会社のお気に入りの女の子の裸を見るための計画が壮大すぎる・・・・・・・

閲覧数: 7,285 PV

※このエロ話は約 14 分で読めます。

投稿者:こうじ さん(男性・30代)
タイトル:お気に入りの女の子の裸を見るための壮大な計画

会社でお気に入りの女の子のプライベートを覗き見るために行った壮大なプロジェクトの話。

オレが働く電気工事会社には、美咲ちゃんという可愛い事務職員がいる。
年は21歳。
ちょっとぽっちゃりしているが太っているというほどではない。

雰囲気は女子アナの水卜ちゃんのような感じだ。
社員はみんな美咲ちゃんのことを気に入っていて、美咲ちゃんもみんなに愛想が良くいつも笑顔で対応しているから人気がある。

もちろんオレも美咲ちゃんを気に入っていたが、他の社員とは違い、エロい意味で気に入っていた。

美咲ちゃんはいつも襟ぐりが大きく開いたゆったりとした服装が多い。
仕事柄、資材を運んだり、工具を整理したりという仕事も多いので、必然的に前屈みになることが多い。

すると美咲ちゃんの胸元から可愛いブラに包まれたおっぱいが丸見えになる。
それを知ってからオレは美咲ちゃんが何かを運ぶときは積極的に手伝うようにして、ほぼ毎日美咲ちゃんのブラ&おっぱいを堪能していた。

そうなると、『美咲ちゃんの生のおっぱいが見たい…』『美咲ちゃんの全裸が見たい…』と思うのは自然な衝動だった。
とはいえ、美咲ちゃんにはちゃんと彼氏がいるので、美咲ちゃんと付き合うという選択肢はない。(そもそも美咲ちゃんがオレを好きになるという可能性自体がゼロなのだが)

となれば非合法な手段しかないのだが、覗くにしても美咲ちゃんが住んでいるのはマンションの3階。
(世間話で聞いた)覗くのも無理だ。
やっぱり美咲ちゃんの裸を見るなんて無理か…、と諦めていたら、一筋の光明が差した。

ある日、昼飯を食いながら(職員は休憩室でみんなで食べる)雑談をしていると、美咲ちゃんが
「隣の部屋が引っ越しするみたいで毎日荷造りでうるさいんだよね~」と話し出した。

そのときオレはピンとひらめいて、さりげなくいろんなことを聞き出した。
マンションの賃貸業者はどこか、壁材はどんな感じか(仕事柄事務員でも詳しい)、家賃はどのくらいか、などなど。
そう、美咲ちゃんの裸を見れる唯一の手段、それは美咲ちゃんの部屋の隣に住むことだ。

計画はこうだ。
美咲ちゃんの部屋にカメラを仕掛け、壁や天井を通して配線し、隣の家で見る、という案だ。
そんなことは可能か?と思われるかもしれないが、オレらは電気工事屋。
電気製品の設置、壁裏配線などお手の物だ。
美咲ちゃんの部屋に忍び込むのもなんら問題はない。
以前、美咲ちゃんの机の引き出しを物色したときに、家のスペアキーが置いてあるのを発見し、合鍵を作ってある。

もちろんその部屋に住むわけではないので、自宅とは別に美咲ちゃんの隣の部屋を借りることになる。
家賃が二重になるのは痛いが、美咲ちゃんの裸を見られるのなら安いものだ。

早速、その日のうちに賃貸業者のところに行き、不自然にならないように注意しながら美咲ちゃんのマンションの空き状況を聞いた。
すると来週退去でその後リフォームをかけてから募集を出す部屋があるとのことで、階数を聞くと3階だったので美咲ちゃんの部屋の隣に間違いない。
そこを予約したいというと業者も渡りに船とばかりにオーケーしてくれた。

次にカメラだ。
せっかくだからだから通販で売ってるおもちゃみたいなものではなく、しっかり高画質で撮れるやつがいい。
取引業者に問い合わせて業務用ピンホールカメラを調べてもらうと、1セットでオレの給料1ヶ月分くらいだ。
部屋の至る所に仕掛けたいのはやまやまだが、貯金の額を考えると4セットで限界だ。
ケーブル類は会社の在庫をいくらでも使える。

