ワイ探偵、浮気調査をしてたら調査対象の若妻にバレた結果・・・・・・・・

閲覧数: 2,997 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:タクゾー さん(男性・30代)
タイトル:探偵の仕事での丸秘体験・・・

私はとある探偵事務所で6年間探偵をしていた。
探偵の業務は幅広く、ありとあらゆる依頼が舞い込んでくる。
それは1日で終わるものもあれば何か月も掛かる依頼もある。

私が働き始めて3年目の9月の紅葉の初めの頃に、20代の男性が「妻の浮気調査をお願いします」と依頼して来た。
浮気調査は結構長く掛かる事が多く、内心嫌な気持ちだったが仕事上断る事も出来ず、依頼を受け調査に動いた。

女性は由里子という名で同じく20代の清楚なロングヘアーの美人であり、既婚者とは思えない容姿をしていた。
初日は何も怪しい事も無く、浮気は夫の気のせいではないか?と疑問に思いだした頃だった。

10月の中旬に由里子は同じ年代の男とランチをしていて、怪しいとは踏んだものの友人や仕事関係の人だとまずいと思い、しばらく調査しているとその日を皮切りに毎日のように会っていたのでいよいよ何か起こるような雰囲気が出ていた。

10月下旬にはついに男の家に行ったり、ラブホテルに行くようになり夫に伝える準備をしていた時だった。
いつものように調査をしているといつものホテルにも男の家にも飲食店にも由里子はおらず、気付かれたのかと考えていると車の窓を叩く音がし、勝手に誰かが乗り込んできた。

「誰ですか?」と振り向くと後部座席に由里子が乗っている。
こちらは唖然としている中、心の中は気付かれたという思いで冷や汗がダラーッと垂れてきそうだ。

そんな中で由里子は「いつも私たちの事見てましたよね」と言ってきたのでもう心臓は破裂寸前だった。
すると、由里子は「夫に依頼されたんでしょ?」と聞いてくる。

依頼情報は答えられないので「いいえ」と言うしかないが、由里子は気づいてたらしく、「いいえ、わかってるんです」と言ってきた。

この状況をどうしたらいいか考えていると由里子は車を降り助手席に乗ってキスをしてきたのである。
由里子は少し離れた県にあるホテルに連れて行ってくれと頼んできた。

しかたなくホテルに向かい、到着すると「一緒に来て・・・」と私の腕を掴みホテルに無理矢理連れ込まれた。
由里子はホテルの部屋に入るなり、いきなり全裸になり「私の身体は・・あなたのモノよ・・」と囁き再びキスをしてきた。

向こうは強引に舌をねじ込んで、私のスーツを脱がして全裸にされた。
由里子はキスが終わると、私のちんこにしゃぶりつき、チュパッチュパといやらしい音を立てている。

由里子は舌でレロレロしてきたりと、私も昇り詰める寸前だった。
すると、口を離し由里子は「私を抱いて」とベッドに横たわり待ち受ける状態だった。

ここまでされると、もう理性は止められない由里子のCカップぐらいのおっぱいにしゃぶりつき、揉んだりした。
乳輪は綺麗なピンクで若いだけあってハリもあり、舐めているとすぐに乳首は勃起し、「マンコもグチョグチョになってきたから触って・・・」とせがんでくる。

マンコを触ってやると、もう愛液が滴り落ちてグチョグチョでマン毛もぐっしょり張り付く程に溢れていた。
「どんなに性欲が強い女だ!」と心の中で思いながらも、興奮はしてきていた。

グチョグチョマンコを舐めてやると、「ア・アウッ・・イイ・・そこが・・・・イイッッッ・・アン」と呻きだした。
自ら乳首を捏ねたりして、イキ狂っていた。

ちんこを入れてやると自ら腰を揺する等いやらしさ全開であった。
この後「絶対に内緒ですからね・・」と言われ仕方なく黙っていてやる事にした。
その後あの夫婦はどうなったのか?少し気になるものです。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
簡単に買収されてる…w


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)