【棚ボタ】俺の親友に告ってフラれた後輩が「一人で居たくない」と言い出した結果・・・・・・・・

閲覧数: 3,931 PV

※このエロ話は約 10 分で読めます。

大学4年の頃の話。 当時所属してたサークルに、3年次編入生の女の子が入ってきた。
蛯原友里をちょっと幼くした感じの顔立ちだったから、名前はユリってことにしとく。

身長は165cm前後ってとこで、すごく細くて本当にモデルのよう。
髪はダークブラウンのストレートで、長さは肩にかかるくらい。

これだけルックスに恵まれていながらすごく人懐っこい性格で、すぐにサークルの人気者に。
かわいい子がこぞって入るようなサークルじゃなかったから、男どもなんか大騒ぎですよ。

俺は当時就活中だったけど、ユリみたいなきれいな子を引き留めとくと、
来年以降の新入生の勧誘に強いってことはわかってたから、何人かで遊んだり呑みに行ったりしてた。
早いとこサークルに慣れてもらうために。

いやそりゃ個人的にも仲良くなりたいってのはあったけど、あわよくばってのはなかった。
彼氏いたし。うちの大学の男ではなかったけど。
そんなこんなでサークルにも馴染んできた頃、練習後にユリとしゃべってたときのこと。

「藤井さん(俺)、ちょっと相談したいことがあるんですけど、空いてる日ありませんか?」
「あーじゃあ○日は?講義終わってからメシでも食べに行く?」
「いいですよー!楽しみにしてますねー!」
「あ、ちなみにどういう相談?他に誰か誘った方がいい?4女とか誘う?」
「や!藤井さんくらいにしか話せないことなので!」
「ふーん。深刻なことじゃないといいなー」
「深刻ってゆーか…えと、その…」
ちらちらと周りを気にするユリ。
どうやらサークルの他のメンバーには極力聞かれたくない内容らしい。

「なに?なんか嫌なことでもあった?」
「あの…実は、気になる人ができちゃって…///」
「え!うちのサークルで!?だれだれ?」
「しー!藤井さん声おっきいから!」
「あ、ごめん。あれ?でもユリちゃん彼氏いるんでしょ?」
「うー…その辺も含めて、後日ちゃんとお話しします…」

ちょっとつついたところによると、ちょいちょい何人かで遊んでるうちに、 気が付いたらもー気になって仕方がなくなっちゃったのだそう。
ちょいちょい遊んでるメンバーって、あれ?俺入ってねぇ?とかちょっと期待したのは内緒。

で、当日。
サークルでよく使う店へ。
知ってる顔はいなかったし、なにしろ空いてたし。
最初はフツーにメシ食いながら、あーだこーだくだらない話を。
あらかた食い終わったとこで、おずおずと切り出すユリ嬢。

「で、あの…お話ししたいことなんですけど…」
「あ、気になる人がうんぬんって話ね。早速だけど誰?」
「藤井さん…わからないですか?わたし、結構わかりやすかったと思うんですけど…」
「いやごめん、ホントにわかんねぇ」

わりと他人のことには目敏い方だと思ってたけど、今回は全く心当たりなし。
うちのサークルだってことは確かだから、候補としてはそんなに多くないんだけど、ピンとこない。
「えと…伊藤さんなんです…///」

伊藤ってのは、俺がサークル内で最も仲の良い男。
いやまぁ考えてみりゃ特によく遊んでたのは俺か伊藤かって感じだったから、意外でも何でもない、 むしろ妥当な線なんだけど、聞いてた好みのタイプとはかけ離れてたから驚いた。

すげーいいやつなんだけどね。友達止まりなタイプ。
でも超いいやつ。
意外!って言ったら、ユリもそう思うらしい。
好みとは違うタイプだってことは自覚してるのね。

ここからしばらく伊藤賛辞。
ちょっとでも期待した自分が恥ずい。
目の前の女子はそんなこと知る由もなく、恋する乙女は直走る。
誰にも言ってなかったみたいで、俺に言ったことでダムが決壊したんだろうな。
その濁流の勢いは留まる事を知らず、なんか今から告るとか言っちゃってんの。

え、今から? や、そもそもキミ彼氏は?
「別れてきました」 恐るべし、恋する乙女。
いつのまにかケータイを取り出し臨戦態勢。
本気で今から告るらしい。
すげーなこの行動力。
つーか誰かの前で思いを告げることに抵抗はないんですかそうですか。

