【ビッチ】飲食店店長時代にスナックで働く女の子を採用した結果・・・・・・・

閲覧数: 3,586 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:赤霧島 さん(男性・50代)
タイトル:屈辱… 年下からセックスの指導 今では感謝…

若い頃の話しですみません…
23才だったかな… 飲食店で店長をやってました。

おいしい体験をいろいろしましたが、もちろん失敗も数多くあります。
その中の体験のひとつです。
今までの人生経験の中で一番のビッチと出会体験です。

慢性的人手不足、アルバイトの急募で工藤静香風の21歳(工藤静香の3割減)、夜はスナックで働いている女の子が面接にやって来ました。
少し、影のあるイメージで夜も働いていたので心配でしたが、猫の手も借りたい状態なので即採用。

働き始めると印象よりは良く、真面目に働いてくれて、すぐに戦力になってくれました。
店にも慣れた頃に、静香が「店長… 今度、私が働いている店に遊びに来てもらえないかな?」

私も飲みに行くのが嫌いなほうではではなかったので静香の働いている店に、同伴みたいな形で通うようになり、何回か通って、アフターで飯を食べてラブホへ…

脱がせると小ぶりなおっぱいですがエロい身体をしています。
ベッドで静香が「店長で23人目…」

(23人…?! 私には要らない情報です… しかし、21歳で23人… どうやって覚えているんだ? やはり、女は子宮で覚えるのかな?私の体験は1.2.3…?? 静香に少し引く思いがしましたが… まぁ… やれればいいか…)と思い静香に突撃…

「店長… 私、出来にくいから中に出していいよ… 」

お言葉に甘えて気持ちよく中出し

シャワーを浴び、帰り支度を始めると、
「店長… 私、逝ってないので、もう一回…」
「え… … …?…?…」

(逝ってない…  逝ってない… もう一回… 確かに早漏気味だけど… オレのセックスて、下手なのかな…? 女から言うか! 自信喪失…! )

こんな事を言われたのは初めてでショックで放心状態…
静香への怒り、自分の情けなさ、屈辱感を2回戦にぶっけ、必死に腰を降りました。

しかし、静香が逝ったかは覚えていません…
翌日、仕事が終わり、静香にどうしても聞きたかったため、ひと気を避け、私の車に呼び、思いきって聞いてました。

「オレのセックスて下手…?」
「ちんこも大きいほうだし、クンニも上手かったかな~」

「私… 性欲が強くて… いつも2回、おねだりしちゃうから… あまり、気にしないで~」
「でも… 1回目はちょっと早かったかな… もう少し我慢して欲しかったかな…」と言ってました。

今でも鮮明に覚えています、車中、蒸し暑い夏の夕暮れ、日が陰ってきましたが、まだまだ明るく、車のエアコンをかけてもあまり涼しくありませんでした。

静香を送って行こうとハンドルに手を掛けると、静香が私の股間に手を伸ばし、ズボンの上からちんこをなぞっています。

住宅地の中に借りている駐車場、遅番の従業員の車で影にはなっていますが、道路から車中の様子が分かる距離です。

私は焦って、「こんな所でダメだって…」
静香が、「フフ… 大丈夫~ 私に任せて~」と言って、ファスナーに手を掛け、下ろし始めました。

器用にちんこを取り出し、手コキを始めました。
「柔らかいちんこから段々固くなる瞬間が大好き!」
と静香が言ってます!

私はおろおろしていましたが、ちんこは元気に勃起、静香も「わ~ 元気~」と喜んでいます。
「我慢してね~ 出したらダメだよ~」
静香は私の方に身体を倒し、フェラを始めます。

「ダメだって…」
亀頭を丁寧に舐め、上下に首を降り始めました。

私は誰か通らないか、ヒヤヒヤしながら、車の外を見ていました。

「静香… ダメ… イキそう…」
「まだまだ… 我慢して!」
静香のフェラの寸止めが続きます…

「私… したくなっちゃった… 店長… 後ろのシートに行こ…」
私も我慢の限界… 出したい… すぐにでも放出したい…

二人で後部座席に移動、静香が私のズボンを膝まで下げ、自ら、スカートからパンティを脱ぎ、私の上に乗ってきて、腰を降ろします…

「あ… アァ… イィ…」
まだまだ明るい夕暮れのカーセックス、静香は私の首に手を回して腰を降り始めます。

「店長… 店長… アァ… ア… これ… イイ…」
「当たる… 当たる… ア… あ… イイ…」
「そんなに、腰を降ったら… イクって…!」
「ダメ… ダメ… 我慢して… アァ… もう少しでイケそうなの…」

グイグイと体重をかけ腰前後に降ってます…
「あ… あ… イク… イク…」
やっと逝ってくれました。
私も同時に静香に中出し… 二人とも汗だくです。

私も夢中で車中だった事を忘れましたが気付かないものですね…
車の1メール位前にフロントガラスを覗いている犬を連れたおじさんと目が合いました…
おじさんは何事も無かったように立ち去りました。

(しまった… 見られた… )
静香に言うと「別に、いいじゃん!」
(俺は毎日、ここへ車を停めなければいけないのに…)

静香とは何回セックスしたのでしょう?
私のアパートで、店で、車中で…

Gスポットの場所、女性が感じ腰の振り方、手マンの気持ちいいやり方などなどいろいろレクチャーしてもらいました。

半年後、連れを頼って横浜へ行くと言って店を辞めました…
静香はセックス好きなのかセックス依存症なのか分かりませんが私にとってセックスを教えてくれた先生、今でも感謝しています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
若いっていいっすね…

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)