【驚愕】大学生の僕が出会い系で知り合った人妻と初対面で即ホテルへ入った結果・・・・・・・

閲覧数: 4,210 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:たくろう さん(男・20代)

タイトル: 欲求不満の人妻はすごい

私は一度射精しても、すぐに回復できる能力があります。
そしてこの能力を屈指して、数々の女性と関係をもってきました。

今回は私が保有しているセックス体験談から、人妻とセックスをしたときの体験をお教えしようと思います。

当時の私は21歳の大学生でした。
人妻と出会うことは普通に生活していても、なかなかあることではありません。

私はこの時出会い系にハマっていました。
様々な女性がいるなかで、ゆりかさんという女性と2か月ぐらい連絡をとっていました。

ゆりかさんは結婚3年目の32歳の人妻でした。
ゆりかさんは子供が欲しく、一時期は小作りを頑張っていました。
しかしなかなか子供できず、その期間が長くなるにつれて夫婦仲も悪くなってしまったようです。

正直よくある話なのかな、と当時は思っていました。
しかし話を進めていると、ゆりかさんはそもそも性欲怪獣だと知りました。

子作りのためとはいえ、旦那さんに求めるセックスは連続で3回戦だと言っていました。
しかも毎晩。
さすがに旦那さんがかわいそうに思いました。

しかし私ならその願望叶えてみせます。
と、ゆりかさんに懇願したところ、実際に会う約束をしました。

会う当日、さすがにゆりかさんの家に行くのはまずいと思い、ゆりかさんが来やすいホテルを教えてもらいました。
最寄り駅でゆりかさんを持っていると、一人の女性が近づいてきます。

「たくやさんですか?」その姿はまさに人妻
白の綺麗なシャツに、淡いピンクのロングスカート。
長い髪は少し茶色で、アイロンで巻き髪になっていました。
私は想像以上の美人に一瞬見とれてしまいました。

いきなりホテルはデリカシーがないかと思い、カフェでお茶をして軽く話をしようと思っていました。
しかしゆりかさんは「じゃぁ、行きますか」と言い、ホテルの方向へ歩いて行きました。
私は「はい!」と大きな返事をして、ゆりかさんについて行きました。

ホテルの部屋に入り、シャワーを浴びるかゆりかさんに聞くと、「大丈夫です」と少し恥ずかしそうに答えるゆりかさん。
私はその姿に我慢していた感情が爆発して、ゆりかさんに抱きつきキスをしました。

ゆりかさんは抵抗することなく、キスを受け入れてくれます。
だんだんとゆりかさんの体が私にもたれ掛かるようになり、重さに耐えれなくなった私はベットに倒れます。

ゆりかさんは私が履いているズボンとパンツを勢いよく脱がし、私のアソコを躊躇することなくくわえます。

ゆりかさんフェラは緩急をつけたいやらしいフェラで、あまりの気持ちよさにイキそうになりました。
しかしここは我慢、と思い必死に耐えました。

攻守交代しようと思い、ゆりかさんを寝かせようとするとゆりかさんは「もう我慢できません」といい騎乗位の体勢で挿入します。

ゆりかさんのアソコは大洪水になっていました。
私の上で激しく乱れるゆりかさんはまさに絶景です。

さっきまでのかわいらしい声からは想像できない声で、喘ぎます。
「いい!突き上げて!」そんなセリフを言うゆりかさん。
台本でもあるのかと思わせられます。

我慢できなくなった私は「イキます!」と言うとゆりかさんは素早い動きでアソコかた抜き、手コキをします。
「いいよ。出して」その言葉で私はいままで一番の飛距離で射精しました。
年上女性の巧みな話術も、魅力の一つだと私は思います。

ゆりかさんは「まだいけます?」と笑顔で聞いてきます。
私は回復力に長けている男です。
ゆりかさんの質問に「もちろん!」と答え2回戦に突入しました。

結果このあとさらに2回セックスをし、計4回の射精をしました。
ゆりかさんは「セックスも好きだけど、男の人が射精する瞬間も好きなんですよね」と言ってきます。
私はゆりかさんが好きなんですよね、と言いそうになりますがこらえます。

ゆりかさんからその日からセフレの関係になりました。
しかしある日、「旦那との間に子供を授かりました。この関係は終わらさせていただきます。いままでありがとうございました。」という内容のメールがきました。

私はなぜか振られた気持ちになり、「幸せになれよ」と送り、その日風俗にいきました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
中出ししたのか書いてほしいねぇ・・・。
しかし人妻はさっぱりしてるよね。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)