「も、もしもし?伊藤さんですか?あの、今大丈夫ですか?」
すげー残酷な話になるけど、俺はユリの思いが届かないことはなんとなくわかってた。
伊藤は当時フリーだったけど、前の彼女のことを引きずってた。
もしかしたら?ってこともあるから、告白を止めることはしなかったけど。

前の彼氏ともそれなりに長かったのに、すぱっと別れちゃうような状態なんだぜ?
今更無理っぽいからやめろって言ったって聞かないだろう。
「そうですか…わかりました。はい、それじゃ…」

目の前で誰かの告白を見るって経験も初めてなら、目の前でフラれるのを見るのも初めて。
こりゃツラいな。
部外者の俺がツラいんだから、本人はもっとしんどいだろう。
とか思ってたら、泣きはじめるユリ。
おぉこりゃ周りから見たら完全に俺ヒールだな。

知り合いに遭遇して面倒なことになる前に、めそめそするユリを引っ張って店を出る。
とりあえず近くのちっちゃい公園のベンチに移動。缶コーヒー買ってきて、泣きじゃくるユリをあやす。
何喋ったかは覚えてないけど、ずっと頭なでてたのは覚えてる。

めんどくせーなーとは思わなかったけど、これからみんなで遊べなくなるなぁとは思った。
しばらくすると泣き止んで、たまに笑ったりもするユリ。
時刻は23時近いし、そろそろ帰ろうかーって立ち上がる。
俺は一人暮らしだったけど、訳あって大学から電車で1時間くらいの土地に住んでたから。

そしたらユリさんてば、上目遣いでひとこと「今日…ひとりでいたくないです…」
こうなってくると優しさのみが身上の先輩も、さすがにいろいろ期待してしまいます。
それを見透かしてかビッチだと思われたくなかったのか、「や!何もしないですから!」とかのたまう。

それは本来俺のセリフだろう。
ちなみにユリは大学から徒歩圏内で一人暮らし。
一応ちょっと悩むフリもしつつ、そうだよなーひとりじゃつらいよなーとかってお持ち帰られ決定。

ちなみにユリ宅に行くのは二度目。
前回は何人かで遊びに行ったんだけど。
よくある1DKの部屋で、ビール飲んだりテレビ見たり。
ちなみにユリは飲めない。
おそらくさっきまで全力でガン泣きしてたせいで、しばらくすると眠くなったご様子のユリ。

わたしシャワー浴びてきますねー。藤井さん先寝ちゃってていいですよー。って。
シャワーの音を聞きながら、いや寝られるわけねーべって。
健康な男子学生だもの。
出てきたユリはパジャマ姿。これは萌えた。
ソファで横になってた俺を見て、わたしソファで寝るからベッド使ってくださいーって。
いいよー家主なんだからベッド使いなーとか押し問答の末、結局ふたりでベッドへ。

いつもなら早速いただきまーす!ってなるとこだけど、 親友に告白してフラれたての後輩女子をいただいてしまっていいものかと悩む。
かわいいし髪さらさらだしいいにおいだし、理性が吹っ飛ぶ条件は揃ってたものの、 サークル内での面倒ごとは避けたいなぁってのがあった。

というわけで、ベッドに入ってからも懲りずにいろんな話をしてた。
手つないだりくっついたりってのはなかったけど、例によって頭はなでてた。たまにぽんぽん。
空気が変わったのは、明け方の新聞配達のバイクの音が聞こえてきた頃。
我慢してたのかぶり返したのか、再びめそめそするユリを後ろからハグ。

しばらくそうしてると、「藤井さん…約束破ってもいいですか?」
『約束=何もしない』を光の速さで理解。
同意の下ならば無問題っつーことで、こっち向かせてキス。

しばらく優しくちゅっちゅしてたけど、舌入れてからはもー止まらん。
すげー気持ちいい。
舌絡ませながら、髪触ったり耳触ったり背中なでたり。

「んっ…せなか、弱い…んです…あっ」
息が荒くなってきたとこで、耳~首責め。
右手はパジャマの上から胸へ。
サイズはB~Cってとこかなぁ。
ちなみにノーブラ。
パジャマのボタンをいっこずつ外してくときはすげー興奮した。
わかりやすく顔真っ赤だし。