隣室が退去しオレが契約するまでに、カメラとそれぞれに接続するHDレコーダーとモニタ、住まないとはいえ最低限必要な家具と寝具を注文した。

そして、まずは美咲ちゃんの部屋の下見だ。
当然、美咲ちゃんが留守の時間でなければならない。
それは平日昼間しかない。
オレは単独での施工も多かったので仕事中に行くことにした。
作業着ならマンションに入っていっても怪しまれづらいだろうし。

美咲ちゃんが定時まで会社にいることを確認してマンションに向かった。
カメラに映らないように帽子を目深にかぶってエントランスを入る。
オートロックも合鍵で開けられた。

階段で3階に行き美咲ちゃんの部屋へ。
留守だとわかっていても緊張する。
部屋に入ると女の子らしい甘い香りがした。

入ると10畳ほどの居間と隣接する6畳間の1LDKだ。
普段から整頓好きの美咲ちゃんらしくきれいに片付いているが、ベッドは起きたままで寝具は乱れていた。

タンスの引き出しをあけて下着もチェックした。
カラフルなブラやパンティが整然と畳まれて並んでいる。
ブラの中には胸ちらで見たことのあるブラもあった。

早く下見を終わらせなければと思いつつも、下着から目を離せないのでとりあえず一度オナニーして性欲を落ち着かせることにした。
ブラの裏やパンティのクロッチをなめながらパンティをちんぽに巻き付けてしごき、フィニッシュは洗濯機から持ってきた使用済みのパンティのクロッチに射精した。

落ち着いたところでカメラを設置する場所を探して室内を見て回った。
本当は確実に全裸になる風呂場に仕掛けたかったが、カメラの性質上湿気に弱いので除外した。
その代わり、脱衣所は筆頭候補だった。

当然鏡に向かうことが多いのでドレッサーの上部についているライトソケットの部分にカメラを取り付けられそうだ。
ここだとライトの配線と一緒にできるので楽だし見つかりづらい。

トイレも考えたが、全裸が見られるわけではなく排泄シーンにも興味はないので除外。
次は居間だろう。
裸にはならないかもしれないが、一番長時間過ごす場所なので、美咲ちゃんの姿が最も映る確率が高い。

たぶんテレビに面したソファに座ることが多いだろうから、テレビ周りに設置することにした。
しかし目立たないように設置できる場所がない…。
そしてふと思いついた。
テレビの下に置いてあるHDレコーダーを改造して内部に設置するのはどうだろう。
段差部分ならカメラサイズの穴をあけても目立たないし配線も楽だ。

そして最後は寝室だ。
ベッドの上で寝転がって過ごすことも考えられるし、着替えもここだろう。
そしてもしかしたらオナニーや彼氏とのセックスも……、そう考え、部屋全体を映せるように換気扇内にひとつと、ベッドを映せるように天井のシーリングライト部分にひとつ、この部屋には2つのカメラを設置することにした。

賃貸業者に適当な理由を付けて取り寄せてもらった仕様書で、壁内・天井裏に配線を通せることはわかっている。
満足して美咲ちゃんの部屋を後にした。

そして数日後、美咲ちゃんの隣室の契約も無事終わり、美咲ちゃんと顔を合わせないように家財道具や資材や工具を運び込んだ。
後は施工当日を待つだけだ。

いよいよ施工日。
オレは有休を取って前日夜から隣室にスタンバイしていた。
そして8時過ぎに美咲ちゃんが家を出るのを確認。
念のため9時まで待って会社に電話し、美咲ちゃんを呼び出した。

オレが休むにあたっての引継ぎという名目だったが、美咲ちゃんが何事もなく出社しているのを確認するためだった。
これで夜6時までは確実に美咲ちゃんは会社にいる。
カメラを4機設置するには十分すぎる時間だ。

部屋を出て廊下に誰も居ないのを確認し、資材・工具・脚立を持って美咲ちゃんの部屋に入った。朝つけた香水の残り香が漂っていた。洗面所に行くと朝シャワーを浴びたのか、浴室の床や壁が濡れていた。

