看護師ですが、娘の幼馴染の男の子のお尻に綿棒検査した結果・・・・・・・・・

閲覧数: 4,128 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

投稿者:ミナミ さん(女性・30代)

タイトル:娘の初恋相手の幼馴染

とある総合病院の小児科で看護師をしています。

1ヶ月前、見覚えのある患者様の名前と年齢、性別でした。

中に入ってきたのは娘の幼馴染で、相思相愛の裕ちゃんでした。

裕ちゃんの症状は嘔吐と下痢が4日以上続いているとの事。

ドクターは「胃腸炎だとは思うが、綿棒をお尻に入れて検査しよう」との事でした。

裕ちゃんを検査室に案内し、次の人を呼ぼうとしたら「ミナミさん、検査お願いできますか」と上司である婦長の声が。


「娘の幼馴染だし、向こうが恥ずかしがると」と伝えたのですが

「お知り合いの方が良いよ。お尻だけに」というダジャレを言い残し、私がする事に…

「裕ちゃん、ズボンとパンツを膝まで降ろして背中をおばちゃんに向けて」と言うと

「恥ずかしいよ、ほかの人は?」と涙目…

私しかいないからと伝えても「嫌だ」と拒否。

嫌がる裕ちゃんに「娘も心配してるよ」と娘を利用すると、裕ちゃんも諦めて、ズボンとパンツを降ろしました。

チラッと見えたおちんちんはボーボーに毛が生え、仮性方形みたいでした。

お尻を広げ綿棒を入れると「アッ」と裕ちゃんが声を漏らしました。

「痛い?」と聞くと「気持ちいい」と答え綿棒を動かす度に声が漏れます。

綿棒を抜く時に「ウッ」と声が漏れました。

「出た…精子…いっぱい出た」と裕ちゃんが言うので床を見ると、精子がたっぷり出ていました。

「しんどくてシコってないから」と泣きそうになりながら「ごめんなさい」と謝る裕ちゃんに

「大丈夫だよ。精子出さないとね」「もっと大きくなって、大人になったら娘に出してね」と慰めました。

小さいころから見ていた裕ちゃんが大人になった瞬間を見て、嬉しくなりました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
最後の発言おかしいでしょwww

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)