【奇跡】出会い系で欲求不満なバスケ部JKと会ってみた結果・・・・・・・・

閲覧数: 3,940 PV

※このエロ話は約 10 分で読めます。

投稿者:駅弁大好き野郎さん(男性)

ある年の11月の事です。
平日の朝、通勤途中に2ショットチャットのサイトを覗いていると「今日会ってエッチできる人募集~」と言う部屋を見つけ、興味本意で入室しました。

主はJKで名前はゆいちゃん。
話を聞いてみると、朝から体調が悪くて学校休んだけど寝てたら元気になり生理前でムラムラしてきたんだそうです。

「エッチしたくてたまらない。何回もしたい♪」とあっけらかんと話します。
「ホテル代だけ出してくれたらOK」
「ゴムはして欲しい。あとは何してもイイよw」と言いますが、そんなうまい話があるわけ無いと思い、からかうつもりで待ち合わせはノーパンスカートで来れるか?と聞いてみると「イイよ~♪」とノリの良い返事が。

こちらもセックスがご無沙汰だったので、オマンコ壊れるまでヤリまくるよ?と言うと「壊して~w」だって。
ゆいちゃん、かなりノリノリです。

昔の事なので、メールアドレスもすぐに交換。
電話番号まで教えてくれました。
トントン拍子に事が進むため、ある種恐怖を感じつつも期待せずにはいられませんでした。

電話で声を聞くと明るく可愛い声です。
調子に乗って、自分のスクール水着を持って来るように頼みました。
電話を切ってしばらくすると、自宅の洗面台と思われる鏡に映した自撮り写メが送られてきました。

スクール水着姿で、ピースサインで顔を半分隠したショートヘアの小柄な女の子。
ハッキリとは分かりませんが、かなり期待できそうです。

わざわざスクール水着を引っ張り出して着替えてくれた事が嬉しくて、会う事を決めました。
高速を走り1時間半掛けて待ち合わせ場所に着くと、黒のパーカーに黒のフリフリスカート、ニーハイブーツのコが近づいて来ました。

こちらが手を振ると笑顔で助手席に乗り込んできます。
ゆいちゃんが腰を下ろす瞬間にシートと尻の間に手を差し込むと本当にパンツを履いていません。「やんッw」と可愛い声でびっくりしてましたが、驚いたのはこちらの方でした。
本当にノーパンで来るとは…

「約束してたからw」と笑顔で話すゆいちゃんの顔には少しニキビがありましたが、かなり可愛らしい顔立ちです。
ゆいちゃんは150cmくらいの普通体型でニーハイブーツの足にもそそられます。
胸は小ぶりかな。
それもまたイイ!

土地勘がなかったのでホテルを探そうとすると「あたしがいつも行ってるホテルでいいかな~」と言い出します。
話を聞くと、10コ上の彼氏は休みが合わず最近エッチしてなくて欲求不満だったそうです。
これまでの彼氏もみんな歳上だったそうで、おかげでエッチの方はかなり仕込まれている様子。益々期待が高まります。

ホテルに着いてエレベーターに乗った瞬間ガマンできなくなり、抱き寄せてキスしてみました。
ゆいちゃんはイヤがるどころか積極的に舌を絡めてきます。
生尻を揉みながら舌を吸ってやると声にならない声で喘ぎ出します。

部屋に入るとすぐ、ドアに両手をつかせてお尻を突き出すように立たせました。
しゃがんでゆいちゃんの後ろ姿をじっくり観察します
スカートをまくりあげ、現役JKの引き締まった生尻を両手で左右に広げると綺麗なアナルとアソコが目の前に。

舌を這わすと腰をビクッと動かして「えーいきなりw汚いよ~」なんて言いますが、おかまいなしです。
欲求不満だと言ってたのでとりあえず1回イかせてあげようと思い、舌でアソコとアナルを何度も往復。

ゆいちゃんはドアの外に聞こえるんじゃ無いかというくらいの声で感じ始めます。
アソコに舌を入れて、吸ったりナメたりして攻めていると「あーッ!ヤバイって!いくいくッ!」と大きな声で腰をガクガク。
無事イかせました。

ハァハァと息を切らせながら「オレさんの舌きもちいw」と喜んでくれました。
ゆいちゃんは感度バツグンでイキやすく、声も大きいのでイかせがいがあります!
部屋に入ってソファに座ったゆいちゃんの後ろから服の中に手を差し込んでオッパイを揉みます。

学校での話を聞いてみると、バスケ部に入っていて頑張ってるんだとか。
「走るの、部で1番早いよ!
」と笑顔で話すゆいちゃん。
2年や3年の先輩よりも足が速い事を
自慢げに語ってくれました。
体つきは華奢な感じですが確かに引き
まったイイ感じの下半身。
ツルツルな膝に若さを感じます。

乳首をコリコリしてあげると「んっ!んっ!」と可愛い反応。
向かい合わせに座ってキス。
ヨダレを流し込んでみると、しっかり吸って飲んでくれます。
こんなコが本当にいるんだなぁと嬉しくもあり怖くもあり。

すでにビチョビチョのアソコを指で刺激しながら手マンへ。
指一本しか入らなそう。
彼氏はすぐイッて物足りないと言っていた意味がわかりました。
こちらも気合入れねば!

