エロばな投稿作品集(その18)

閲覧数: 915 PV

※このエロ話は約 7 分で読めます。

こちらは当サイト(姉妹サイト含む)に投稿いただいた体験談の中で文字数などの関係で残念ながら掲載できなかった作品をまとめてご紹介するページです。※以前に投稿されたお話も溯って掲載していっております。

投稿者:美沙希 さん(女性・10代)
タイトル:夏休みの初めてのバイトで

私は私立の女子校に通う2年生でした。
両親が離婚して母親と2人暮らし。
生活費の振り込みも滞りお小遣いの値上げなど言える環境にありませんでした。

それでも、ほしいものがあって夏休み中だけアルバイトをやりたいと申し出たのが最初です。
結局町内の顔聞きのおばさんの紹介で駅近の喫茶店でアルバイトをさせてもらえることになりました。

そこは雑居ビルの2階で地下1階にゲーセンがあって暴走族連中のたまり場だったんです。
そんなことは知りませんでした。

私は吹奏楽部の副キャプテンに推薦されて夏休みも練習を休むわけに行きませんでした。
女子校ってこともあるのですが校則が厳しくて校内では制服着用だったのです。

部活終わりに制服のまま喫茶店に入り喫茶店のロゴのついた濃紺のエプロンをして接客してたのでした。

「新しく女の子のバイト使ってるぞ」とか「***の女子校の子だよ」
とか噂が広がって制服や袖のエンブレムを見ればすぐにどこの高校かは わかってしまうし隠し通すことなんてできません。

奴等はゲーセンが閉まるまでこの辺をタムロして集会とかに行くようでした。

私が喫茶店でアルバイトを始めてからはしょっちゅうお店に入れ代わり立ち代わり奴等の仲間がコーヒーを飲みに来て「名前教えて?」とか「彼氏いるの?」とかすごくなれ慣れしく聞いてきて嫌でした。

バイト終わりにもガードレールに腰を下ろしてこっちを見てニヤニヤ笑ってるのが気持ち悪かったです。

何を相談してるのか?て胸騒ぎがしてました。

いつもオーダーを取るのは突き当りの1番奥の席に座ってるリーダーの男で「これって美味しいの?」とか「これの中身に玉ねぎ入ってる?俺ためネギ食べれないからさー」とか聞かれて私はしょうがなく前のめりになって説明してるうちに気付いたのです。

仲間の男がテーブルの下からスマホで私の制服のミニスカの中を隠し撮りしてたことに・・・

奴等にパンツを見られてたと思うと悔しくて腹が立ちました。

でも何も言えずに奴等が来た時にお店の人に代わってもらうと「彼女呼んで」って言われて結局、私が行く羽目になって、あーだこーだってなかなか決めてくれなくって手でスカートを抑えていても無駄でした。

奴等にパンツを見られるのは悔しいけどそれで満足してくれるんだったらパンツくらい我慢しようって気付いてないそぶりをしてました。

とにかく夏休みが終わるまでの辛坊だって思いました。

それまで何事も起こらないことを祈ってました。

奴等に襲われたら絶対パンツ脱がされるしヤラレルに決まってる。

私は17年間で経験はありませんでした。処女です。

奴等にアソコ見られたくないしレイプされたくないし本当に怖かったんです。

でも、その予感が現実になりました。

その日は朝からどんよりした重たい雨雲で夕方から雨になったのです。

私は夜8時に裏のパーキングを抜けて駅に向かうときに1台のワゴン車が私の前を遮ったのです。

前をふさがれて佇んでいた私は傘を深く差していたので気づくのが遅かったんです。

スライドドアが一気に開いて見覚えのある男達が降りてきて、あっという間に車内に放り込まれました。

「なんですかやめてください」って言っても奴等は無言で身体を抑えつけられて動けませんでした。

車は山の上のスクラップ工場の誰も来ないようなところで、スカートをオヘソのところまでたくし上げられて、パンツ全開でブラウスのボタンを外されて、ブラを外されて乳首を吸われたんです。

簡単にパンツも脱がされて「すげぇーマン毛生えてんじゃん」って割れ目をなぞるように指を内側の柔らかい部分に(痛い)って言ったら喜んでました。

散々アソコにいたずらされて揉まれて舐められて入れられました。

ギャーって激痛と膣の中で出血した生暖かいものが流れてきたのを感じました。

リーダーの男の次は誰にやられてるのかわからないほど、次から次と頭はガンガン、アソコの中にズンズン入れられて脈うってるのを感じて喫茶店の前でおろされました。

 

投稿者:あゆ さん(女性・10代)
タイトル:Hな夢を見てしまった

昨日と一昨日で寝ている時にHなことしてる夢?を見るんです。
素股してたり胸揉まれてたり…

でもそれが妙にリアルで、相手は親戚の叔父さんなんです。
そして丁度昨日と一昨日は叔父さんが泊まりに来てて、寝る時隣の部屋なんですよ。

夜中何だか気持ちが良くて腰が勝手に動いちゃってて、あれ?って思って目を開けたら叔父さんがちんこを私の股ギリギリに持ってきてたんです。

私は何が何だかよく分からなかったけどすごい興奮してて、思わずオネダリするみたいに自分のあそこを叔父さんのものに擦り付けてて、それが気持ちいいけど物足りなくて思わずあんあん喘いでたんです…

