コンドームの訪問販売が上手くいかず実演販売に切り替えた結果・・・・・・・・

閲覧数: 7,840 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

投稿者:レイナさん(女性・20代)

20代後半の女です。
諸事情により働いていた会社を退職し、転職活動をするもなかなか見つからず、ようやく派遣の仕事にありつくことができました。

内容は訪問販売ということでしたが、詳しいことは聞かずに入社しました。
初日に出社した時に、扱う商品がコンドームと分かり驚きました。

上司から一通り説明を受けると、いよいよ営業に出発です。
毎日必死に駆けずり回りましたが、成果は全然上がりません。

私が元々口下手なのはありますが、コンドームなんか売れる訳がありませんでした。
とはいっても実績を報告するたびに、上司からは出来の悪さを叱責されます。
契約の更新が迫り、このままでは首になる勢いでした。

どうすれば買ってもらえるかか悩んでいた時、いいアイデアを思いつきました。
実演すればいいんだ。
手コキで立たせて、ゴムをつけて入れさせればうまくいくかも。

翌日、早速実践しました。
いつも通り、商品の説明をしますが手ごたえはありません。
いよいよ切り札を出す時がきました。

「このコンドームのつけ心地を試してみませんか?」
「えっ」
「私のオマンコで確かめてください。」
「いいんですか」
「もちろんです」

そう言うと、玄関先から室内に入ります。
寝室に案内されると、相手のパンツを下ろします。
既に勃起していました。

コンドームを装着すると、スーツのスカートをたくし上げ、パンツを脱ぎます。
ベッドに寝てもらい、いよいよ挿入です。
「失礼します」
チンコをつかみ、ゆっくり腰を沈めます。

セックスが好きで、騎乗位には自信があります。
グラインドやピストン運動などあらゆるテクを駆使して責め立てます。

10分ほど経った頃でしょうか。
「イクッ」
その声とともに射精をしたようです。

チンコを抜き、コンドームを外します。
「気持ちよかったですか?」
「うん。久しぶりだったからね。」
「いくらなの?」
「購入して頂けるんですね。」

このやり方を取り入れて以来、売れ行きは格段に良くなり、社内でトップの成績を残すようになりました。
同僚からコツを聞かれますが、オマンコで稼いでいるなんて答えられません。
真似されてライバルが増えると困りますからね。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
風俗で働いた方が稼げそうな気もしますが…w

Twitterで更新情報を受け取ろう!

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。