【ゲイセックス】ノンケの私が貞操帯を使ってメス堕ちするまで・・・・・・・・

閲覧数: 1,234 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

投稿者:優 さん(男性・50代)
タイトル:貞操帯を使って自力でメス堕ちしました

元々ノンケで20歳で童貞を卒業しましたし、普通に恋愛感情を抱く女性とのお付き合いもしていたのですが、あまり積極的な性格で無い事と、幼いころから持っていた被虐願望のせいで、同性同士のSEXに興味を持ち、特にウケ側に憧れを感じるようになりました。

元より責める側が苦手という事もあり、同性愛でウケ側に回る・・・つまり「女」側になる事への憧れは日増しに大きくなっていき、40歳になる手前で、初めて男性と肉体関係を持つに至りました。

事前に色々な情報を仕入れていたおかげで、アナルも十分に拡張させていましたので、初アナルSEXで処女を失った際にも、さほど痛みなどはなく、ある意味スムーズにこちらの世界に足を踏み入れられたと思っています。

そして何より「男のくせに」「男に抱かれて」「快感を感じてしまっている」状況に、被虐願望が刺激され、今まで女性相手では感じなかったぐらいの快感を覚えるようになりました。

ただ、アナルでペニスを受け入れられる、といっても、まだまだ開発途中で、性器としては未熟なためアナルだけで逝ける、という状態にまでは到達していませんでした。

また、根っからのノンケの部分が邪魔をしてか、どうしてもフェラやキスに抵抗感を感じてしまいます。

パートナー募集で知り合ったり、発展場で出会ったり、明らかにそういうつもりで関係を持とうと
しているのに、頭っから完全拒否はさすがに出来ませんので、相手から求められたら、とりあえずは「我慢して」対応するしか出来ませんでした。

特に、私自身が逝く前であれば、まぁ多少なりとも興奮しているので、さほど我慢する必要もないのですが、私が逝ってしまった、射精してしまった後は、「賢者タイム」がやって来てしまい、キスされると、本当に滅入ってしまう事が多々ありました。

それでも、メス堕ちに対する熱い思いは萎えることが無く、どうすれば嫌悪感を小さく出来るか?を常日頃から考えるようになりました。

正直、ホモになれるなら今すぐホモになりたい、とまで思いましたが、生まれつきの性指向はそう簡単には変えることが出来ませんでした。

それで、いろいろな情報を集めた結果、ウケとして快感を得る為に、アナルと乳首の開発をする一方で男としての快感、いわゆるペニスの快感を放棄する為に貞操帯の装着を始めました。

貞操帯は女王様がオナニー禁止したり、射精管理をする為に使うものだと思っていたのですが、メス化のために自主的に装着されている方が以外にも沢山おられることを知り、私もそれに倣いました。

最初のうちは、貞操帯を装着しようとする事で勃起し始めてしまい、萎えるのを待って急いで装着したりそのまま寝ると、朝勃ちの痛みで激痛が走って目が覚める、というような事が度々起こり大変でしたが、アナルや乳首が徐々に感じるようになっていくのに反比例して勃起力は弱まっていき、日増しに装着が楽になっていきました。

(ちなみに、初装着から10年程度経過しましたが、現在は常時装着しています。クリーニングの為、1週間に一度、入浴時に解錠する以外は常にロックしている状態です。)

日常生活では、常に貞操帯を嵌めているため、ペニスには触れられない状態で、オナニーもアナルか乳首でしが行わないようにしていった結果、アナル・オナニーでトコロテンしたり、乳首だけで
射精出来るまでになりました。

もはや、貞操帯を外しても勃起は出来なくなっていますし、扱いてみても全然気持ち良くなく、
既に男としては使い物にならなくなしましたが、自分ではそうなれた事に満足しています。

で、貞操帯をしたまま射精出来るようになると、今まで感じていた射精の「爆発感」が全く無くなりました。

普通、男が射精するということはメスに「種付け」する状態なので、ある意味「勝ち誇った」感覚になると思うのですが、勃起もせずにする射精は「種付け」というよりは「お漏らし」に近く、とても情けない気持ちになります。

でも、その情けなさが、メスっぽくていいなと感じている今日この頃です。

そんな情けない射精をするようになってからは、男の人に犯して貰いながら逝く事が出来るように
なりました。

時折、ドライでマジのメス逝きをするのですが、往々にしてトコロテンでお漏らしをしてしまいます。

ただ、漏れ出す射精は、発射した感覚が全くないので、賢者タイムが全くやって来なくなりました。

だから、明らかに「逝った!」という感じはあるのですが、気分は冷めないようになりました。

なので、そのままSEXを続けることも可能なので、調子に乗り過ぎて何度も逝ってしまい、フラフラになるまで続けてしまうこともよくあります。

逝った後の賢者タイムがないと、キスへの抵抗感もありませんから、アナルに挿入されたままの状態でディープキスしていると、また気分が盛り上がってきて、腰を振ってしまう、ということもよくあります。

そして何より、自分が逝った直後でも、相手のペニスのお掃除フェラが出来るようになりました。

以前はフェラ自体が苦手で、ゴックンなんて、もっての外だったのに・・・・

今は、ザーメンまみれのペニスを舐めると、美味しいと思えますし、私の身体で逝ってくれた事で
「私をメスとして認めてくれた」ような気持になれるので、すごく嬉しく思えるようになりました。

それ以来、男の人とのSEXは本当に楽しめるようになりました。

ただ、特定の彼氏や旦那様がいたことがありませんので、昨今のコロナ禍のせいで、なかなか男の人と遊べる機会も減ってしまい、もう半年以上、抱いて貰っていないので、すごく欲求不満になっています。

3年ほど昔ですが、ある男性の自宅に、3日間泊まらせていただける機会があり、2泊3日の間、屋内では、ほぼ24時間素っ裸で(笑)、時と場所を選ばずにSEXしまくって過ごしたことがありました。

何回逝ったのか?何回種付けされたのか?まったく覚えていません。(笑)

今では、人生最高の3日間だったと思いますが、ずっと続けていたら人間辞めてしまう事になりそうでした。(笑)

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
涙ぐましい努力に頭が下がります。。。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)