指でオマンコをかき混ぜて、気持ちイイ汁を床に滴らせながら本日2回目イッたゆいちゃん。
次はお待ちかねのスクール水着です。
持ってきてくれた学校指定の太ももまで隠れるタイプのスク水に着替えると「めっちゃ恥ずかしいんだけど~w」と言いながらしゃがみ込んじゃいました。

めちゃくちゃ可愛いですw
こちらは全裸になり2人でバスルームへ。
ゆいちゃんのスク水姿をじっくり視姦しチンポは再びギンギンに。

水着の上からローションを垂らし塗り込んでいきます。
「こんな事されるの初めて!」て、今までの彼氏どもは何をしてたんだ!
ローションで濡れたスク水とゆいちゃんの肌がバスルームのライトに照らされ言いようのないエロさです。

椅子に座らせ、後ろから水着の感触を楽しみつつ両方のオッパイをモミモミ♪
脚を開かせて、ふくらはぎから太もも、オマンコへと手を這わすとゆいちゃんの吐息が荒くなります。

片手は水着の中へ入れて生オッパイをモミながら、もう片方の手で水着の上からクリを刺激します。
バスルームにゆいちゃんの甘い声が響きます。

後ろから抱きしめて全身を擦り付けるとゾクゾクするほどの興奮が。
フルボッキのチンポをゆいちゃんのスクール水着に擦り付けると頭がクラクラしてきます。
「めっちゃ硬くなってるよwめっちゃエロい~w」と常に明るいゆいちゃん。
惚れてまうやろ~w

2人で泡風呂につかり、ゆいちゃんのオッパイだけをあらわにし乳首をコリコリ。
バックの体制で泡から水着のお尻をぷかぷか浮かせてもらって悩殺されましたw
ギンギンのチンポを見せてあげると嬉しそうに手でシコシコ。
「かた~いw」と喜んでくれます。

ナメてとお願いすると、潜望鏡スタイルで亀頭から丁寧に舌を這わし、ゆっくり口に咥えるゆいちゃん
さすがに仕込まれてますw

オレの目を見ながら舌先で尿道をチロチロしたり、喉奥まで咥え込んだりとテクを駆使してくるのでかなり気持ちイイ。

何より、スクール水着の現役JKがこんなオヤジのチンポをしゃぶってるシチュエーションにもうガマン出来なくなり「1回イッてイイ?」と聞くと、チンポを咥えたままウンウンと頷き、フェラを激しくするゆいちゃん。
舌は忙しなく亀頭をナメ回します。

バスルームにはじゅぼじゅぼと卑猥な音が響きます。
ガマン出来なくなりゆいちゃんの頭をしっかり掴んでチンポをストロークさせ「んッッんッッ!」と少し苦しそうにするゆいちゃんの口内へ溜め込んだ精子を一気に放ちました♪

掴んだ頭を離すと、ズズッ…と残った精子を吸い出す笑顔はめちゃくちゃ可愛いかったです。
手に出したあと「すっごい量おおかったーw半分くらい飲んじゃったww」と嬉しい報告w
そのままスクール水着を脱がして、後ろからアナルに舌をねじ込みながら指でマンコをかき混ぜてあげると「あーッ!あーッッ!ダメダメダメ!!ヤバイヤバイッッ!またイクーッ!」とバスルームに響きわたる声で潮を吹きながらイきました。

バスルームを出ていよいよ本番です。
制服に着替えたゆいちゃんはまさにJKという感じ。
「制服が可愛くないからイヤだ」と言ってましたが、そんなの関係ありません。制服のまま69で互いに攻めます。

オマンコを左右に広げ奥までじっくり観察します。
アナルの経験を聞くと「指は入れられた事ある」らしく、こっちも開発中だったようですw
ゆいちゃんのオマンコとアナルは非常に綺麗で、何時間でもナメていられます。

クリを吸って舌で刺激してあげるとまた声が大きくなり何度目かの絶頂を迎えました。
「部活で鍛えてるから何回でもイけるよ!」とよく分からない事を言ってましたが、つまり体力には自信があるという事でしょう。

ふたたびフルボッキのチンポにゴムを着けてくれたので、いよいよゆいちゃんオマンコをいただきます。
正常位でオマンコにチンポを当てがい、ゆっくりを侵入します。
手マンした時に感じた通り、めちゃくちゃキツくて圧迫感が尋常ではありません。

「はぁぁぁ…」と息を吐きながらチンポを根本まで受け入れたゆいちゃんは女の顔になっています。
ディープキスしながら、ゆっくりとチンポの出し入れを開始。
ゆいちゃんは「あっあっあっ!」とこちらの腰の動きに合わせて切ない声をあげます。

オレの首に手を回し、しっかりと抱きつくゆいちゃん。
愛おしくなり、少し激しめにチンポを打ちつけると「あぁぁッヤバイヤバイヤバイッ」とまた大声で感じます。
エッチの時はヤバイが口癖なんですね。

