【露出オナ】女ですが、大雨の日に我慢できずに全裸で外に出てみた結果・・・・・・・・

閲覧数: 4,043 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

投稿者:ひよこ さん(女性・30代)

タイトル:大雨の日の全裸露出オナ

私は子供のころから全裸が好きで、家族に隠れながらこっそり全裸になり外に出たりしてました。でも、ほんの1分程度しか出来なかった。

でももっと大胆になりたくて、そのために一人暮らしを始めました。
一人暮らしはもう最高に私を更に大胆に駆り立ててくれます。

とある日、大雨の音に興奮して全裸だった私は外に出て見たくなりました。
時間も深夜2時過ぎ。

これはもう絶好のチャンスと思った私は、勇気を振り絞り、そろりそろりと玄関のドアを音も立てずにゆっくり開けた。

生つばを飲み込み、心臓はバクバク。
まず各住人の部屋に電気が着いてないのを確かめ、一歩踏み出した。
そして、ついに私は全裸で外に出ました。
もちろん裸足。

雨も一段と強くなり、私はもう興奮マックス。
アパートの駐輪場を通り、暗い裏道にでた。
薄暗く、人通りもない。
激しい雨のしぶきで、ほとんど視界は10メートル先は薄らしか見えなくなるくらいの激しい雨。

私は更に、外灯のある路地に出てみました。
雨がシャワーのように、身体を打ちつける。
私は最高の気分で、露出歩行を楽しむ。

お尻を手で押し広げ○○ルを見せながら歩いたり、
おっぱいを揉みながらも、ゆっくりずぶ濡れなりながら歩く。

このまま、大きな道路の近くまで行こうかなと思ったけど、流石に大通りはまずいので、アパートの敷地内に戻った。

髪の毛から、足の先までもうびしょ濡れ。
当然、アソコもびしょ濡れ。

私はこんな日はめったにないので、道路から見えない、アパートの階段の横の花壇と壁の間に入った。
激しい雨で、水溜まりも10cmくらいあったかな…足首まで浸かった状態。

私はそこで、ついにオナニーをしてしまいました。
寝そべったり、転がったり、身体もおっぱいも、泥んこになりながら激しくイキました、、、声も雨の音にかき消され周りには聞こえない。

イッたあと、まさかの新聞配達員のおじさんが、アパートの前に自転車を止めようとしてた。
私は必死で階段を駆け上がり、自分の部屋にもどった。

おじさんに…見られたかな…でも、おじさんカッパ着てたし視界も正面しか見えてないから、大丈夫だよね!と自分にいい聞かせ、泥んこの身体をお風呂に入って洗い流す。

ただ、廊下に足跡が残ってるので、変に思うだろな…

それにしても、はぁ…なんて気持ちいいんだろう…
こんな、気持ちは始めてでした。
しばらくボーッとして夢心地な気分でした。
もう完全にストレス発散になった。

これからは、裸コートの季節。
またどんなスリルを味あえるのか、想像しただけで、また濡れてしまいます。

誰かに見られてる?バレた?そのギリギリな露出が好き。
バレた事はないと思うけど、いつも道路挟んだ10階立てのマンションに、何度か人が歩いてるのをこちらから見えたけど、まさか、むこうの人から見られたかな…
どうか気づいてないように祈ります。

さて、また雨の夜が楽しみになります。
そんな私の露出オナニー体験でした。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
ぜひ遭遇してみたいものですな・・・(*‘ω‘ *)

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメント
  1. 1. 名無しさん  

    「廊下に足跡」って、どんだけ古いアパートよwww

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)