エロばな投稿作品集(その5)

閲覧数: 1,338 PV

※このエロ話は約 7 分で読めます。

こちらは当サイト(姉妹サイト含む)に投稿いただいた体験談の中で文字数などの関係で残念ながら掲載できなかった作品をまとめてご紹介するページです。※以前に投稿されたお話も溯って掲載していっております。

投稿者:美由紀さん(女性・10代)
タイトル:中2の時Mの私は弟にお尻を叩かせていた

私は、中学2年生ごろからいわゆる『M』に目覚めていて誰かにお尻を叩かれたいと思っていました。
そして私は、お尻を叩かれるために小学3年生の弟を利用してしまったのです。

私は、わざと弟に嫌がらせをして母親に「弟にも謝りなさい!」という謝る口実をもらいました。
そして次の日、母親が仕事に出かけている隙に弟にこう言いました。

私「昨日は、いやがらせしてごめんなさい。お母さんが弟は私のお尻ペンペンして反省させなさいって言ってたからお尻を叩いて」

今思うとバレバレの嘘ですが小学3年生の弟には、見抜けるはずもなく本当だと信じていました。
そして私は、弟の前で下着だけになって四つん這いになった恥ずかしさでとてもドキドキしていたところを突然
バチンッ とお尻に電気が通ったような痛みが走りました。

弟「お姉ちゃんが嫌がらせしたのが悪いんだよ!」
弟は、その小さい体で私のお尻をたたき始めました。
私が痛みで泣きそうになりながら悶えてるところを弟は、こう言いました。


弟「ごめんなさいは?」
痛みで喋れない私に弟は謝罪を要求しました。

私「ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさい」
泣きながら謝罪する私を前に弟は、どんどん強く叩いてきました。

弟「ダメ!もっと反省して!」
そして私は、半分土下座のような姿勢になりながら
私「す“い”ま“せ”ん“」

みっともなく謝罪をしていました。
こうして数十回目ぐらいでその手は止まり私が、泣きながら真っ赤になったお尻を抑えているところに弟はやって来てこう言いました。

弟「もし僕の言うこと聞かなかったらこの事学校のみんなに言うからね」

こうして私は、実質弟の奴隷になりました。
毎日弟の宿題をやり、弟の友達の前で一発ギャグをやらされたり、怒っているときにはお尻を叩かれたりなどひどい有様でした。

弟は、なんでも言うことを聞く奴隷ができたためどんどん調子に乗っていき今ではほぼ毎日お尻を叩かれています。

さらに、はじめは下着姿で叩かれていたのですが今では全裸で、お尻を叩かれたり、ショーツを頭に被りながらお尻を叩かれていてとても気持ちのいい毎日を送っています。

 

投稿者:ピコピコドンさん(男性・30代)
タイトル:幼なじみの女の子2人と、初体験した話

僕が中1の時のお話。
僕は、友達が多かった。
しかしそのほとんどが男だった。
女の子は、6人ぐらいだった。

ある日の放課後 自分は何気なく、自宅に帰ってきて、ゴローンと、ジャンプ読んでたらインターホンが鳴った。
ドアを開けたら女の子2人がいた。
この2人は特に仲が良くて、小学生の頃キスもした。
一応頭文字を取ってmとhとしとこう。

mとhを部屋に上げて、自分は、
「トイレ行ってから来るわ」
と言って、トイレで余をたしていたらmとhがドアを開けて、自分を息子を見てきて、
「お前のちんこデカくね?」
と言ってきて、自分の息子を慌てて隠したが時すでに遅し。

そのまま2人にズボンを脱がされ、自分の部屋まで連行された。
そしてhが自分のちんこをしごいてきて、2人は、上半身裸になった。

mは、おっぱいがデカくてふざけ半分で触ったこともあった。
mは、「おっぱい揉んで」って言って断ったら、「いいから揉んで」って言われたから揉んだら、喘いで、hもそこそこ大きかったから、「揉んでいいよ」って言って2人のを触った。

乳首を触ったら喘いで、僕は、そのふざけ半分で揉んだなとは全然違う気持ちだった。
そして自分のちんこをmがくわえてきて、フェラしてきた。mは、「もういいや、セックスしよ」って言ってhも賛成して、僕はその後クンニしたりして、hが、「m?もう挿れない?」って言ってきて、mが「いいよ」と言ってきた。

僕は、「いいよ、ここまで来たから」と言った。
そしてジャンケンで、mが、先に挿れることになった。
2人は、全裸になって自分も全裸になって、まんこにちんこを入れた。

腰を振ってきて、mは、「アッ…アッ…」と、ピストンするたびに喘いできた。
自分も腰を振ってセックスした。
するとmが、「中に、出せるなら出して」と言ってきた。

自分は、出せるようになっていたから、mに「出すよ」と言って、もっとスピードアップした。
mが「イクッ イクッ」と言って、自分もイキそうになってたので、そして、mが「アッ…アアアアッ」と、僕は、中に出した。

hが、次に入れてきて、hのまんこは、キツキツだったから、めっちゃ気持ち良かった。
向こうも喘いできて、自分も喘いだ。そして、「中に出して」と言って、お望み通り中出しした。

