくなってしまって、彼の腕を軽く引っ張ります。

「今日暑かったでしょ?麦茶でも飲んでいきませんか?」
「いいんですか!ならお言葉に甘えさせて貰います!」

二つ返事で部屋に上がり込んできた彼をリビングに招き、座らせてから麦茶を取りに行きます。
その間も熱の籠もった視線が途切れることはありません。

段々と面白くなってきてしまって、わざと屈んで谷間が見えるように胸を寄せながら麦茶をコップに継ぎます。
その時の彼の顔と言ったらもう、面白いくらいにデレデレでした。

「配達員さんは奥さんいないの‥?」
「あっハイ、独り身なもんで‥」
「そうなんですか?モテそうなのに~」

話しながら胸を揺らしてみると、面白いくらいに配達員さんの股間が腫れていきます。
やっぱり私はまだまだ女として見られてるんだって嬉しくなりました。

「あの、奥さん!良かったら今度食事に‥!」
「ごめんなさいね、それは出来ないの。食事は旦那と食べるから♡」

嬉しいお誘いも、残念ですがお断りしています。
だって私は他の男の人と特別な関係になりたい訳じゃないから。
体を見て貰えるだけで良いんです。

配達員さんはちょっと残念そうな顔をしていましたが、すぐに次の配達先に行かなきゃと慌てて去っていきました。

「おい、こんなキャミソールいつ着たんだ」

その後はいつも通りに地味な服に着替えて旦那の帰りを待つ、普通の主婦に戻ります。
旦那が帰ってきていつもどおりの日常‥になるかと思いきや、今日着ていたキャミソールをうっかりソファに投げてしまっていて、呆気無く見つかってしまいました。

「えっと‥若い時に着ていたんだけど、まだ入ったのよ?体型キープ出来てる証拠ね!」

苦し紛れについた嘘に、旦那は嬉しそうな表情でそのキャミソールを私におしつけます。

「いいじゃん、今日の夜はこれ着て‥どう?」

このキャミソール姿なら、世の男達全員落とせるんじゃないかな、なんて思っています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
宅配便のおじさん紳士だなぁ・・・

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)