「なに?恥ずかしいの?」
「恥ずかしいですよぅ…藤井さん、触り方いやらしいし…」
「ふーん。イヤならやめるよ?」
「イヤじゃないですけど…明るいし」

パジャマの上下脱がせて、胸をひたすら愛撫。
たまに脇腹~背中にかけて優しく撫でると、それはもういい声を出すユリ。
かわいいなぁ。
乳輪&乳首はちっちゃくて俺好み。
吸ったり甘噛みしたり、しばらくおっぱいと戯れる。形は文句なし、感度も良好。

べろちゅーで唇をふさぎながら、今度は下へ下へ。
内もも優しく撫でてから、いちばん敏感なところをパンツの上から触る。
あれだけねちっこくあちこち触ったせいか、もう充分な濡れ具合。
パンツの上からでも、割れ目の中に指が入ってく。超やわらかい。

「すごい濡れてんじゃん。濡れやすいんだなー」
「これだけ触られたら濡れますってば!んっ」
Sっ気を満たしてくれそうな反応にも満足しつつ、パンツの横から指を入れる。
最初は中指一本で、ゆっくり出し入れ。
愛液はわりとさらさら系。

Gスポの辺りを刺激すると、噛み殺してた感じの喘ぎ声がどんどん大きくなる。
ようやくパンツも脱がせて、全裸。
やっぱり細いな。
乳首を唇と舌で愛撫しながら、今度は指二本で中を刺激する。
ちょっと激しく動かすと、充分すぎるほど濡れてるせいで、すごくいやらしい音がする。

「やんっ…!いきな…り…!はげしっ…あん、あっ…」
クリも触るんだけど、中の方が感じるらしい。
胸から脇腹、へその辺りからふとももと、これでもかってくらいキスしてからクンニへ。

と、ここで今日イチの抵抗。
「ちょっ!それはダメ!ほんとダメ!」
「大丈夫だよー。ってか散々エロいとこ見てるし、今更恥ずいも何もなくない?」
「そゆ問題じゃなくて!ダメなものはダメなんですー!」

俺自身特にクンニ好きってわけでもなかったし、無理にとは思わなかったが、礼儀っつーか何つーか。
フェラしてもらっといてクンニ拒否るのもどうだよってのがあるので、拒否られない限りはする。

「てゆーか、あたしばっか気持ちよくなっちゃってますね…」
「いいよー。気持ち良さそうにしてる表情もかわいいし。しかしエロい声出すよね」
「もー!そゆことはっきり言わないー!…何かしてほしいこととかあります?」
「あーじゃあ俺のも触ってほしいなー」
そう言ってユリの手を取って、俺棒を触らせる。

散々エロい声を聞かされ続けたおかげで、ジーンズの中で痛い。
そもそもユリは全裸なのに俺は一枚も脱いでない状況だったので、キスしながら一枚ずつ脱がされる。
最後のトランクスも脱がされたとこで、足の間にちょこんと座るユリ。オープンガード。

「あ、藤井さんだって、触ってないのに硬くなってるじゃないですかー」
って、何とも言えないエロい表情で優しく手コキする小悪魔ユリ嬢。
刺激を与えるっていうよりは、優しく触ってるって表現の方が合ってる気がする。

「手でするのってイマイチどうしたらいいのかわかんないんですよねー」
などとのたまい、生暖かい感触に包まれる俺棒。
どこかぎこちなかった手での愛撫に比べて、滑らかさも快感も大きく上。

唇と舌の動き自体はめちゃくちゃエロいのに、これまた優しさを感じるユリのフェラ。
何が違うのかはよくわかんないけど、とりあえずヤバい気持ちいい。
そう言うと、また例によってえもいわれぬ表情で笑うユリ。
動きは止めない。
ヤバい、超かわいい。
69は拒否られるのがオチなので、ポジションを変えてこっちも愛撫再開。

俺は仰向けのまんまで、ユリには横に座ってもらう。
サイドポジション。
指でユリの中を激しく刺激すると、我慢できずに口を離すユリ。

「あっ、んっ…ふじ…いさんっ、だめっ…集中できなく、なる…からっ…」
「ほらー、止めないで続けてー(にやにや)」
もちろんこっちも止めない。
途切れ途切れにこもったような喘ぎ声を漏らしながらも、必死にフェラを続けるユリ。

