家畜人ヤプーにみる人体改造の極意について・・・・・・・・

閲覧数: 1,330 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

タイトル:家畜人ヤプーにみる人体改造の極意

皆さんは「家畜人ヤプー」という本を知っていますか?

これは元は「奇譚クラブ」という昭和の伝説的なカストリ雑誌に掲載されていた作品です。
内容はSMといえばSMなのですがそのあまりにもぶっ飛んだ内容から熱狂的信者を多数生み出したこれまた伝説の作品。

作者の沼正三が覆面作家ということもあり、その正体が誰なのかをということも話題になったそうです。

オリジナルは小説ですが今ではマンガも出版されていて未だにSM界隈では有名でファンも多数。
「家畜人ヤプー」では女性が男性を支配するという女権社会で、男性は女性を満たすためだけの存在として描かれています。

便器としての人間、家具としての人間、乗り物としての人間などここでは書ききれないぐらいの細かい描写、「セッチン」という肉便器を始めとした多数の専門用語など究極のSMとも言える内容で今読んでもかなり衝撃的。

オリジナルが発表された当時は戦後間もない時代だったのでさらにその衝撃は大きかったと思われます。

ということで今回はそんな「家畜人ヤプー」的な奴隷としての心得、人体改造といった側面からSMを取り上げてみようかと思います。
心を捧げることはSMプレイのある意味行きつく先。興味のある方はどうぞ。

奴隷としての心得

奴隷として大切なのは女性へのご奉仕の精神。

本当のM男は自分が気持ちよくなりたいなどと考えてはいけません。
女性の快感=自分の快感と考えます。
そのためにM男は全力を尽くします。
そこには女性に気に入られたい、可愛がられたいといった下衆な下心もありません。

あるのは女性への尊敬と敬意だけです。
真のM男のSMプレイは自分のSM的変態性欲を満たすためではなく、女性への忠誠心の表現としての行為でしかありません。

よく「自分はMだ」という人を見かけますがそういう人はだいたいただ自分が性欲を満たしたいだけです。
実際にMかもしれませんが「まず自分が気持ちよくなりたい」ということが先にあります。

そういった人が「エゴマゾ」と呼ばれるようにこれは女王様への奉仕の気持ちでもなんでもなくてただのエゴイズムです。

奴隷としての心得として大事なのは女王様への「服従」ではなく「忠誠」の精神。
女王様がどういうことをすれば喜ぶかという喜ぶ顔を思い浮かべて尽くすのが真のM男のあり方です。

家畜人ヤプー的プレイ紹介

家畜人ヤプーには様々なSM的要素が登場します。
家畜人ヤプーっぽさを再現できるSMプレイを実際のSMプレイに照らし合わせて選んでみました。
以下のプレイを見てみれば家畜人ヤプーを知らない方でも家畜人ヤプーという作品がどういった作品なのかというその片鱗が掴めるかもしれません。

①聖水プレイ

聖水プレイの聖水とはおしっこのこと。
家畜人ヤプーでは人間便器にされた男性が登場しますがその気分を味わえるのが聖水プレイです。
女王様のおしっこを聖水のようにありがたく浴びたり飲んだり、女王様への高い忠誠を示すことができるプレイ。

人の排泄物を口に含むなんて相手がいくら女性であってもなかなかできるものではありません。
これができるようになれば女王様はさぞかしお喜びになられるでしょう。

②黄金プレイ

黄金プレイの黄金とはSM界のスラング(隠語)でウンコのことです。
聖水プレイのおしっこ以上に臭いも食感も強くハードルはかなり高め。
直前に食べたものによっても味や食感はかなり左右されます。

ウンコといえば人が体外に出すいちばん汚い物。
それを全て受け入れることでM男はこの上ない女王様への忠誠を示すことができるでしょう。

③嘔吐プレイ

嘔吐プレイは相手の吐き出した嘔吐物(ゲロ)を再び口に含むプレイ。
ゲロはおしっこやウンコとはまた違った苦みや酸味があるのでこれも飲み込むのはかなりきついです。

これらの中ではゲロは一応相手が食べた物感がいちばん出るので、ウンコやおしっこに比べると人によっては多少ハードルは低いかもしれません。
これも女王様への限りない忠誠と愛を示すことができる美しいプレイです。

・・・

▼続きを読みたい方は以下からどうぞ!▼

家畜人ヤプーにみる人体改造の極意

引用元:女王様とお呼び!

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)