好きだった先輩にレイプされたトラウマで引きこもりに・・・・・・・・

閲覧数: 2,102 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

投稿者:ミユキ さん(女性・30代)
タイトル:好意を寄せていたサークルの先輩にレイプされました

大学1年の秋(冬だったかも?)、好意を寄せていた1学年上のサークルの先輩にレイプされました。

事件当日、私はその先輩の部屋で開かれた飲み会に参加していました。
飲み会の参加者は私と先輩の他に、女子の先輩が1人、同級生の男子と女子が1人ずつ、合わせて5人が参加していました。

私はあまりお酒に強くないのですが、大好きな先輩の部屋で開かれた飲み会ということでテンションが上がり、ついつい飲みすぎてしまい、しまいには酔いつぶれて寝落ちしてしまいました。

しばらくして目を覚ますと、部屋にいたのは私と先輩の2人きりでした。
他の3人は終電の時間が迫り、私を置いて先に帰ってしまったそうです。

私も終電の時間が迫っていたため、先輩に挨拶をして帰ろうとしました。
手元が狂って落としてしまった荷物を拾おうとしたその時です。
先輩がいきなり私にのしかかってきて、私は床に押し倒されてしまいました。

突然のことに驚いて抵抗したところ、先輩に強く首を絞められて、私は気を失ってしまいました。
目を覚ました時には、両手をガムテープで縛られ、口にタオルを押し込まれており、とても抵抗できる状態ではありませんでした。

輩は私が目を覚ましたことを確認すると、私を犯し始めました。
為中に起きたことはほとんど覚えていません。
ただ一つだけ、先輩に犯されながら「これで私の人生は終わりだ」と思ったことだけは覚えています。

先輩は行為が終わると私にあるビデオを見せてきました。
そのビデオには私が先輩にレイプされている一部始終が映っていました。

私は「もしこのことを警察に話したらこの映像をばらまくぞ」と脅され、この事件のことは誰にも話さないと約束してしまいました。
先輩は私に絶対に約束を守るよう強く言いつけると、ようやく私を開放してくれました。

大好きな人からレイプされたこの事件は私の心に消えない傷を残しました。
私はこの事件がきっかけで男性恐怖症になり、大学を半年間も休学したあげく、結局は退学しそのまま引きこもりになってしまいました。

今も男性恐怖症は改善しておらず、30代にもなって親の脛をかじる引きこもり生活を続けています。
あの日羽目を外してお酒を飲みすぎなければ」と後悔しない日はありません。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
信じられない男ですね。
でも本当にいますからね、そういう屑男…。
気を付けないといけませんね。

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)