エロばな投稿作品集(その15)

閲覧数: 1,338 PV

※このエロ話は約 5 分で読めます。

こちらは当サイト(姉妹サイト含む)に投稿いただいた体験談の中で文字数などの関係で残念ながら掲載できなかった作品をまとめてご紹介するページです。※以前に投稿されたお話も溯って掲載していっております。

投稿者:popo&seyyou さん(男性・50代)
タイトル:知らないうちにトラウマに

昔々の話で、自分でも記憶に蓋をしていたようです。
実家は千葉県のマンモス団地と呼ばれる場所で結婚する迄(30代後半)実家住みでした。

小学5~6年の頃、私はクラスで一番小さく無口な子供でした。
そんな私と対照的に考え方も体も級友より先に成長した女子が4人いてコミュニテイを作っていました

その中の1人と隣の席になり、その子がなにかと私をかまってくれるようになりました。

(友達のいない私にはありがたかったので)頭をなでられたり膝にのせられたり、ほっぺを触られたり小学生にしてはかなり過激なスキンシップでしたし、他の男子の羨望もあったと思いますが、その子にも他の3人にも意見したり逆らったりできる子などいませんでした。
私も守ってもらっていた情けない状況でした。

他の3人もすぐ同調し2人がかり3人がかりフルメンバーで弄りまくられる様になりました。

そんなある日フルメンバーとプラス1人(5人目なのでエヴァ風にフィフスとしておきます)が私の家に来ました。

いつもジーンズなどでけしてスカートを穿かない4人プラス1人が示し合わせた(示し合わせたんでしょうが)ように超ミニスカートにタンクトップなどで登場しました。
今考えたら性的な興奮を誘っていたんですね、微笑ましくもあり末恐ろしくもありです。

「あそぼ~」などという甘ったるい声に誘い出され女子5人に連行される私…
周辺はかなり自然の残ってる状態で林の奥へ奥へと連れ込まれて(自業自得、嫌ならついていくなっていう話です)行きます。

木が倒れ座れる場所があり、そこで前屈みになったり木を跨いだり一生分パンツを見せて頂きました。
「◯◯ちゃんはこっち~」と父母や兄の呼び方で呼ばれ膝にのせられ過激なスキンシップ…
あれ?いつもよりすごい??

キスされたりチンコ触られたりヘロヘロと言う擬音がピッタリな状態にされました。
そしてフィフス(この子は言動も行動も乱暴)「脱がしちゃおーよ」
無口になる4人。

抵抗もできず半ズボンとブリーフを引き摺り降ろされ、Tシャツを脱がされ、痛い程勃起したチンコをガン見され5人がかりで弄られました。

女性でも性衝動がある事、またそれにかられた人と対峙する恐怖、ここでまず2つのトラウマが形成され記憶に蓋をしてしまったのだろうなと今思います。

また思い出しながら書き込みたいと思います。
フィフスにまつわるエピソードもあります。

 

投稿者:やまやま さん(男性・50代)
タイトル:フラッシュ脱毛露出

見られるのが好きな私は最近になってやっといいところを見つけました。
VIO脱毛です。

毛深いので剃毛をしていましたが、思いきってブラジリアンワックスへ行きましたが、やはり痛いので、ここ数ヶ月はフラッシュ脱毛に通っています。

ワックスに比べ、そんなに痛くなく、最初の数回はタオル生地のスカートようなエステ服に我慢汁をべっとりとつけてやるのが好きでしたが3回目くらいからタオルだけで良いですと言われ、不思議に思いました。

エステティシャンは40代の女性でマンションの一室。
陰茎と陰嚢は施術してくれませんが、根元のほうをわざと剃毛していかないので、電気カミソリでジョリジョリしてくれます。

この時点でローターを当てられている気分でFBになります。
その後はVIゾーンにジェルを塗ってくれます。

根元や蟻のとあたり付近を塗られるたびにわざと力をこめて勃起させると、タラタラと汁が出てきます。
常連になったせいか、「根元のほうはなるべく皮を引っ張ってやりますねー」と引っ張られるたびにさらにFBです。

フラッシュ脱毛事態はそんなに痛くないのでMの自分にとっては快感さえあります。
そして両面テープのようなものでペタペタしてもらい、最後にクリームを付け根まで塗ってくれます。

顔にタオルをかけられるのもM男にはたまりませんが、隙間からお姉さんがペニスの近くまで顔を近づけてガン見しているのがうかがえます。

決して竿やカリに触れることはないのですが、見られて塗り塗りされるだけで自分には健全露出なので病みつきになっています。

次回はバイアグラを飲んでから更にパンパンになったペニスを見せつけたいと思っています。

 

投稿者:遠野まずうち さん(男性・30代)
タイトル:昏睡レイプ!野獣と化した先輩

僕は大学生の頃、男子水泳部に所属していました。
部員は少なかったのですが、活気がありました。

その中に田所先輩という先輩がいました。
甲高い声が特徴的で、かなり泳ぎが速く、そしてとても面倒見がよく、後輩の僕にも優しく接してくれていて、僕も尊敬していました。

ある時、部活終わりに家に来ないかと誘われて、僕も予定がなかったし、先輩のことを慕っていて好きだったので、喜んで向かいました。

待ち合わせの場所に到着して、先輩と水泳の話などをしながら家に歩いていると、先輩は何故かやけにニヤニヤしているなと感じました。

田所先輩の家はかなり大きくて、屋上もあってすごいなーと思っていました。
「いいよ、上がって上がって」と促されて家に入り、ソファで色々、アドバイスなどを先輩から聞いていると突然、「まずうちさぁ、屋上あんだけど、焼いてかない?」と、日焼けの提案をされて僕も「いいっすね」と応じて、二人で屋上に行き、部活で使っている水泳パンツに着替えました。

田所先輩は身体つきがガッチリしていて、エロいなと感じていました。
二人でマットに横になり、暫く日焼けしていました。

先輩に「オイル塗ろっか」と言われて、オイルを塗ってもらいました。
でも、その時先輩は僕の乳首を触ってきたり、チンコを手で撫でてきたりして、僕は全くそういう気は無かったけれど、勃起してしまいました。

「硬くなってんぜ」「どんくらいオナニーしてないの?」など先輩に聞かれ、なんとなくエロい気分になりました。

勃起を収めたかったのですが、そう考えれば考えるほど勃起していき、ピクピクしてしまっていました。

オイル塗りを交代して僕が先輩に塗る番になると、先輩はチンコを触るように促し、僕は言われるがままチンコを触りました。

先輩はご満悦の様子でいました。
「気持ちよくなってきちゃった、もういいよ」と言われ、また二人で焼いていると、先輩に「喉乾かない?」と声を掛けられて「そうですね」というと、取ってくるといい、家に入って行きました。

しばらく後にアイスティを持って来てくれて飲み干すと、中入るかといわれ、立つとふらつき、意識がなくなってしまいました。

その後気がつくと、地下室に手を縛られて寝かされていて、先輩がパンツの上からチンコを舐めていまし…

 

管理人の戯言(´・ω・`)
続きは例のビデオで…知らんけど。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)