エロばな投稿作品集(その7)

閲覧数: 1,288 PV

※このエロ話は約 7 分で読めます。

こちらは当サイト(姉妹サイト含む)に投稿いただいた体験談の中で文字数などの関係で残念ながら掲載できなかった作品をまとめてご紹介するページです。※以前に投稿されたお話も溯って掲載していっております。

投稿者:AV男優もどき さん(男性・30代)
タイトル:セフレは元グラビアAV女優

私には今でも大切なセフレがいます。
その娘は篠崎愛(以後Sちゃんと呼びます)似で、とある出会い系サイトで知り合いました。

しばらくサイトでやり取りをした後、実際に会う事になり、渋谷のとあるカフェで会いました。

しばらく世間話をした後、Sちゃんが、もう少し踏み込んだ話をし始めました。
Sちゃんは元グラビアアイドルで、そこからAV女優としても活躍し(その時はグラビアもAV女優も引退していた)、実はセフレ探しが目的で出会い系に登録し、私にセフレになってほしいと頼んできました。

当然私はOKと即答し、そのままカフェを出て、近くのホテルに向かいました。

ホテルでSちゃんは自らのグラビア写真や出演作品を見せてくれました。
Sちゃんの作品を堪能した後、お互い次の予定があって、時間的余裕があまりなかったので、服を脱いでシャワーを浴びました。

さすが元グラビアだけあって、色白にDカップのナイスボディでした。
さっさとシャワーを終えて、バスローブを羽織って、ベッドに向かいました。

Sちゃんをベッドに寝かせ、バスローブを脱がし、おっぱいを揉みながら、手マンをしながら乳首を舌で責めました。
一度に2箇所を責められるのがよかったのか、Sちゃんはその度にエロい喘ぎ声をしました。

Sちゃんをたっぷり責めた後、Sちゃんが、
「今度はあたしがやってあげる?」
と言って、私の極限まで大きく硬くなったチンポにゴムを付けてから、潤滑ゼリーをたくさん含んだ手で、手コキを始めました。

これがたまらなく気持ちよかった。
そのままSちゃんは私の上に跨り、騎乗位から本番を始めました。
AV女優としてたくさんセックスしてきたからか、思ったより簡単にスムーズに奥まで入りました。

「あ~ん あ~ん チンポ大きい~ 気持ちい~」

SちゃんがAVさながらの喘ぎ声をあげる。
しばらく騎乗位をしてからSちゃんをバックで突き、最後は正常位で大量の精子をゴムの中に放出してフィニッシュしました。

本番終了後、しばらく抱き合っていると、
「今日はありがとう。あたしを気持ち良くしてくれて。あなたとのセックス最高だったわ。これからもセフレとして、いっぱい気持ち良いセックスしようね」

晴れて、Sちゃんのセフレとして認められ、私の喜びはマックスに達しました。
今でもSちゃんとは一ヶ月に数回のペースで会って、AVでしかできない、様々なプレイを楽しんでおります。

 

投稿者:エロばなちゃんネルゥ さん
タイトル:【3P】中3の頃、男1人女1人でキャンプに行ったら…

中3の頃、同級生の女子2人とキャンプに行った時でした。
女子の名前は、香奈恵と優菜と言います。

いきなり夕方の話ですみませんが…
香奈恵と僕は晩飯のバーベキューの準備をし、優菜はキャンプ場の売店で薪を買いに行っていました。
そんな時、、、

香奈恵→「優菜ってほんと可愛いし天然だよね~私に比べても美人だしー」
僕→「そうかな、香奈恵も優菜も美人じゃん」
香奈恵→「☆☆(僕)はどっちが好き?」
僕→「どっちもだよ。ずっと友達としていてくれるいい人だから」
本心(どっちかっつったら香奈恵…)
香奈恵→「そっか、まあそうだよね~」

そこで優菜が帰ってきた。
優菜→「はぁ、疲れた。いい薪買ってきたよ。早くお肉食べたい~」
バーベキューも終わり、テントで寝転んだ。
すると、香奈恵が急に僕の股間を直で触ってきた。

僕→「ちょっ、何!?」
香奈恵→「本当はちょっと私の方が好きなんじゃ?」
僕→「なんで分かったの?」
香奈恵→「さっき照れてたから、そうかなぁって…エッチ経験ある?」
僕→「無いよ」
優菜→「何の話してるのぉ?」
香奈恵→「あ、じゃあ3人でエッチする?」

香奈恵は異常に上機嫌に。

優菜→「私生理中なんだけどぉ」
香奈恵→「じゃあおっぱいを何かしたら?」
優菜→「あぁい」

香奈恵も優菜も服を脱ぎ始めた。
香奈恵が僕をチラッと見てから、僕は服を引き剥がされた。

僕→「ちょっと、勝手に脱がすなよ」
香奈恵→「めっちゃ勃ってるじゃん」
優菜→「うわぁほんとだ」

香奈恵は、僕のチ??こをマ??こに誘導した。
香奈恵→「挿れて?」
僕「はい」

僕は香奈恵のマ??こに挿れた。
そして優菜の胸を揉んだ。

香奈恵→「あんっっ、いあぁっ、うぁん!」
優菜→「ああぁっ」

腰を上下させ、優菜の乳首を舐めた。
右で舐め、左で揉みまくった。

香奈恵→「あぁん!気持ちいっ、ぅあっ、いっ!」
すると僕の身体を電気のような快感が貫いた。

力が抜け、チ??こもマ??こから抜けた。
すると僕のチ??こから精液が大量に出てきた。
香奈恵はニコッと笑って何事もなかったかのように着替えた。優菜も。

僕はこれで童貞取られました。
あとで聞きましたが、香奈恵は3回目だそうですw

 

