50代女ですが、ボランティアで若い男の子のセックスの手ほどきをしています・・・・・・・

閲覧数: 5,067 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:麻衣子 さん(女性・50代)
タイトル:私の性の役割

私は結婚して子供を育て上げた50代の女です。
自分の役割を終え、老後は旦那と・・・・と考えていましたが、やはり女の部分が捨てられませんでした。

旦那とよく話し合った結果、私はボランティアで若い男性に性の手ほどきをすることに決めました。
旦那は理解力があり、私が若い男の子とセックスすること、セックスに不慣れな男性に手ほどきする姿を撮影し、その動画を見せればOKとのこと。

私は出会い系やSM掲示板などに書き込みをします。
内容は『50代の女体が必要であれば連絡をください』というものです。

このような書き込みに連絡をくれた男性が結構な数、いました。
私は以下のようなプレイをしたことがあります。

・若い男性が彼女を満足させるための練習台として、私から性の手ほどき。
・高齢男性の「前立腺がん」予防には定期的な射精と前立腺マッサージがいいとのことで、前立腺マッサージの技術を習得し、提供。
・性欲が溜まっているせいで犯罪を犯したい気持ちになる男の子の処理役。
・心ゆくまで女性をいたぶりたいという願望を受け止め。
・夜中に肌淋しい、人恋しくなる男性を抱きしめて膣に受け入れる。
などの経験をしたことがあります。

若い男の子はベッドの上に横たわったまま、「お願いします」と言います。
私は男の子の上に乗り、頭を撫で、耳を舐め、首筋を舐め、「気持ちいい?」と訊きます。

耳の穴を舐めながら乳首をいじり、乳首が硬くなるとこりこりします。
そして、乳首を左右交互に舐め、指をおへそ、おちんちんへ這わせます。

おちんちんはぴくんぴくん動き、ビンビンの状態です。

「こんなに立派なものをもってるのに、使い方がわからないなんてもったいないよね。かわいそうに・・・・・」と、硬い立派なおちんちんを指で愛撫します。

「しゃ、しゃぶって・・・・・」
男の子がおねだりします。

男の子は性の練習をする場所がないから不器用なだけです。
私はかわゆいおちんちんを舌で舐めたり、柔らかく握ったり、なでたりしながら、「この辺が気持ちいいの?」「出ちゃいそう?」「ここがいいのかな?」と訊きます。

「・・・・うん!いい」
とか、
「そ、そこそこ」
とか反応してと~ってもかわゆい・・・・・。

おちんちんがかわゆいかわゆい、ずっとよちよちしたくなります。
ほおづりして大切大切~にします。

最近の男の子はおちんちんをもてあましていて、かわいそうです。
私は大切に扱ってあげます。

セックス未経験の男の子のお尻の穴を開発しちゃったこともあり・・・・・前立腺マッサージで勃起が止まらなくなっちゃのでセックスにお付き合いしていたら一晩に14回も求めてくれたことも・・・・・・(驚)!!!

「すごぉ~い・・・・・・こんなにいっぱいしてくれてありがとうねえ~」
と抱きしめて、胸にうずめてぎゅうっとします。
頭もなでなで・・・・。かわゆい。かわゆい。

ありあまる性欲を発散させて、お猿さんみたいにエッチッチしたぁい時期が終わったら、今度はテクニックを伝授してあげます。

女が夢中になっちゃうテクニックね。

「乳首をぴんと弾く方法ってすごく気持ちいいのよぉ」

指でつまんだ乳首をぴんと弾くように離す方法です。

ほかにもいろいろな細かい技を教えてあげます。
技術が向上していくと、男の子たちは「女がイッてる証拠が知りたいよ」と訊きます。

私はセックスフラッシュについて教えてあげます。
首とか鎖骨とかの辺りが紅潮すること。
これは女が確実にイッた証拠です。

「オーガズムを迎えた女はこのあたりが一瞬赤くなるのよ」
と教えました。

そして、セックスで私がイッたら晴れて合格(笑)

あとは若い女の子をナンパしたり、出会い系で出会ったりしましょうね。
私の体を卒業した男の子の連絡先は消してしまい、向こうからも連絡がつかないようにしてしまいます。

そしてまた次の悩める男の子を育てます。
とても充実した毎日ですよぉ。
このようなセックスボランティア、熟女の女性におすすめです。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)