その後何回か交互ににやり合って、向こうが「帰らなきゃ」と言って、帰っていった。
だけど去り際にmが「今度は2人でやろうね」といったのが記憶に残っていた。

それからmは、中2から、付き合って、高校も同じところ受けて、進路が同じだったことから、mが大学を卒業したら、結婚した。

今現在、この家の同じ部屋にいる。
あの事は、mに聞いても、「あれだけは、覚えてる」と言っていた。
hに関してはmの友達としてたまに会うことがある。

とな感じで、自分の初体験の話でした。
好きなところでお抜きください。
これは、本当にあったことです。
妄想しながらでもどうぞ
それでは、またいつか

 

投稿者:優美さん(女性・30代)
タイトル:通行料代わりの下着確認と輪姦

私が中学2年の時です。
住んでいた地区もDQN地区で通っていた中学DQN校で有名でした。

校舎は美術室、音楽室がある旧館、職員室がある本館、教室が多い新館の3つがあるのですが、校舎間の移動時にDQN男子による下着確認があり、それを拒否すれば通れないので、女子は半ば強制で下着を確認されます。

男子に下着の色を聞かれ、答えた後にウソを言っていないか確認されます。
もちろんブラウスのボタンを男子に外されますし、スカートも捲られます。

ハーフパンツを履いていたら、ハーフパンツも下ろされます。
言った色と着けている色が同じだったらOKで、言った色と着けている色が違うとチンチンを触るか、アソコや胸を触られます。

私は正直に言って、下着を見られる事にしていたのです。

ある日、DQN男子に下着の色を言い下着を見せたのですが、色が複数の男子が嫌いな色だったそうで、男子トイレに連れ込まれ、輪姦されました。

処女だった私は痛さで叫んだのですが、叫んだのも気に食わなかったようで、ゴムありだった男子がゴムを外し、生で挿入され、中に出されました。

妊娠はしませんでしたが、思い出したくないのに思い出します。

 

投稿者:n.nさん(女性・10代)
タイトル:私の学校

これは私の中学校であったことです。
私にはひとつ上の姉がいて発育がとても良かったです。
そんな姉から聞いていた話があり、体育教師のTによる性教育の一環の銘打ったsexを無理矢理されることです。

3年生になると行われるようで姉もされたと言っていました。
姉が卒業し私は3年生となりました。
私は姉から話を聞いていたためとても不安でした、、、

姉の話によると部活単位で行われ尚且つ発育のいい人からヤられるとの事でした。
部活単位という事に引っかかっていましたがそれはいきなり現実となりました。

部活ごと使う更衣室は決まっているので更衣室で無いことは想像がついていました。
ある日の部活に体育教師のTが来ていました。
するとTは私のいる部活の3年生だけをある一室に連れていき性教育だといい私たち3年生7人を裸にしました。

するとTも裸になり、「お前たちにsexを教えてやる」といい7人の中で1番発育の良かった私から順番にヤると言われ私は抵抗する間もなく挿入されました。

全身に電気が走り体は熱くなりました。
そこから先の記憶がなく気づいた時には中出しされていて他の子がヤられていました。

私たちの部活が最初だったようで、周りから話を聞くまではまだヤられていないのだと思っていました。

そこから性行為に対するトラウマが植え付けられ男性器を見るとあの日のことを思い出してしまいヤれなくなってしまいました。

オナニーをする時もあの日までは男性器を想像すると気持ちよくなっていましたがあの日以降男性
器を想像すると気持ちよくなれなくなりました。

だから今は姉と一緒に行うことにしています。
(レズビアンではありませんが)

 

投稿者:ペン四郎さん(男性)
タイトル:双子の妹と、、、

僕には双子の妹がいます。
スタイルよし、頭脳よし、顔よし、胸もよしと言った感じです。
2人の仲は極めて良く、勉強も部活(陸上)も一緒に行っていました。

そんなある日、妹から、「(名前)の体見てみたいwww」と言ってきました。
流石にヤバいと思い、「(妹の名前)!何言ってんだよ」と言いました。

が、妹は「私だって男の子の体に興味あるし(名前)だって女の子の体に興味あるでしょ?」と言われ、反論できずにいました。

妹は、「父さん達がいない日に見よう!」と強引に話を進めてしまいました。
僕も妹の体に興味がありましたが、妹の口から言われるとなんとも言えない感情でした(笑)

妹の会話から3週間後、父は出張、母は祖母の介護で家には僕達双子のみになる事がわかり、妹が「その日私の部屋ねっ!」とウキウキした口調で言ってきました。

そして、当時の昼妹の部屋に連れ込まれました。
「脱ぐよ!」と妹は言うものの僕は少し戸惑っていました。

すると妹は「兄妹なんだから」と言って僕の服を脱がせてきました。
そのノリで僕は妹の服を脱がせました。

2人とも全裸になって少しの間お互いの体を見つめあったので、「もぉおしまいよね?」と妹に聞くと、
「せっかくだから69しようよ!」と言いベッドに倒れ込み妹は僕のギンギンの一物を思いっきりしゃぶり始めました。

妹から「早くおマンコ虐めて、、、」と言われたので思いっきりしゃぶりつきました。
僕は妹の口にザーメンをぶち込み、妹は僕の顔に愛液を放ち、なかなかカオスな状況になりました。

その後はゴムをつけてsexし、ゴムに溜まった精子は妹が飲むということをしました。
この日以来兄妹でありながらセフレでもあるという奇妙な関係になりました。

 


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)