女王様の私が真正変態マゾ男のために「黄金プレイ」について語っていく・・・・・・・・

閲覧数: 1,469 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

タイトル:私のとっておきの話、黄金好きなど変態なM男を調教した時の話を聞かせてあげる

真正変態マゾ男の皆さんこんにちは。
女王様にイジメられることを至上の喜びとしている皆さんの中でも、黄金プレイは未体験、という方も多いのではないでしょうか。

SM調教経験済のM男のうち、黄金プレイを経験したことがあるのは4人に1人程度だそう。
唾液や聖水までは喜んでいただくことができても、黄金はちょっときびしい…という男性がやっぱり多いみたいです。

黄金プレイのやり方としては、
・顔や体の上に黄金を出していただく
・身体に塗り広げる(塗糞)、アナルに入れる
・口やお皿に出していただいた黄金を食べる(食糞)
といったものがあります。

興味はあってもなかなか実際のプレイには踏み切れないというM男も多いでしょう。
黄金プレイの魅力とは?
今回は、女王様からお聞きした、黄金好きなM男との濃厚な調教体験談をご紹介します。

まだまだSM経験の浅い若い男の子と初めて黄金プレイをした時の話よ。
調教されるのは私がほぼ初めてらしいのだけど、いつも一生懸命頑張って命令に応えてくれるの。

「女王様の黄金を食べさせていただきたいです!」

最初から聖水や黄金への憧れがあったようでそう言われたわ。
そして3度目のプレイの時にいよいよ黄金調教をしてあげることに。

いつも通り全裸で挨拶をさせ、まずは四つん這いにして鞭を打ったり言葉責めしながら、たっぷりイジメてあげて…
エナメルのTバックを身に着けたまま、顔面騎乗でお尻をぐりぐりと押し付ける。

「私の黄金をもらうことを想像して勃起してるの?いやらしい子ね。乳首まで硬くなってるわよ。ほら、何が欲しいか言いなさい」と乳首をいじってやると
「女王様の黄金が欲しいです。お願いします」と懇願するM男クン。

期待と興奮が高まってきたのを感じ、「いい子ね。ちょっと待ってなさい」と身体を離して、Tバックを脱ぐ。
用意してあった浣腸を入れゴム手袋を装着。
ブルーシートの上に仰向けで寝転がってるM男クンのペニスはしっかり勃起している。

再び身体の上にまたがると、M男クンにアナルを見せつけ
「今からお前は便器よ。あぁ、出るわ、喜んで受け止めるのよ」
そう言った次の瞬間勢いよく浣腸液が放たれ、それから茶色いチョコレートのようなウンコがムリムリと出てきてM男クンの胸に落ちた。

黄金は当然ニオイがあるので、初めはやっぱり無理、となってしまう人も多いのだけど、M男クンのペニスはビンビンのままで息も荒くなっていたわ。

「便器になった気分はどう?」
黄金を身体に塗り広げてあげながら聞くとうっとりした顔で
「嬉しいです、女王様の身体から黄金が出てくるのを見て興奮しました」
そう言うM男クンの口に、黄金のついた指を突っ込んであげた。

少し苦そうな顔をしながらも必死に舌で舐め取るようにして味わうM男クン。
「私の出したものなら何でも喜んで食べなきゃダメよ。お前はどうしようもない変態奴隷なんだから」
「はい、ありがとうございます、私はどうしようもない変態奴隷です…」

それからアナルを舌で掃除させながら、ペニスを扱いて射精させてあげたわ。

 

続きを読みたい方は以下からどうぞ!

女王様が語る!黄金好きなM男との濃厚な調教体験談!

引用元:女王様とお呼び!

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)