結婚式の二次会でゲットしたスケベな年上独女のセフレとのあっけない結末・・・・・・・

閲覧数: 3,699 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者: たくや さん(男性・20代)

タイトル: 年上女性は性欲がすごいです

当時の私は23歳の社会人でした。
友人が7歳年上の30歳の女性と結婚するということで、結婚式に出席しそのまま二次会に参加していました。

私はその当時彼女に浮気され、かなり落ち込んでおり、何かこの二次会で起きることを心の底から期待していました。

お酒も進み、新郎新婦の友人の交流も激しくなってきました。
しかし私はここであることに気づきました。

参加している新婦の友人はほとんどが人妻だったのです。
確かに30歳の女性は結婚している年代でもあるので、しかたないとは思いましたが、この二次会を心底楽しみしていた私にとってはダメージが大きかったです。

少し疲れた私は、店の外にでて煙草を吸いました。
すると一人の女性も同じタイミングで外に来ました。

その女性は「ゆかさん」と言い、体系は少しぽっちゃりですが私は許容範囲です。
顔は幼い感じがしますが、その肉付きと胸の大きさは幼さなんて一つもありませんでした。
世の中の意見としては、煙草を吸う女性に否定的な意見が多くありますが、私はwelcomeでした。

「疲れましたね」とゆかさんに声をかけると、「そうですね 皆さん若くて元気で」と言ってきました。
私はその言葉が下ネタにしか聞こえませんでしたが、もちろんそんなことを微塵も思っていないように振る舞いました。

煙草を吸うと酔いが回ることがあります。
幸い私はそんなことはないのですが、女性は完全に回ってしまったようで灰皿の近くのベンチに座り込んでしまいました。

「大丈夫ですか?」と聞くと、「少し回ったみたい」と言いました。
「お水もってきますね」と言い、ゆかさんに水を渡す。
私はこの時点で下心しかありませんでした。

「ありがとうございます お名前は?」と聞かれたので答え、私もこのタイミングで名前を聞きました。
酔いがさめてきたのか、私に興味をもってくれたのか、ゆかさんと会話が弾みました。

ゆかさんはまだ結婚はしていないらしく、完全に乗り遅れた、と言っていました。
「彼氏はいるけど、もう別れる」と言い出し、ここで私はチャンスだとなぜか思いました。

しばらくして話が途中で止まり、2人の間に変な沈黙が流れます。
私はここがチャンスだと思いました。(たぶん世間的にいったら違うと思います)

ゆかさんの方を見ると、同じタイミングでゆかさんも見てきます。
ベンチに置いてあった私の手の上に、ゆかさんの手が触れてきます。
やはりここがチャンスだったと確信します。

私はゆかさんの方に近づきキスをしました。
ゆかさんも拒むことなく、なんならゆかさんから舌を絡めてきました。
誰か来たら一発でバレるという状況で、2人は止まりませんでした。

少ししてからキスを辞めると、「場所変えない?」とゆかさんが言ってきました。
私は「ハイ!」その年一番の大きな声で返事をしました。

新郎に軽く事情を説明し、店を出ます。
店を出るとゆかさんが、「タクシーで行こう」と言います。
私は全力でタクシーを呼びます。

もちろん行き先はホテルです。
あまり慣れていない土地でしたが、ゆかさんがリードして無事ホテルに到着。
この流れに慣れているな、と思いましたがそんなことはどうでもよかったです。

部屋に入るとゆかさんはまた激しくキスをしてきます。
ゆかさんは流れるように服を脱ぎ、流れるように私の服を脱がしてきます。
気づけば2人で裸になっていました。
お店の方?、と一瞬思いましたが、さきほども言ったようにそんなことはどうでもいいのです。

ゆかさんは私の耳元で「久しぶりなの」と囁てきます。
私はその言葉に思わず鳥肌が立ちました。

ゆかさんは私をベットに寝かせて、「私がしてあげる」と言い、私のアソコを激しく音をたてながらフェラをしていきます。
これがバキュームフェラなのか、と私は思いました。

若い子でここまで積極的にしてくれる子に私は出会ったことがなかったので、感動しました。
そして年上の女性の魅力を、この時知ることができました。

ゆかさんは「我慢できない」と言い、そのまま私の上に乗り、騎乗位の体勢で挿入しました。
ゆかさんの発言一つ一つがAVの世界のようで、私はこのとき男優になった気分でした。

ゆかさんは本当に性欲が溜まっていたのか、髪の毛を乱しながら「いい!気持ちいい!」叫びました。
私もゆかさんを満足させてたいと思い、あわよくばこのままセフレに関係になりたいと考えていました。

バックの体勢になり、人生でここまで激しく突いたことがないくらい突きました。
ゆかさんも「もっと!もっと突いて!」と言い、喘ぎ、絶頂をしました。
私は一回イかせたからいいか、と思い、そのままバックの体勢で突き射精しました。

しかしゆかさんはさらに求めてきて、結果一晩で3回しました。
私の体力は限界をむかえました。

ゆかさんに気に入られた私は、セフレのポジションを確立しました。

しかし2か月くらいが経ったとき急に連絡がとれなくなりました。
そしていきなり「結婚することになったから、関係は終わりね!いままでありがとう!」というメールがきました。

思わず「彼氏いたんかーい!」とツッコミをいれてしまいました。(私は関西人ではありません)

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
投稿者様のマジメな人格が伝わってまいりました。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメント
  1. 1. 名無しさん  

    前段で「彼氏はいるけど」って書いてるやんww

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)