スケベな後輩女子の二十歳の処女マンコに挿入した結果・・・・・・・・

投稿者:ぽっぽ さん(男性・20代)

タイトル:オナニー好きの処女に中出しさせてもらった

9月初旬、同じ職場で働いている女の子の柚ちゃん(仮名です)が20歳の誕生日を迎えました。
成人したからにはお酒を飲んでみたいとのことで、「今度○○さん(私です)のお家におじゃましていいですか?」との打診がありました。

柚ちゃんは150cm前半くらいの小柄で見た目も清楚なアイドル系、お洒落な女子高生でも通用するようなかわいい子なんで断るのも惜しくて、正直に言うと下心に負けてOKしました。

約束した日の仕事帰りにふたりでドラッグストアへ寄ってお酒を選び、あとは会計……となったところで
「ゴム…コンドーム、買わないんですか?」
と、柚ちゃんが恥ずかしそうに小声で聞いてきました。

ふたりきりで宅飲みということで柚ちゃんも最初からそのつもりだったようで、そのままコンドームの売り場へ行きましたが
「やっぱり薄いほうが気持ちいいんですかね?」
「10コ入りって何日分なんですか?」
「○○さんはLサイズだったりします?」

等々時折恥ずかしそうにしながらいろいろと興味津々に聞かれましたが、使う相手がいなくてたまにオナニーに使うくらいだったので詳しいはずもなく、適当にはぐらかしてました。

自分のモノは長さが16cmのわりに太さが5cm近くあるので、そのときは0.01mmのLサイズ3個入りを買ったんですが(LでもキツめですがXLはなかったので)、そのときの
「やっぱりおっきいんだぁ……」
と言ってにやにやする柚ちゃんは射精しそうになるくらいエロかったです。

必要な物を買い揃えて、ついに柚ちゃんをお持ち帰りしてからは買い込んだお酒を飲み始めました。

お酒が入ったせいなのか元々エロかったからなのか、柚ちゃんは性的な話しをし続けて
「私、ほんとはオナニー大好きでぇ……」
「○○さんのことずっとオカズにしてたんですけど、○○さんはどうでしょ~?」
「○○さんって真面目だから変態っぽいっていうか、性欲強そうで好きなんですよぉ」
あたりの発言が印象的でした。

要するに自分が性的な目で見られてたからお酒デビューに指名されてたらしいです。

幸か不幸か柚ちゃんはお酒に強かったようで、缶チューハイの3本目を空けたあたりでほろ酔いのまま満足したようでした。
ちなみに、勃たくなったら困るので自分はほとんど飲んでませんでした。

お酒を堪能し終わったらいよいよ本命のイベントなわけですが、柚ちゃんは二十歳なりたてということもあり恥じらいがあるのか事に及ぶ前にシャワーを浴びたいと申し出てきました。

断る理由もないので、柚ちゃんが浴室から出てくるまでの間に私も歯磨きしたりトイレに行ったりしてました。

しばらくして浴室から出てきた柚ちゃん、まさかの全裸でした。
たぶんDカップくらいのおっぱいと股間を手で隠しながら
「だ、だってこれからするんですよね?」
と顔を赤くして恥ずかしそうに言う柚ちゃんでしたが、つい動揺して「俺もシャワー浴びたいかな」等と言って浴室に入ってしまいました。

寝室の柚ちゃんが全裸なので脱衣室には当然柚ちゃんの服が置いてあるわけで、下着をチェックさせてもらいましたが、上下共に大人っぽい黒の下着で、これを見た目女子高生な柚ちゃんが身に付けてたと思うと勃起が収まりませんでした。

手早くシャワーを浴びて寝室に戻ってからは(柚ちゃんと同じく全裸で行く勇気がなくてパンツ1枚でした)、ついに裸の柚ちゃんと……

ベッドで待ってた柚ちゃんにキスをしてから柚ちゃんの秘部を触らせてもらうと、既にぬるぬるに濡れてました。
待ってる間にひとりでしてたらしいです。

既に準備が出来ているならと、パンツを脱いで自分のお腹に付きそうなくらいガチガチに勃起したモノを披露すると
「やっぱりおっきいんですね」
「そのまま、早く、ください」
と息を荒くしながら言う柚ちゃん相手に我慢の限界で「ちゃんと外に出すから」と言って生で挿入しようとしましたが、入り口が狭すぎてなかなか入りませんでした。

先っぽが引っ掛かったりはするんですが、亀頭の半分も入らないくらいの狭さに苦戦していると柚ちゃんは
「ごめんなさい、私、処女なんで……」
と告白してきました。

高校は女子校通いで、女性経験は有っても男性経験は無かったらしいです。

指なら大丈夫かと思って入れてみましたが、1本でもギチギチでした。
ですが中でも気持ち良さそうにしていたので、挿入を諦めるのは早いかと思い(処女とのセックスを諦めたくなかったのもありました)、そのままイくまで指で中を攻めてました。

1度イった今ならぺニスも入るんじゃないかともう1度挑戦させてもらうと、無理矢理ねじ込むような感覚ではありましたが挿入できました。

柚ちゃんの膣中はぺニスが潰れるんじゃないかと思うくらいの狭さで、柚ちゃんもキツそうな顔をしてましたが
「エッチしたい、抜いちゃやだ……」
と言って必死に抱きついてきてました。

繋がったまま動かずに何分経ったかもわからないですが、ついに柚ちゃんの中で果ててしまいました。

「ぁ……なんか温かい……?」
「出ちゃったんですか?」
「処女にイかされた感想、どうでしょうか?」
なんてからかわれてしまいました。

柚ちゃんに挿入していたモノを引き抜くと、ごぽっと大量の精液が溢れ出したのを見た柚ちゃんは
「AVみたいですね」
と言って精液で遊んでました。

大量に出したにも関わらず、勃起が収まる気配がなかったところに柚ちゃんは
「フェラやってみたいです」
と言って、そのままフェラの練習が始まり、気持ちいいやり方を指導しているうちに柚ちゃんの口の中で射精してしまいました。

2回目の射精で量が少なかったのもあって、なんと柚ちゃんはそのまま飲んでしまいました。
「処女に2回もイかされた感想、どうでしょうか?」
とにやにや顔で言う柚ちゃんはかわいかったです。

この日はせっかく買ったコンドームは使わずじまいでしたが、後日に柚ちゃんと1個使いました。
彼女というかセフレというか、関係もうまく行っているので残り2個も柚ちゃんと使うことになりそうです。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
裏山死刑ですなっ!w

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)