しばらくはがんばってたものの、耐えられなくなったのか握ったままへたりと崩れる。
「藤井さん…わたしもうがまんできないです…」
普段快活なユリからは想像できないような表情。柔らかい髪は乱れて、頬はほんのり紅潮してる。
もちょっといじわるしたかったけど、こっちもユリのフェラで我慢できなくなってた。

優しく横たえてから正常位で挿入。
もちろんゴム着けて。
ゆっくり奥まで入れてく。
きつすぎることもないが、ゆるくもない。
十二分に濡れてることもあって、スムーズに奥まで入った。
動く前に抱きしめて、優しくキスする。

しばらく舌を絡め合ってから、ゆっくりと腰を動かす。
基本的には優しいセックスが好きなので。
たとえ恋人とのセックスでなくても。

しばらくはユリの感触を楽しむようにゆっくり動いてたけど、 少しずつスピードを上げてくと、ユリの声のピッチも動きに合わせて上がってく。
そんな反応を楽しむが如く、テンポ変えたり角度変えたり。

「あっ、あぁん、んっ、やっ…なにニヤニヤしてるんですか…?ぁんっ…」
気付かないうちにニヤついてたらしく。
「や、かわいいなぁって思って」
そう言ってまたキスする。
今度はお互いの舌を貪るような、激しいキス。

肩の後ろから脇腹の方にかけて背中をなでると、唇で塞いだ口から、苦しそうな声が漏れる。
執拗な背中攻撃で息も絶え絶えなユリの身体を抱き上げて、対面座位の体勢に。
ユリはこの体位初めてらしくしきりに恥ずかしがってたけど、座位すげー好きなんです。
密着度高いし、結合部が見えて恥ずかしがるユリの表情も見られる。
更には背中も撫でられるし、一石三鳥。

その体勢から後ろに倒れこむようにして、騎乗位に移行。
と、騎乗位苦手なんです…とユリ嬢。
動き方がイマイチよくわかんないそうだ。
わかんないなりにがんばってくれてる姿にも萌えたけど。

ひざ立てて、ユリの身体をこっちにもたれさせ、下から突き上げるようにして動く。
「あぁっ、やっ、んんっ…ユリの身体…いっぱい使ってくださいね…っ…」
この日の瞬間最大風速を計測。
今でも思い出すときゅんきゅんする。
もーね、このときの表情だけで抜ける。

身体を起こして正常位に戻す。
バックはあんま好きじゃないので、頼まれない限りは省略。
足を抱え込んで、深く突く。
優しさとか何とか言ってられる状況じゃなかった。あの一言で脳みそ沸騰。

同時に首やら耳やら乳首やらクリやら、考えうる限りのポイントを指や舌で刺激する。
ユリの声も噛み殺すようなものから、遠慮もへったくれもないものへと変わってく。
近隣住民の皆様、朝っぱらからごめんなさい。

「やあっ、あん、あぁっ…んっ、だ…めっ、イク…あ…あぁぁっ…っ…」
と、イッたらしいことを確認してからラストスパート、ほどなくゴムの中に放出。
長い射精感の後、ユリの上に倒れ込む。
優しく頭をなでられる。

セックス自体久々だったってのもあるけど、それを差し引いてもすげー気持ちよくて、
ふたりしてぐったり、しばらく動けなかった。

ながーいキスをしてから抜いて、後始末もほどほどに、くっついてそのまま眠った。
シーツがすごく濡れてることに気付き、超恥ずかしがるユリにまた萌えた。
結局お昼前まで眠って、別々に大学へ。
この後も何度か泊まりに行った。

ドイツW杯そっちのけでセックスしたりもしたけど、 それ以上の関係に進展することはなかった。
伊藤のこともあってか、ユリは俺の卒業を待たずしてサークルには顔を出さなくなって、 この関係もそのまま自然と終わった。

前の彼氏とヨリを戻したらしいってことを人伝いに聞いたのは、卒業後のこと。
当時のW杯での日本対オーストラリアの試合の映像がテレビで放送される度に、 あの頃の不思議な熱を思い出す。
向こうはどうかなぁ。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
こんな女と付き合うと彼氏も大変だねぇ・・・

Twitterで更新情報を受け取ろう!

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。