元々少しセクハラしてくる人だったんですけど、この夢?があってからLINEですごくセクハラ発言(今日の下着は何色なの?とか彼氏はできたの?とか先生にエロい目で見られてるんじゃないの?とか…)してきて、あれは本当に夢だったのか?って悶々としてます。。

ここで書くべきものかは分からなかったんですけどどこに投稿すればいいのかわからなくて…ダメなら消しますね。

 

投稿者:平塚らいてう さん(男性・20代)
タイトル:友達の姉と…

友達Tの姉Kさんは、僕が小学四年生の時からの知り合いで、いつも遊んだりしていました。

Kさんは胸が大きく、黒が好きで、美人で、僕が中2の頃、16歳でした。

ある日、友達Tの家に3人で集まると、僕以外の2人はアイス食いたいと徒歩15分のコンビニに行きました。

1人でスマホ見ながら待っていると、Kさんが「自分も暇だから話そー」と部屋に入ってきました。

2人で話していると、「ねぇ、〇〇くんもそういう歳だよね、エッチなこととか興味無いの?」と胸を当てながら言ってきました。

こんな漫画みたいなことあるんだな、と思いました。

Kさんは続けて「今私の胸見たよね、私の胸大きいと思ったでしょ?」と耳元で囁いてきました。

その時、僕は自分が抑えきれなくなり、押し倒してキスしました。

キスをやめ、服を脱ぎ出すとKさんはちょっと待って、と引き出しからなにか取り出しました。

それはコンドームで、僕に付けさせるとKさんも服を脱ぎだしました。

「じゃあもうSEXしちゃおっか」と僕の上に乗ってくるKさん。

SEXを始めて8分ぐらい経つと、僕達はイってしまいました。

丁度その時2人も帰ってきて、その日はやめになりました。

その後はLINEも繋いで、僕が中3になる頃には付き合うことになりました。

僕は現在20歳で、彼女Kさんは22歳です。

結婚の予定も立てています。

 

投稿者:あかさたなやで さん(男性・10代)
タイトル:幼馴染とのお風呂

小学6年生の時の話です。
僕の家は昔から隣の家ととても仲が良く、隣の家の同い年のNちゃんと僕は兄妹のように一緒に遊んでいたそうです。

同じ学校で、その年同じクラスにもなりました。
毎年4月、8月、12月の中旬に、どちらかの家に泊まるというルール?もできていて、風呂もベッドも同じということでした。

当時小6だった僕は、いきなり体の成長が始まり、ペニスも大きくなり、陰毛もボーボーで、脇毛もボーボーでした。

小6になって初めての4月のお泊まりの風呂の時間、小5まではなんとも思ってなかった幼馴染の体。
とても綺麗な顔立ちで、胸も大きく、Cカップぐらいあり、陰毛も生えていて、脇毛も生えていました。

当時そのような毛が生えている方が恥ずかしいと思っていた僕は、風呂場で毛を処理しているとNの姿を見ると、恥ずかしくない事なのだと知りました。

Nはいきなり「〇〇のも剃ってあげる」とクリームで剃ってくれました。
Nがクリームを使って剃ってもらっていると自然と勃起してしまいました。

Nは毛を剃り終えると、僕の勃起したペニスに気づき、「オナニーのやり方教えたげる」とだけ言いました。

当時僕はオナニーのやり方がわからなかったため、Nにやり方を教わりました。
初めての射精は幼馴染に扱かれてでした。

オナニーのやり方を覚えると、僕は毎日2回以上するようになりました。

風呂から上がり、布団を敷いていると、Nは急にTENGAを机の引き出しから取り出して、僕に渡しました。
NはTENGAについて簡単に説明し、先輩から貰ったと言いました。

眠りにつこうとすると、Nは「私もムラムラしてきた…」と急に脱ぎ出しNもオナニーを始めました。僕は初めて見る女性の性器に釘付けになりました。

数分ぐらいすると、Nはハァハァと息を切らしながら服を着ました。
また明日ねと、、その日は寝ました。

次の日、また2人で風呂に入ると、今日も勃起してしまい、その日はSEXすることになりました。
その為にNは先輩に貰ったコンドームの箱から1個だけ、コンドームを取り出しました。

付けるのに何分もかかって、やっと付けれたと思うと、いきなりNは僕のペニスを咥え始めました。

強い吸い付きに耐えれず、僕は射精してしまいました。
そしてNはゴムをとりはずし、またコンドームをつけました。

「次は中に入れようね」と言って、開脚していました。
僕達はドキドキしながら、ついに挿入れると、Nは僕の強めな挿入れ方が痛かったらしく、涙目になっていました。

僕が止めようとしても、Nは続けてと言いました。
腰を動かし続けると、口より中の方が気持ちよかったです。

2人ともすぐにイってしまいました。
そして風呂から上がり寝る時、「次泊まる時は生でしようね」と言われました。

そして8月の泊まる日、本当に生でヤっちゃいました。
妊娠はしませんでしたが、しっかり避妊はしておくべきでした。

今は高2ですが、2人とも同じ高校に通って付き合っています。
時々泊まってえっちもしています。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)