【潮吹き】中学の修学旅行で女の子同士でオナニーを見せ合った結果・・・・・・・・

閲覧数: 9,346 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

投稿者:大久保佳代子似な母さん(女性・10代)

これは私の今までの人生の中で1番Hな経験をした時の話です。

今は19歳ですが、今まで1度も彼氏ができたことはありません。
そんな私が中学2年生の時の修学旅行の話です。

2泊3日の日程で、関西方面に行きました。
1泊目は旅館で集団就寝。
2泊目はホテルで班のメンバーで就寝。
という流れで、班は自分たちで決めれると知らされていたので、男女混合の班を班長達で作り、私はホテルで男女別々になるからそんなに男子の事は考えていませんでした。

私は仲のいい栞ちゃん(偽名)とさなえちゃん(偽名)と一緒になるように班を作れたので満足しました。

修学旅行2泊目。
待ちに待ったホテル宿泊。
見回りがある事は知っていたので、先生が来る時だけ寝ていて、それ以外はずっとお話をしていました。

時刻は深夜1時すぎ。
俗に言う深夜テンションでさなえちゃんが「みんなはオナニーってしてる?」と聞いてきました。
みんな深夜テンション。
嘘つくこともできず私は、「やってるよー」なんて正直に言ってしまいました。

すると栞ちゃんも「私もやってる」といい、話を振ってきたさなえちゃんもやっている事を知り、
「みんなで見せ合いっこしようよ!」と、栞ちゃんが言い3人でオナニーを見せ合う事にしました。

深夜1時すぎということもあり見回りはしていませんでした。
私たちはバスルームに行き、裸になりました。
誰も隠すことなくお互いの体を眺めました。

栞ちゃんの胸はとても大きかったです。
恐くEカップぐらいある様に見えました。
さなえちゃんもCカップぐらいありました。

私な当時、Cカップだったので、栞ちゃんが1番大きかったです。
みんな陰毛がふっさり生えていて大人な体をしていました

3人で話し合った結果、栞ちゃん→さなえちゃん→私の順番に決まりました。
栞ちゃんは「やるね」と言うと左手で乳首を弄りながら指を3本入れ、くちゃくちゃといやらしい音を立てながら、オナニーを始めました。

息遣いが荒くなり「ひぃぃぃぃん」と声をあげた途端、潮を吹きながら!イきました。
「次、私ー」とさなえちゃん。
さなえちゃんは指を2本入れると少し弄っては指を舐め、少し弄っては指を舐めを繰り返し、顔が少し火照って来たぐらいで思いっきり出し入れして、「あぁぁぁぁん!!!」と声をあげ、その場に倒れて込みました。

2人がイって、ハアハア息を切らしながら「最後は美咲ちゃん」と言い、私は「やるからね!」と言いオナニーを始めました。

今のところ潮を吹きながらイったのは栞ちゃん。
私はいつもオナニーをすると、大量の潮を吹くタイプで、栞ちゃんの潮の量を見て、少ないなぁ~なんて思っていました。

私のアソコは2人のオナニーを見て我慢できずビシャビシャでした。
思っていたよりも早くイキそうになり、スピードをあげて弄っていたその時に、快楽が襲い、私のアソコから勢いよく潮が吹き出し、正面にあった鏡に沢山かかりました。

いつも以上に沢山潮を吹いたので膝はガクガクで力は入らず、その場に座り込みました。
私の潮の量に2人とも驚いていました。

この日以来、変な事はしていませんが、栞ちゃんとさなえちゃんとは仲良くしています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
女子同士の秘密を覗いてるみたいで興奮しますねぇ。。。


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。