乳首だけで射精してしまう体に開発された僕の末路・・・・・・・・

閲覧数: 2,867 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

タイトル:乳首だけで射精してしまう体に開発された僕の体験談

皆さんは自分の乳首って意識してことありますか?
男の場合はほとんどないんじゃないでしょうか?
だって男の時乳首って使い道ないしなんであるのかわからんし。

てことで乳首の存在を意識したことある男性ってほとんどいないと思われます。

そんな存在感の薄い男の乳首。
しかしネットで調べてみると乳首で感じる人は意外と多く「チクニー」という名前まで付いています。

ふとしたきっかけで意識してしまった時、その時あなたの乳首は今までの乳首じゃなくなってしまうんです。
新たな性器の爆誕。

そんな感じで乳首でイケる身体になってしまった僕の体験談をお話しします。

なぜ僕が乳首に目覚めてしまったか。
それはいつだったかどこかで目にした「尊敬される男は乳首が感じやすい」という記事でした。
それを読んだ後思わず乳首をサワサワと触っていた自分w
尊敬されたかったんですかねw

それで乳首の気持ちよさに気付いたんです。
気持ちよくないといけない気がして気持ちいいと思い込むようにしてたのかもしれません。

まあきっかけはそんな感じでオナニー大好きな僕はオナニーした後とか、もう出ないけど気持ちよくなりたい時は隙あらば乳首を触るようになっていきました。

そうなると色々試してみるわけですよw
触り方のバリエーションもネットで色々研究しました。
周囲から触って焦らしたり、摘んだり突っついたり。

チンポも自分で触るのと人に触ってもらうのってなんか感触が違いますよね。
そうして色々試した結果かなり気持ちよかったのが扇風機の網って言うんですか?あの部分。
スイッチは切っておいても大丈夫です。
むしろ切っといた方が安全。

あの網になってるとこに乳首を横にゆっくりと擦っていくんですw
これが気持ちよくてかなり興奮しました。
素の乳首でやるより服の上からやる方が快感でしたw
よかったら試してみてください!

それとあと僕が思った「もう出ないけど気持ちよくなりたい」
これってなんとなく思っただけなんですが乳首イキの核心を突いてるんですよね。
基本的に射精せずにイケるのが乳首イキなんで。

そうやって乳首をいじる毎日がしばらくつづきました。
でも一人でやってるとどうしてもできないことがあって、それは「乳首を舐める」ということ。
僕は一応彼女がいて、もちろんセックスもするんですけど乳首責めをしてもらったことはありませんでした。

「乳首責められたい…」

だんだんとそう思うようになっていきましたw
でも恥ずかしい。

「乳首責めてほしいんだけど、、」

付き合ってる女性がいる人これ急に言えます?w

でも舐めてもらいたいなら言うしかない。
どんな顔されるんだろう?とか色んなことが渦巻きます。
こんなことで悩んでる僕を客観視してみると完全に乳首の快感に目覚めちゃってるじゃん、僕ww

乳首という新しい楽しみを覚えた僕はさらに色んなところで乳首と入力してみます。

 

 

続きを読みたい方は以下からどうぞ!

乳首だけで射精してしまう体に開発された僕の体験談

引用元:女王様とお呼び!

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)