【棚ボタ】新人巨乳薬剤師が看護師とガチ喧嘩しておっぱい晒された・・・・・・・・・

閲覧数: 3,835 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

とある民間の病院で働いています。
この病院での飲み会ですごく美味しい体験をしたので書かせてもらいます。
この病院では年に2回、病院全体での大きな飲み会があります。
6月と12月にありますが、基本的に全職員が参加します。

この病院は規模は大きくはありませんが、毎年10人程度新入職員が入ってきます。
昨日はこの飲み会の1回目。
飲み会ではこの新入職員の顔見せも兼ねて行なっています。
新入職員といっても、大学や専門学校を出たばかりの若い子ばかりではなく、30代や40代の方もいます。

今年病院に勤め始めた薬剤師の中に、Kちゃんという女の子がいます。
歳は20代後半でしょうか。
以前は別の病院で勤めていて、今年からこの病院に移ってきたとの事でした。

背は小柄で童顔、胸が大変大きく、女の看護士さんも噂をしているような色っぽい女の子でした。
顔は可愛らしく、誰とでも打ち解けて話すとても良い子でした。
飲み会でも少し話せたらいいなと思っていました。

一次会は全く絡む事もなく終わり。
(この時点で自分はかなり酔いが回っており、周りもかなりお酒に飲まれている様子でした)
二次会では40人くらいが入れる畳の居酒屋でした。

偶然にも比較的Kちゃんと近い席(斜め前)になりました。
周囲は看護士さん(結構年上の人ばかり)でしたが、Kちゃんが居たのでテンションは上がっていました。


最初は普通に会話をしていたのですが、途中である看護士(30台後半Aさん)がKちゃんについて弄りだしました。

A「Kちゃん彼氏は?」
K「いないですよ~。前の病院の時はいたんですけど、別れちゃいました」
A「え~そんなに可愛いのに。言い寄ってくる男とかいるでしょ?」
K「そんなのいないですよ~。出会いとかないですし(笑)可愛くもないですし~」

可愛いと言われ、Kちゃんは恥ずかしそうです。
さらにAさんの質問攻めは続きます。

A「じゃあ最後にエッチしたのは~?そんなにスタイルいいのに彼氏いないなんて」
K「もう前すぎて忘れましたよ~。そんな事聞かないでくださいよ」
A「エッチもしてないのにそんなに胸大きくなるんだ~」
K「胸大きくないですよ~Aカップくらいです(笑)」

こんな会話が続いていました。
誰もが“いやいや、Aって”と思ったに違いありません。

A「そんな訳ないでしょ。私が判定してあげるわ」
そう言うやいなや、服の上からKちゃんの胸を上下に揉みだしました。
Aさんは酔っているため手を止めません。

A「ん~FかGくらいはあるな~、Kちゃん、正解は?」
K「そんなの言えないですよ」
A「先輩命令!ちゃんと教えないと」
AさんはKちゃんの胸が気に入ったのかちょくちょく胸を揉んでいます。

Kちゃんは、その時黒のチューブトップの上に白いシャツを羽織っていたのですが、チューブトップの上から深い谷間とピンク色のブラジャーが見え隠れします。
Kちゃんも、皆の前で、女性にとはいえ胸を揉まれて恥ずかしいのでしょう。
顔が真っ赤になっていました。

K「じゃあAさんにだけですよ。◯◯◯です」とAさんに耳打ちしました。
するとAさんは・・・。
A「え~そんなに大きいの?想像以上~」と言っていました。
想像以上って、さっきFかGって言ってた気がする、どれだけ大きいのだろう・・・と思って、興奮していました。

Aさんは隣にいた20代後半の看護士に耳打ちし、Kちゃんの言葉をさらに伝えたようでした。
しかし、その看護士(Tさん)は、“あっそう”みたいなリアクションであまり関心を示しません。
後々聞いた話なのですが、この看護士はAさんの事をあまり良く思っていなかったようで、後の飲み会では「本当にムカつく」と言っていたそうです。
この時はそんな事は微塵も知りませんでした。

T「胸なんて大きくてもあんまり良い事ないですって」とAさんに言っています。
しかしAは・・・。
A「でもさ~、男の人ってやっぱり大きいの好きなんじゃないかな。私も胸ないし羨ましいけど」
T「そうですけど、私はあそこまでは必要ないな。男に体目的で迫られそうだし、だから彼氏いないんだよ」と言い放ちました。

これを聞いて酔っ払っているKちゃんはさすがにイラッとしたのか、言い返しました。
K「何ですかその言い方、やめてくれます?人が男に遊ばれて捨てられてるみたいに。それとも自分が胸ないから僻んでるんですか」
これに対してTさんは逆上し、立ち上がってKちゃんの反対隣に座りました。

そしてTは、「あんたね・・・」と言うやいなや、Kちゃんを押し倒しました。
殴りこそしなかったですが、Kちゃんを上から押さえる形になりました。
そして次の瞬間・・・。

T「そんなに胸デカいのが自慢なら皆に見せてあげなさいよ」
そう言って、チューブトップをずるっと下まで下げました。
Kちゃんの胸からはピンクの花柄のブラジャーが丸見えです。
しかしTさんはまだやめません。

抵抗するKちゃんを押さえつけ、周りで抑える看護士さん達を払い除け、ブラジャーまで肩の所まで上げてしまいました。
Kちゃんの胸は丸見えです。
真っ白な胸に、色の白い大きな乳輪。
乳首は小さくややピンクがかった茶色でした。

僕達男性陣は何が起こったのか分からず、唖然とKちゃんの胸を見つめていました。
Kちゃんは抵抗していますが、全く抵抗できていません。
周囲の看護士さんが方が押さえつけて、やっと事は収束しました。

しかしKちゃんはあまりのショックに茫然自失状態。
目には大粒の涙を浮かべていました。
KちゃんはAさん達看護士さんに連れられて帰っていきました。
明日からまた仕事が始まりますが、Kちゃんが仕事に戻ってくるのか心配です。
あまりに興奮したので、飲み会から帰ってすぐ書かせてもらいました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
Tさん、訴えられるんじゃないか…?

Twitterで更新情報を受け取ろう!

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。