洗濯機の中のいちばん上にあったパンティのクロッチ部分をさわるとまだしっとりしている。
ほんの1~2時間前まで美咲ちゃんのおまんこに触れていたパンティがここにある。
迷わずそのパンティをなめ、ちんぽにこすりつけ、射精した。

落ち着いたところで施工にとりかかった。
まずはドレッサー内。
ここは難なく取り付けることができた。
寝室の2箇所も特に問題もなく1時間もかからず終わった。

いちばん難しい居間は、HDレコーダーを外してフタをあけ、全面に5mmほどの穴をあけカメラを設置し、配線を通して、テレビケーブルと一体化に見えるケーブルに交換。
壁面のテレビアンテナのプレートを外して壁を通した。

これで全部完了したが、天井裏に出したケーブルを回収して隣室に引き込み、モニタに接続してきちんと映るかチェックしなければ。

侵入した形跡を残していないか何度もチェックし、美咲ちゃんの部屋を後にした。
隣室に戻ってメンテナンス用の天井孔から天井裏に入り、美咲ちゃんの部屋から出したケーブルを回収して束ね、壁内に戻して部屋に戻った。

オレの部屋の居間のテレビアンテナプレートを外してそのケーブルを部屋に引き入れた。
それらを一つずつ、専用の受像機を介してHDレコーダーに接続しモニタを点けた。
カメラはプラグインバッテリータイプなので、受像機の電源を入れるとカメラが稼働するようになっている。

電源を入れるとすべてのモニタに美咲ちゃんの室内が映し出された。
洗面所は暗いのでよくわからないが、居間や寝室は予想以上にクリアに映っている。
これなら美咲ちゃんの裸もクリアに見える……、想像しただけで激しく勃起した。後は美咲ちゃんが帰ってくるのを待つだけだ……。

会社の定時は午後6時。
ほとんど残業のない会社なので何もなければ定時に出て、遅くとも7時には家につくはずだ。
モニタを見ると日が暮れて部屋も暗く、モニタは真っ黒だ。

そして7時10分前くらいにいきなりモニタが明るくなった。
美咲ちゃんが帰ってきて電気をつけたのだ。
居間のモニタを見ると美咲ちゃんが映った。
心臓がばくばく言っている。

美咲ちゃんはバッグをソファの上に置くと、コートとジャケットを脱ぎ、スカートを脱いでハンガーにかけた。
ブラウスの裾でパンティは見えない。
そして洗面所の方に向かった。

洗面所のモニタを見ると美咲ちゃんが入ってきた。
そしてブラウスのボタンに手をかけた。
ボタンをひとつ外すたびに心臓の高鳴りが強くなる。

ブラウスを脱ぎ洗濯機に投げ入れ、パンストも脱いで同じように洗濯機に入れた。
下着姿の美咲ちゃんだ………。
薄いブルーのセットの下着。ブラに包まれたおっぱいは何度も見たが、こうして下着姿で見ると興奮度合いがまったく違う。

そして美咲ちゃんは背中に手を回した。
ブラのホックが外れるとおっぱいがぷるんと飛び出した。
大きく張りのあるおっぱい、しかも乳首はパフィニップルだ。
エロい……エロすぎる……。
童顔の美咲ちゃんのおっぱいがこんなにエロいなんて……。

美咲ちゃんはパンティ1枚で鏡に向かって、化粧を落とし始めた。
そしてクレンジングを流し顔を上げた。
すっぴんの美咲ちゃん、より可愛い!!!!!
普段でも童顔なのに、すっぴんだとより幼く見えて、それなのにこんなにエロいおっぱいしてる。

美咲ちゃんはそのまま居間に向かった。
服を着てしまう前にこのおっぱいを目に焼き付けて………、ん?冷蔵庫から缶チューハイを取り出して、そのままソファに座ったぞ。

そしてリモコンでテレビをつけてチューハイを飲み始めた。
服を着る様子はない。そうか、女の子は自宅で裸族が多いと言うが、美咲ちゃんも裸族だったのか。
このままずっと美咲ちゃんの裸を見続けられると思うとオレも安心して、缶ビールを持ってきて飲み始めた。

