射精管理してるM男(50代)を隣の女子大生たちに寝取られました・・・・・・・

閲覧数: 2,245 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:KK さん(女性・20代)
タイトル:射精管理

私は一緒に住んでいるM男の射精管理をしています。
もともとは自分のS性に気づいていなかった女子でしたし、歴代の彼氏もMじゃなかったんですが、マッチングアプリとかSM掲示板とかでM男と出会っているうちにだんだん自分のS性に気づいていきました。

M男がかわいいし、いとおしいと感じているレベルです。
私はMと一緒に同棲しています。
出会い系で色んなMと出会った結果、今一緒にいるMに決めました。
一緒に暮らしている生活ですが、性的な主導権が全部私というだけで基本的には普通の同棲だと思います!

Mは50代の男で働いています。
昼間はMの股間に貞操帯をつけて管理しています。
勃起するのも許さないキチキチの貞操帯で、自分でチンコを生ではいじれません。
おしっこはできる仕様で、鍵はもちろん私がもっている一個のみ。

オナニーも禁止です。
というのも、私が基本的に超絶ヤキモチ焼きで、オナニーで放出する精子も、ほかの女にハメて出す精子ももったいないと思っちゃうんです。

精子って子供になるじゃないですか?
無駄にするのが絶対に嫌で、好きな相手の精子は全部私のなかに入れたい願望がなぜか強いのです。
だから、溜めに溜めた精子は私がフェラで飲むか、セックスで中出しさせます。
まだ子供は作らないけど、好きな相手の精子は全部私のモノ!って発想です。

帰宅後は私のその日の気分によってアパートの窓を開けながら、ご近所や通行人に丸見えの状態でフェラしたりします。
Mをガラス戸に張り付けて、アナルを攻撃したりもします。

私たちが住んでいるのが学生街で、隣に住んでいるのも女子大生なのですが、お隣が帰ってきたら、Mのよがり声が響くほど気持ちい~い快楽責め。
乳首とかアナルとかチンコのイキ寸止めとかを繰り返して、「あぁっ」という喘ぎ声が隣に筒抜けになるほど責めちゃいます。

あとは人間家具にして、顔面騎乗のままスマホをいじったり、youtubeを見たりします。
性玩具でもあるので、手足を拘束して動けないようにさせたまま、延々三時間クンニをさせることもあります。
おマンコがとろとろ過ぎて、クリの皮がむけそうになったこともあるほどw
あとは、人間バイブにして、チンコを私の好きに入れて性欲を発散したり。
言いなりのMとの生活は楽しくて楽しくて。

そんなある日、事件が起きました。
一緒に暮らしているMを寝取られたんです。
私が出かけて戻ってきたらMがいないんですね。
おかしいなと思ったら、隣の女子大生の部屋のドアが開いているんです。
普通、玄関のドアを開けっぱってしないじゃないですか。
それが開いてて、しかも女の子複数人の笑い声が聞こえてきました。

「きんもー」
「うっわ最悪」
「このおやじ最悪」
「気持ちいいの?こんなことされて感じてるwww変態氏ねwwww」
とかいう声も。。

私はこっそりのぞいてみました。
そこには女の子たちにおもちゃにされているMの姿が・・・・。
JD1「このおやじまじで虫だわ」
JD2「見てみて!チンコがフル勃起できないでつぶれてるwwwwww」
M「うぅ・・・うぅ・・・」
JD2「痛いの?チンコ痛いの?」
M「は、はい・・・・痛い・・・です」

貞操帯のなかでチンコが勃起しようとしているらしいのです。
JD3「受けるwねえ、こいつ動けないようにしていろんなことしてみようよ」
JD1「私、手足縛るわ」
JD2「私、顔に座って動けないようにするw」
JD3「呼吸管理wwww」

Mは女の子たちの肉玩具として、乳首、貞操帯越しのチンコに唾吐き、口のなかに唾を吐かれる人間痰ツボ・・・そしてお尻をスパンキングと蹴り、金蹴り、くすぐり・・・・・

もてあそばれています。
私はその場に立ち尽くしていました。
そしてものすごく悲しくもあり、気持ちよくもあり、イキました・・・。

寝取られの快感を知りました。
おもちゃでやられ放題したMは最後、チンコを触ることなく射精しました。
一人のJDの顔にかかってしまいそこからまたフルボッコ・・・・・・・・。

「あ、すみません、お借りしちゃいましたぁ」
お隣さんは私に気づき、わざとらしく微笑みました。
その後、犯されたMを自宅に連れて戻り、私の人間バイブにしてやりました。

「ほら、私とあの子たち、どっちが気持ちいいのかいいなさい」
と訊くと、口ごもったので廃棄する日も近そうです。

また別のM男を探します。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
Mはもう戻ってこないかもね…


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)