【初体験】小6で巨乳でふっさふさだった私に彼氏ができた結果・・・・・・・・

閲覧数: 8,037 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:ちょっと前までJKさん(女性・10代)

私の処女は中学1年生の時に彼氏に奪われました。
今日はその話をしようと思います。

私は可愛いわけでもスタイルがいいわけでもないタイプの人間で、彼氏なんかできないと思っていました。
そんな私の最初で最後の彼氏は小6で出来ました。

やんちゃで怒りっぽい勝翔から、「突然ごめんね。俺絢音の事が好きなんだ!付き合ってくれ!」と言われ、私は「いきなりすぎるよ?w何も心構えできてないよー」と答えると、勝翔は「なら、1週間後に(yesかnoか)教えて」と言われました。

そもそも人数が14人という少なさ。
その中に女子は私を含め5人。すぐに女子のみんなに勝翔から告白されたと伝えると、菜月美からは「絶対におっぱいよ!おっぱい!間違いない!」と言われました。

私は小4か5で胸が膨らみ始め、生理もその頃に始まっていました。
小6で周りの4人よりも膨らんでいるのははっきりわかるレベルでした。

むしろ、生理が始まっていたのは私1人。
私以外誰も生理は始まっていませんでした。

当時のカップサイズは私がCカップ、須生がAカップ、菜月美がAAAカップ、かすみ、すみれ姉妹がまな板おっぱい。
というような感じでした。
しかも私以外パイパン。

最終的に私のことだから私に任せるとの事で、私は何個か条件を付けて、付き合う事にしました。
学校ではとてもやんちゃで怒りっぽいのに私の前でだけとても優しい勝翔。
それを菜月美に伝えると、「おっぱいじゃなくて良かったねw」と言われました。

勝翔の家に行って部屋で話してということも何度かしました。
中学生になって一緒に登下校するようになりました。
初めは、こんなになるなんて思っていませんでした。
私自身が徐々に勝翔に惹かれていきました。

中1の夏休み。
お互いの休みが重なっていたので私は勝翔に誘われ、朝から勝翔の家にいきました。
ちょうど勝翔の家に誰もいない日に休みが重なっていたらしく、リビングで一緒に勉強していました。

その頃の私たちはキスは日常茶飯事。
勉強が一区切りつくと、熱く長いキス、、、舌も入れて、、、イチャイチャしていましたw

すると勝翔が、「誰もいないからsexしない?」と言い、私の体を強く抱き締めました。
私も少し興奮気味だったので「いいよ。やろっか。sex。」と言い、2人とも裸になりました。

私は中1でEカップまで成長していました。
陰毛もふっさり。
さらに、処理の追いつかなくなり薄く生えた脇毛を見て勝翔はとても興奮していました。

勝翔の下半身を見ると、まさかのツルツル。
そして皮を被ったままのちんちんが。
私は「剥けないの?」と聞くとボキったちんちんの皮を思いっきり剥いて、亀頭が顕になりました。

私はまずパイズリとフェラをしました。
少しちんちんがほぐれたところで私の性欲は暴走状態。
初めてなのにマンコをほぐさずそのまま勝翔のちんちんをまんこに入れました。

すると、体に痛みが走りました。
まんこからは血が出てきました。
そんな事はお構い無しというふうに勝翔は腰を振り続け、私の膣内(なか)に精子を注ぎ込みました。

そのタイミングで私もイキました。
その後もsexは続きへとへとになり立ち上がれなくなるまでヤり続けました。

初体験のあとも何度か勝翔とsexをしました。
しかし、その事実が学校の生徒の間で広がり、勝翔は「これ以上絢音に迷惑かけられないよ。」と言い、話し合い別れることになりました。

それ以来私は誰ともヤっていません。
ですが、勝翔との経験は今でも、オナニーをする時のオカズになっています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
ペンネームを少し弄りました(;^ω^)


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)