【W不倫】営業先の15歳も年下のOLに手を出して30年以上経った結果・・・・・・・・

閲覧数: 5,306 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:やまね さん(男性・60代以上)

タイトル:客先の女性との交わりは何時までも続くW不倫の関係・・。

地方都市の大手商社は、私40才既婚175cmが営業を担当していた。
(かなり前ですが、ここから話は始まります)。

ある時その会社の総務課の受付担当者が変わり、新たに25才独身で身長が165cmのスラリとしたスポーツ体型の素敵な女性が応接室に案内してくれた。

何度か訪問する内に、お茶を運ぶ際にお互いの住まいの地域から人気のレストランなどを短い時間に話す間柄になった。

「そんな美味しい店があるのなら一度案内してほしいよ」と声を掛けたら「私は今なにもお稽古をして居ないから何時でも良いですよ」の返事を貰った。

当日案内してくれた店でイタリアン料理と、少しのワインで美味しくて楽しい会話のひと時が出来た。
(店を出た時に隣にカラオケスナックある事に気づいていた)。

後日訪問の際に「この間の店にもう一度ご一緒したいよ」と誘ったらOKを貰い、弾む会話と美味しい食事の後に隣にあるスナックに誘った。

当日は金曜日の所為か、客が多くてカラオケに合わせてダンスをしているカップルも多かった。

お互いに少しのワインと会話が弾む内にダンスをしたら「余り経験が無いの・・」と言いながらも動きの少ないスローなブルースの曲に合わせて踊のる内に、余り腰の動きがない彼女の股間を私の足で左右に擦る様になり、思わず私が腰に当てた手を強く引くと「アーっ」と呟きながら額を私の肩に押し付けてきた。

私は興奮のあまりに股間が膨らみ、彼女の股間に押し付けると「ダメーッ」と呟きながらされるままになった。

店を出た後の暗がりで「今日は楽しかったし、K子が好きになった」と言いつつキスをすると「わたしも・・・」と言いつつ口を開けてキスに応えると共に、私が陰部に手を当てると「今日はダメーッ」と呟いた。

その後の訪問で「この間は楽しい時間を有難うございました」と丁寧な挨拶に私から「新緑が綺麗だから休日に○○高原にドライブしようよ」の誘いにOKが出た。

K子とは少し離れたコンビニで待ち合わせてドライブすると、私のスキーのインストラクターの話に興味を持ち、機会が有ったらスキーに連れてってと言われて更に親しみが湧き、約束するよと言いながらキスをしたら黙って応じてきた。

高原ドライブと昼食を終えて山を下りながら「まだ早いから少し休んで行こうよ」と言いつつ郊外のラブホに入った。

ラブホは車寄せに部屋が続き、受付も無いので、彼女も気兼ねなく私に連れて部屋に入り「私はK子が好きになった」と言いつつキスをしたら「優しくしてね」との返事で私の後に一人で入浴し、ベッドに入って来た。

性経験はあまり無い様で無言でされるままになっていたが、キスからオッパイを掌で揉み始めると「アーッ・アーッ」と声を上げ、キスをしたままクリに触る頃には「アーッ」と女の悦びの声を出していた。

ここでコンドームを見える様にチンポに着けると「エッ・おっきい」と驚いていた。

驚いたのは、K子の「オマンコは上付き」なのです。
入れる時に両足をもって高く上げる必要もなく、立ったままでも嵌められる珍しいものでした。

優しく、ゆっくりの挿入に、K子は「うれしい」と呟いた。
私はオマンコの狭さと興奮で、深く入れないままのピストンでイッテしまった。
暫くしてゴムと共に抜いて「これが愛の証だよ」と見せて余韻を楽しんだ。

ここから「長い二人の愛」を時を追って綴ります。
私との優しいセックステクに性欲と興味が増して、月に一度は平日の退社時に待ち合わせて、簡単な食事の後に郊外のラブホ巡りを楽しみました。

彼女25才・私40才の不倫カップルです。
その冬に会社の仲間とスキーに行った時の夕食後に、二次会の途中でソット二人で抜け出して旅館の布団部屋で忙しくセックスをしたのは、内緒の思い出になりました。

彼女が28才(私43才)の時に「見合いで結婚する」と知らされ、退職時から初産迄は新居にご機嫌伺の電話だけだったが、その四ヶ月後には「赤ちゃんは寝てるばかりでヒマなの・遊びに来てよ」の誘いに昼間の営業途中で立ち寄ると「もう我慢出来ないの・入れてェ―ッ」との誘いに、新たなW不倫の関係が始まる事になった。

彼女32才(私47)に子供を保育園に入れてパートに出る為に、親元に同居して子供を預けたので、半日の仕事の後の昼間にW不倫セックスが復活した。

その頃はラブホで「ダメーッ・イクーっ」の二回戦が当たり前になった。
更に「まだ抜かないで」は性欲最高の年代の言葉・・二回戦へ。

彼女40(私55)になると、子供も手が掛からないので「宿泊デート」を年に二回した。
旅館の部屋食で仲居から「ご飯の盛り付けは奥様にお願い」と言われてニヤリとし、カラオケホールのダンスはノーブラで浴衣のままのチークダンスは人の目が刺激になり、部屋に戻るとヌレヌレのオマンコに肉棒を入れるばかりの楽しみに耽った。

彼女56才(私71)には、部屋付き露天風呂で部屋食の旅館を探して、食事を運ぶ人以外に他人に合わないので、性欲ドリンクと共に何回もやり尽くした。
そろそろ、男の勃起力不足と女性の性欲と濡れ不足でENDかも。

未婚で経験の少ないの女性がセックスに目覚め、結婚後のW不倫は歓びがWで嬉しいと仲良く楽しみ、第二の妻を演じたり、お茶飲み友達の欲望の手伝い年齢と共に気持ちは変化するものの、二人の間に「家庭第一・喧嘩はしない・金銭の貸し借りは無い・家庭や夫婦の話はしない・嫌いになったら別れる」がモットー・・。

お付き合いありがとうございます。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
足掛け30年以上ですか…。
恐れ入りました。。。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)