投稿者:エロピカさん(男性・30代)
タイトル:【妄想】女友達を下着姿で失禁させる

妄想

一人暮らしの女友達の家に行く。
女友は長身でスタイルが良く美白。
楽しく食事し、女友が酒に酔う。
エロい雰囲気になり、俺と女友が抱き合う。

Cカップぐらいのおっぱいを揉み気持ち良く感じさせる。
スカートに手を突っ込みパンツ越しに手マンする。
パンツの刺繍の感触がたまらん。

パンツが湿るまで擦り続け、ビクンッ!とイッた。
パンツをずらしてアソコに指を入れると、愛液が溢れヌルヌルしている。
酒を飲み過ぎたからか、女友は尿意を催した。

トイレには行かせず我慢してもらい、下着姿になった。
可愛い花柄の刺繍が入った青色の下着が上下セット。
下着姿のまま、全裸になって仰向けになってる俺の股間に跨がってもらう。

そこでパンツ越しの素股。
女友のパンツの繊維と刺繍が俺のアソコに擦れて超興奮する!
女友は気持ちよく喘ぎもう一度イク!

イッたら女友が「俺君、オシッコしたい、出ちゃいそう、漏れちゃう!」
俺「いいよ、俺の股間にかけてくれ」
女友「やだ、恥ずかしいよ。汚いよ」

俺は女友のお尻を抱えもう一度素股でイカせた。
昇天した女友は勢いよく失禁し大量の尿を漏らした。
俺の股間は女友のオシッコをモロに浴び、花柄刺繍の青パンツが汚れる。

オシッコのアンモニアが部屋中に漂う。
恥ずかしさのあまり赤面し両手で顔を覆う。
俺は女友を抱きしめ「オシッコ出す女友ちゃんも可愛いよ」女友に下着を脱いでもらい全裸になった。

パンツは先程の失禁でビショ濡れで、クロッチ部分にはオナニー跡がある。
女友「俺君、私の中に入って」生で挿入、温かい、締まりがいい!
正常位→バック→騎乗位→座位→正常位

女友「あっ!いい!気持ちいいよぉ!イクッ!イクッ!」
俺「中に出していい?」女友「いいよ、中に出してぇ!!」
俺「俺もうイク!」女友「あああああっ!!!!!」

女友の膣に射精し、俺の精液がトローッと滴る。
行為が終わった後、俺は女友とキスをした。
風呂場へ行き、仲良くシャワー浴びた。

 

投稿者:YMさん(女性・20代)
タイトル:男子に

私の通っていた中学では体育が男女別ではありませんでした。
ある日の体育の授業が始まる前にちょっと悪目の男子が固まって話をしているのが見えました。

特に気にせずにいたら私の方に寄って来ました。
そしていきなり短パンをショーツもろとも下ろされてしまいました。

直後は事態を把握できなかったので5秒くらい他の子達にお尻を見られてしまいました。

 

投稿者:スリーサイズさん(男性・10代)
タイトル:裸授業

これは僕が中学2年生の保健の授業でのことです。
その時の授業は、性器のつくりなどでした。
先生は、男子1名女子1名指名して、前に立たせました。

男子は、タツキが選ばれ、女子は、イズミが指名されました。
先生『上全部脱いで』といってタツキは躊躇することなく脱ぎました。
でもイズミは脱ぎません。
なので先生が強制的に脱がせました。

イズミは成長がはやく、胸が大きかったです。
先生『次はパンツだけにして』といって今度は両方すぐに脱ぎました。
『最後に全部脱いで』と言われてタツキは躊躇することなく脱ぎました。
ちんこがとてもでかく、12センチ位ありました。(通常時)

一方イズミは多少躊躇しましたが、自分から脱ぎました。
イズミは毛は生えてなくて割れ目がくっきりと見えました。
さて授業開始だ!
まずタツキのちんこをさしてテレビに映し出しました。

タツキはちんこの皮がむけているので亀頭が丸見えでした。
しかし恥ずかしがることなく見せていました。
次はイズミの番です。
まんこがテレビに映し出されイズミは恥ずかしそうに顔を赤くしていました。

次に割れ目を広げられて膣や尿道の入り口や、クリトリスを見せられ、悲鳴を上げました。
最後は余談としてコンドームの付け方とちんこの挿れ方を教えました。
もちろんタツキとイズミがやりました。

タツキはワクワクしていましたがイズミは怯えていました。
そしてついにタツキが挿れ始めイズミは『んっ!』といって笑顔になりました。

タツキがピストンを始めて教室中にパンパンという音が響きました。
数分後にタツキが『イキソウ!』といってイズミの膣内に射精してイズミは『あ~あ~いや~』と言いながらも気持ちよさそうにしていました。

そのあとイズミは妊娠してタツキと結婚しました。
3年に上がる前に出産しました。
女の子だそうです。

タツキは出産に立ち会いイズミは『あ”~あ”~痛い。ぎゃぁ~膣が裂けそう』と言いながら無事出産しました。
今は学業と子育てを両立しながら頑張っています。


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)