まさか美咲ちゃんの裸をつまみに酒を飲めるなんて。夜9時頃になると美咲ちゃんは立ち上がり、洗面所に向かった。
そしてパンティを脱ぎ浴室に入っていった。
一瞬見えた陰毛はきれいに整えられていた。

30分後、風呂から出てきた美咲ちゃんは身体を拭いた後、全裸のまま居間に戻ってきた。
そしてソファに座るといきなり足を開きM字にした。
テーブルに置いてあった手鏡をとりおまんこの前に置き自分のおまんこを見ている。
時折指でおまんこを開いたりしている。

高精細カメラとはいえおまんこのひだひだまでは見えないのが残念だ。
何かをチェックしているようだが、なんだかわからないが、美咲ちゃんのM字開脚とおまんこくぱぁに興奮はマックスになり我慢できずオナニーした。

その後、美咲ちゃんはノートパソコンを開き、しばらくしてパソコンに向かって喋り始めた。
設置したカメラは撮影機能だけでマイクはついていないので話の内容まではわからないが、笑顔で喋ってることと全裸のままで話していることを考えると相手は彼氏だろう。
それにしてもあの美咲ちゃんが全裸で彼氏とチャットするなんて……。

時折おっぱいを両手でつかんでパソコンに向けて突き出したりしている。
たぶん彼氏にせがまれるままにいろいろやっているのだろう。
それに、パソコンの陰になって見えないが、手が下の方でもぞもぞしているのでおまんこをいじりながらチャットしているのだろう。
美咲ちゃんってこんなにエロい子だったんだ。

1時間以上彼氏とチャットした後、美咲ちゃんは全裸のままベッドに移動し、しばらくスマホをいじっていたがやがて電気を消して寝た。
オレは本当の自宅に帰ろうかと思ったが、何度か美咲ちゃんの全裸を再生してオナニーしているうちに面倒になったのでそのまま寝た。

翌朝、6時過ぎに美咲ちゃんは起きだし、そのまま洗面所に行きシャワーをして、全裸のままメイクをした。
そして出勤用の服を着るといつも見ている美咲ちゃんになった。
昨日の全裸でおまんこをいじりながらチャットしている美咲ちゃんと、いつも見ている今の美咲ちゃんを比べてまた興奮した。

そして美咲ちゃんが家を出た後、オレも会社に向かった。
何事もなかったように美咲ちゃんにおはようと挨拶したが、その服の下にあるおっぱい、エロい乳首、整えられた陰毛を想像して勃起してしまった。

翌日以降も毎日美咲ちゃんを眺めていたが、初日の行動がほぼルーティンのようであまり代わり映えしなかった。
それでも美咲ちゃんの裸は何度見ても飽きることはなかったが、最初に比べて興奮が薄れているのは確かだった。

そしてカメラを設置してから2週間ほど経った週末。
いつものように美咲ちゃんは帰ってきたが服を脱がない。
こんなことは初めてだった。
しばらくすると美咲ちゃんは玄関に向かって行って、男性と一緒に戻ってきた。

彼氏が遊びに来たのだ。
居間に入るなり彼氏に抱きついてキスする美咲ちゃん。
今すぐにでもベッドに倒れ込んでセックスを始めるかと期待したが、その場はキスで終わり、彼氏はソファに座り美咲ちゃんは晩ご飯を作り始めたらしい。
ご飯を食べた後は二人で並んでソファに座り酒を飲んでいる。
時々抱きついたりキスをしたりしているがセックスをする気配はない。

そして何度目かのキスをしたとき、彼氏の手が美咲ちゃんの胸をもみはじめた。
いよいよ始まる!と思ったらそこからはあっという間だった。
彼氏は手早く美咲ちゃんのブラウスを脱がしてブラをはぎとり、おっぱいを露出させた。

美咲ちゃんのエロいおっぱいをもみ、なめる彼氏。
純粋にうらやましかった。
美咲ちゃんもおっぱいをもまれつつ、彼氏の服を脱がしていく。
あっという間に二人とも全裸になる。

