【フェラ】テレワークの会議中に妻が机に下に潜り込んできた結果・・・・・・・・

閲覧数: 8,226 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:覚 さん(男性・30代)

タイトル:在宅ワークだからこそ脱マンネリ出来た話

俺には同い年で結婚8年目の妻と幼稚園に通う娘がいる。

平凡なサラリーマンだが、一応大手企業に勤めているのもあって始発から終電まで働きっぱなし‥なんて事もしばしば。

そろそろ二人目の子供が欲しいね、なんて話はしているけど、俺が毎日仕事に追われる日々だったからお互い言い出せず、子作りなんてとても出来る状況じゃなかった。

そんな生活はコロナによって大きく変わった。
俺の部署は基本的にパソコンがあれば業務に問題は無く、しばらくの間は在宅ワークをするよう命じられた。

つまり、面倒な通勤や残業はしなくて良くなり、娘が幼稚園に出掛けている間は必然的に妻と家で二人きりになる‥という訳だ。

ある日、午前中からオンラインで社内会議をしていると、パソコンのカメラが映らない範囲から妻がひょっこりと顔を覗かせた。

一度マイクをミュートにしてから
「いま会議中だから後にして」
と妻を部屋から遠ざけようとしたのだが、全く臆さない妻はしゃがみ込みながらテーブルの下に潜り込み、俺の股間に顔を埋めると服越しにすんすんと匂いを嗅いできた。

「おい、何考えてるんだお前は‥!」

俺の静止の声も虚しく、妻はけろりとした顔で
「だって寂しかったんだもん」
と、言いながらそのまま萎えた性器を引きずり出された。

そう言えば妻とはセックスどころか、ここ最近体の触れ合いも最近碌にしていなかったのを思い出す。

幸いにも会議は経理が長々と資料を読み上げている最中でミュートにしていても問題はなさそうだが、カメラはばっちり起動しているので、変に表情を変えることは許されない。

俺が抵抗出来ないのを良いことに妻のイタズラはますますヒートアップしていって、緩く竿を扱かれてから、ぱくんと一気に咥えられた。

そのままじゅるじゅると音を立てながら竿全体を包み込むようにフェラされ、現在進行形で会議中の俺はもうされるがままだ。

段々と硬度を持ってきた性器に気を良くしたのか、妻は一度俺の性器を口から離すと先端を丸めた手でこちゅこちゅと擦りながらタマを口に含んで舐め始める。

こんなに丁寧にフェラして貰うのは何年振りだろうか‥。
性器はあっという間にフルボッキしてしまった。

「ねえ、きもちい?」

タマを唇で引っ張るようにしながら妻が聞いてくる。
気持ち悪い訳無いだろうと僅かに首を縦に振ると、妻は心底嬉しそうに、再び性器を舐め始めた。

此処まで積極的な妻を見たのは正直初めてだ。
俺も俺で、会社のメンバーと会議をしている最中なのに、こんな昼間から妻にフェラされてるという背徳感でバレたらどうしようと心臓がバクバクしていた。

いつもと違うシチュエーションんに興奮している自分がいる。

丁寧なフェラから段々と動きが激しくなり、窄めた唇が敏感になった亀頭を吸い上げるように動かされると、俺も我慢出来ずに腰が動いてしまった。

ヤバい、このままだとみんなが見てるのにイッてしまう‥!

咄嗟にフェラしている妻の頭を引き剥がそうとするも妻は蠱惑的な表情を浮かべたまま先端の窪みをちゅうっと吸い上げた。

「イ、‥‥っ!」

軽く呻いた後、俺は我慢出来ずにそのまま妻の口の中に大量の精子を注ぎ込んでしまった‥仕事中にも関わらず、だ。

そんな俺とは裏腹に、妻は口内に溜まった白濁を見せつけながらごっくんと全て飲みこんでいた。

「昼休みになったら覚えてろよ」

妻の本気のフェラに俺もスイッチが入ってしまったらしい。
そう呟くと妻は嬉しそうに頷いて、自分の部屋に戻っていった。

経理の難しい話なんて既に頭に入っていない。
いまはただ、妻を抱きたいという気持ちが強かった。

コロナになって不便になった事も少なくないが、俺達夫婦にとっては、改めて夫婦の時間の大切さを知ることが出来たし背徳的なプレイで脱マンネリにもなって良かった。

二人目の子供を授かるのも、きっと時間の問題だろう。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
コロナ禍で離婚する夫婦もいれば中を深める夫婦もいるんですなぁ…。
にしても羨ましい…。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)