【鬼畜】出会い系でゲットしたバツイチ巨乳女を子供が寝てる横で・・・・・・・・・

閲覧数: 3,279 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:まさし さん(男性・20代)

タイトル:囲った女のアパートで組んずほぐれつの大乱交

出会い系サイトで出会った女なんだけど、これがバツイチ子持ちのいろっぽい女なんだよ。

ダンナもいなくて寂しいのはわかるけど、子どももまだ小さいしさ、そんな母娘で住んでるアパートの2階にいつものように白昼堂々と行ったんだよ。

その日は女も休みで子どもをこれから寝かしつけるってときだよ。

女の子はオレになついているというわけではないけど、お母さんの友達ということで胡散臭い目で見ないのが救いだね。

こっちの仕事中に寄ってるからそんなゆっくりする時間はないんだよ。

できれば女の子を寝かしつけてくれてたらよかったんだけど、今どきの女の子は昼寝しないのかな。

こっちが眠たくなるくらいだけど、寝かしつけている女の横になった後ろ姿を見ていたら欲情してきたんだよね。

そりゃミニスカートで太ももが見えてるし、ブラジャーの線も透けて見えてるからね。

夏のタンクトップにミニスカートってやっぱり刺激的だよね。

寄り添ってる女の後ろにオレはパンツ一丁になって抱きついたんだよ。

まだうとうと状態で完全に寝てはいない女の子のお腹に左手を乗せている女・・。

その空いた左胸に手を差し入れておっぱいを揉みしだいてみる・・。

「あ・・」

思わず声を出す女・・女の子の目が開いた・・

「ママ、どうしたの?」
「なんでもないのよ。早く寝てね」

そういった会話を聞きながら、オレは女の後ろでパンツも脱ぎ捨てて固くなったペニスを女のお尻の狭間に押し付ける。

そこから女のスカートをたくしあげパンティの中に手を入れる・・すぐにはオマンコに触らないのは焦らしながら女の反応を見るためだ。

「あ、だめ、そこは触らないで」

まだ核心をついていないのにそのように話す女・・。
女の子は寝ているのか寝ていないのか、わからないが目をつぶっている。

寝たと判断した私はそのまま女をこちらに引き寄せて仰向けにした。
手を上に伸ばせてタンクトップを脱がし、さらにはブラジャーのホックを外す。

たわわにFカップのおっぱいが飛び出す。
最初にこのおっぱいを見た時は宝くじにあたったかのように喜んだのもつい昨日のようだ。

それからたくしあげたスカートはそのまま脱がし、パンティもはぎとる、素っ裸になった女は30歳になっていないので肌はぴちぴちしているし、子どもを産んだお腹もたるみはない。

そのまま指をオマンコに這わせてみるとそこはもう大洪水状態だった。

「まだここを触ってもないときからこんなに濡れてたのか・・」
女は「いやあ、言わないで・・恥ずかしい」

実際にそれほど恥ずかしがる玉ではないのだが、こんな会話もプレイも一貫なのだ。

時間もないので勃起しまくったペニスをそのまましゃぶらせながらオレもオマンコに舌を這わせていく、オレが女の上になる形でのシックスナインだ。

女のオマンコは愛液とオレの唾液で、トロットロになった。
そしてフェラチオでさらに勃起したペニスを女のオマンコに突き刺した。

声にならない声を上げる女・・
「ああ、いい、固くて大きいわー」

そんな声をあげながらオレの腰を持って自分に引き寄せてくる、さらには腰を艶めかしく使って下にいながらオレを逆に攻め立ててくる。

オレも負けじと腰を動かしていくと、やがて女のほうが先にエクスタシーに達したのか体をえびぞりにさせてクライマックスを迎えた。

それを確認してオレのほうで腰の動きを早める。
やがて怒張しまくっていたペニスの先から精液がほとばしっておれも絶頂を迎えた。

この女とは本当にセックスの相性がいいのでずっとつきあっていきたい。
まずは大事に調教しなくては。

週2回の女のアパート訪問が今のオレの生きがいになっているのは言うまでもない。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
子供も巻き込むのかと冷や冷やしたよ・・・

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)