彼氏は美咲ちゃんをソファに寝かせて足をひろげおまんこをなめている。
美咲ちゃんのおまんこ、どんな味がするんだろう……。
そして攻守逆転して今度は彼氏をソファに寝かせ、美咲ちゃんがフェラを始めた。
残念ながら髪が邪魔して彼氏のちんぽをくわえる美咲ちゃんの表情は見えない。

しばらくして二人は立ち上がって寝室に移動しベッドに乗った。
そしてまた美咲ちゃんは彼氏のちんぽをなめはじめたが、ここでも天井からの映像なのでフェラしている顔は見えない。
彼氏が挿入してからも微妙におまんこにちんぽが入っているところが見えない。

悶々とした気持ちがどんどん募っていく。
それでも美咲ちゃんが上になったときに、彼氏の腰の動きに合わせてぶるんぶるんと揺れる美咲ちゃんのエロいおっぱいは、これまでで最高に興奮する映像だった。
彼氏の腰の動きが速くなり、美咲ちゃんも何かを叫んだ後、彼氏は美咲ちゃんのおっぱいに向けて勢いよく射精した。
その後二人は風呂に向かっていった。

美咲ちゃんのセックスが見れたのは興奮したが、肝心なところが見えず不完全燃焼だった。
これまでも裸は見れたが、おまんこはぼんやりとしか見えなかったし。
美咲ちゃんのおまんこを間近で見たい……、美咲ちゃんがちんぽをくわえている顔を見たい……、びんびんに勃起したちんぽを入れられている美咲ちゃんのおまんこが見たい……。

翌日以降も飽きずに美咲ちゃんを眺めていたが、ある日、ふと気づいた。
美咲ちゃんは全裸のままスマホで自撮りしていた。
以前からたまにやっていたが、スマホを家に置いていったり会社でも長時間放置することもないので、あの自撮りを見たいとは思ったがスマホを見ることは不可能だとはなから気にもしていなかった。

しかしその日は違った。
いつものように彼氏とチャットを始めると、スマホをパソコンにつなぎ、マウスを動かしたりキーボードを打ったりしている。
普通のチャットならマウスもキーボードもほとんど使わない。
もしかしたら………、普段の自撮りをPCを通して彼氏に送ってる?
そしたらPCの中にあの自撮り画像が?

数日後、オレは再び美咲ちゃんの部屋にいた。
大容量のポータブルHDを持って。
PCを立ち上げる。
予想通りパスワードがかかっていたが、会社で使っている美咲ちゃんのパスワード(後ろから覗き見て知っていた)を入れてみたらあっさり開いた。

細かく見ていくのは時間がかかりそうなので、持ってきたHDにフルバックアップを取って、自分のパソコンで見てみることにした。
部屋に戻り、事前に持ち込んでおいた使っていないPCにHDをつないで、美咲ちゃんのPCをオレのPCに復元した。

目指すのはマイピクチャ。
開いてみると中にはさらにいくつものフォルダがあった。
会社のPCもそうだが、美咲ちゃんは机のまわりだけではなく、PC内もきちんと整理整頓されて
いる。
それは自宅でも同じで、画像もきちんとフォルダ毎に整理されていた。

フォルダ名は「ディズニーランド」「○○温泉」「沖縄旅行」などなど。
開いていくと、彼氏や友だちと行った旅行の写真だった。
楽しげな笑顔の美咲ちゃんがいっぱい映っていたが、エロい写真は1枚もない。
そしてあえて最後にまわしたフォルダが3つあった。

まず一つ目、「かずたん」と書かれたフォルダ。
開くと彼氏の写真や美咲ちゃんとのツーショットが大量に入っていた。

その中にはラブホや彼氏の自宅、美咲ちゃんの部屋で撮られた裸の画像もあったが、乳首まで映っているのはほんの数枚で、全裸の画像などはなかった。
次に「みーしゃ」と書かれたフォルダ。
これは美咲ちゃんの愛称だろう。
中身の想像はついていたが、開くと予想通り美咲ちゃんの自撮り画像が出てきた。

もちろん普段の服を着た画像もたくさん入っていたが、全裸で自撮りしている画像も大量にあった。
そしておまんこをアップで撮っている画像も。

念願の美咲ちゃんのおまんこがここにある。
想像よりも赤黒く、おっぱい同様、エロいおまんこだ。
そして彼氏が撮ったのであろう美咲ちゃんの画像もあった。
たぶん、二人で撮った画像はすべて共有しているのだろう。

美咲ちゃんの自撮りだけかと思っていたのでこれは思わぬ誤算だ。
美咲ちゃんが全裸でポーズを撮っているものや、ベッドの上で自分でおまんこを広げている画像、風呂の中での画像など。

しかし、フェラ画像やハメ撮りは1枚もない。
ということは……。
最後の「?」というフォルダを開くと、いきなり最初の画像からちんぽがおまんこに挿入されている画像だった。

最初はおまんことちんぽのアップだったり、フェラ画像も口元しか映っていなかったが、時系列で並んでいるのか、見ていくと美咲ちゃんの顔とちんぽを挿入されているおまんこが一緒に映っているものや、しっかりと顔が映ってちんぽをくわえている画像、美味しそうに舌を出してちんぽをなめている美咲ちゃんの顔の画像も大量のあった。

だんだん撮られるのに慣れてきて、美咲ちゃんも顔が映っても気にしなくなったんだろう。
美咲ちゃん、こんな顔してちんぽをなめていたのか……、エロい、可愛い……。
プロパティを見ると「?」フォルダだけで2000枚以上のハメ撮りやフェラ画像がある。
「みーしゃ」フォルダの自撮りや彼氏撮りの写真を含めると、美咲ちゃんの裸画像は5000枚近くある。
このパソコンはまさに宝箱だった。

待てよ……、これだけ写真を撮っていて、動画を撮っていないはずはないよな…。
マイビデオのフォルダを開く。
マイピクチャ同様、観光地の名前のフォルダが多数あるなか、「かずたん」「みーしゃ」「?」の3つのフォルダがこちらにもある。
迷わず「?」フォルダを開く。
予想通り、そこはハメ取り動画だらけだった。
全部で300本以上。

再生すると、いままで天井からしか見えなかった美咲ちゃんのセックスが、至近距離で、しかも彼氏目線で画面に広がる。
何本も見ていくとニコニコしながらちんぽをなめる美咲ちゃん、おまんこをなめられて感じる美咲ちゃん、おっぱいや顔に精子をかけられる美咲ちゃんなどがあった。

何より興奮したのが、いままで聞こえなかったセックス中の声や音が聞けたことだった。
フェラをするちゅぱちゅぱという音、ちんぽを出し入れされるくちゅくちゅという音に加え、美咲ちゃんが「おまんこ」「ちんぽ」などの言葉を口にしていたことだった。

「みーしゃのおまんこに入れて!かずたんのおちんぽ入れて!」「みーしゃおまんこびちょびちょ」「かずたんのおちんぽ美味しい、はやくおまんこに入れて」などなど。
普段の美咲ちゃんからは想像がつかないような淫語の数々。

画像も動画も一気に全部見たが、その後何度見返しても興奮する。
普段のリアルタイムの美咲ちゃんの覗きに加え、このパソコン内の画像で、この部屋を借りてから一生分の精子を出したんじゃないかと思うくらいオナニーをした。

そして、部屋覗きは半年ほどするとだいぶ飽きてきたので、美咲ちゃんの部屋のカメラを取り外して解約したが、1ヶ月に1度は美咲ちゃんの部屋に侵入してPCのデータをコピーするのは続けている。
おかげで美咲ちゃんのエロ画像&動画コレクションは毎月増えていく一方だ。

実は、その後、もうちょっと踏み込んだことをしたのだが、それはまた後日。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
壮大すぎて吐きそうw
それに引き換え彼氏がイージーモード過ぎて…

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメント
  1. 1. 名無しさん  

    彼氏が不用心すぎる。
    「ケツ毛バーガー事件」を知らない世代なのだろうな。

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)