何度か奥を突いていると「そこイイ!またイクーッッ!」とカラダを震わせてイきました。
服を脱がせたゆいちゃんを抱っこして洗面台の鏡に写しながら駅弁してあげました。
体重軽いから駅弁も楽チン♪

「こんなん初めてw」と喜んでいましたが、しっかりカラダを支えてマンコを壊す勢いで打ち込むと叫び声を上げながらまたイクゆいちゃん♪
「ハァハァ…オレさんオチンチン、イイ所入ってくる~めちゃくちゃ気持ちイイよぉ…」と自らキスをせがんできます。

片足を下ろして、斜め下から突き上げるようにチンポを入れてあげると「ぐぅぅイグゥゥゥッ!あああッッ!」と連続でイッてしまうゆいちゃんの姿に大興奮。
床はゆいちゃんのマン汁でビチョビチョです。

11月ですが部屋に暖房を付けていた事もあり、2人とも汗が流れます。
ゆいちゃんの全身の汗をナメてさらに興奮しました。
次は洗面台に手をつかせて立ちバックです。
バックが好きだと言っていたので存分に楽しませてあげよう思い、気合い入れてオマンコに突入です。

小さいけど引き締まったお尻に腰を打ちつけるたびに、ゆいちゃんは大声で感じています。
腰を掴んで少しスピードをあげると「やぁぁッッまたヤバイよーッッ」と潮を吹くゆいちゃん。
よほどカラダの相性が良いのか、はたまた仕込まれたせいで常にこんな感じなのか。

片足を持ち上げた格好を鏡越しに見てゆいちゃんもさらに興奮してました。
こちらもガマン出来なくなり、そろそろイクねとスパート。
全身を震わせながら声にならない声でイクゆいちゃんの姿に背筋に電気が走ったような快感と共に2度めの精子を放ちました。

ベッドで横になり感想を聞いてみると、かなり楽しんでいる様子。
スゴイJKがいたもんだ、と感心しながら備え付けの電マを手に取ると「それ使うの?」とちょっと焦るゆいちゃん。

それイキすぎてヤバイんだ~」と言うので、こちらが復活するまで何回イけるかチャレンジする事にw
M字に開いた足を押さえて、少しずつマンコに当ててみます。
案の定、すぐさま気持ちよくなってるw

「あ~また気持ちイイ~ッ!」と切ない表情でオレを見つめます。
それじゃぁと少し強くマンコに押し当てると「あーーッッ!ダメダメダメッッ!!」とびっくりするくらいの潮を吹き上げシーツはびしょ濡れに。

構わず押し当てると「ヤバイヤバイっオレさん!またイク!」と腰をガクガクさせながら果てました。
指でマンコをかき混ぜながらクリを電マで刺激すると連続でイキまくるゆいちゃんw
それでもまだまだイキ足りない様で、ホントに性欲が強いんだと感心しました。

69になり、また張り切ってチンポをしゃぶり始めるゆいちゃんのアナルとマンコとクリを同時攻め。
差し込んだ舌を締め付けてくるアナル。
マンコはもうグチョグチョ状態で指もすんなり入るようになりました。

下から電マを押し当てると、チンポを咥えたまま「ンンーーーッッ!!!」と唸ったかと思うとオレの顔に大量の潮がw
もう2人ともドロドロですw
今度はゆいちゃんがオレのチンポを激しくシコッてきます。

「それヤバイて言ったのにー!」と少し怒ったっぽい口調でチンポを責め立てるゆいちゃん。
またもや勃起したチンポに満足したのか、そのまま騎乗位で自分からチンポを入れようとします。
ゴムは!?と聞くと「たまに彼氏と生でしてるしwでも中で出したらダメ!」だってww

生マンコの締め付けに、3回目なのに気を抜くとすぐ射精感に襲われます。
ゆいちゃんは奥に擦り付ける様に自分から腰を動かし、生チンポを堪能しています。
これも部活のおかげなのか、激しい腰使いが全然終わりません。

このままではこちらが先にイッてしまいそうなので、今度はオレがゆいちゃんの脚を持ち上げて下から鬼突き。
ゆいちゃんは眉間にシワをよせ険しい表情で「あぁぁスゴイスゴイィッッ!あぁダメダメェッ!」とのけぞりながら快楽に耐えるゆいちゃん。

そのまま一気にチンポを引き抜くと、叫び声と共にまたもや大量に潮を吹きまくります。
息も絶えだえですが、それでも自分からチンポを掴みオマンコに導きます。
またマッハで突き上げ引き抜くと「いやーッッ!イクイクッ」と全身を震わせながらイキます。

さすがにぐったりとオレの方へ倒れ込むゆいちゃんにキスしながら抱きしめて、お尻を鷲掴みしながらチンポを突き入れます。
いちゃんの体を汗が流れます。
ディープキスしながらオマンコの奥に届くようにガンガン打ち込みます。

起き上がり、座位で前後にゆいちゃんの腰をグラインドすると、これも気持ち良い様です。
オレの目をしっかり見つめて喘ぎ続けるゆいちゃん。
「オレさんのオチンチン、スゴイいいよぉ…」
う何回目かわからないくらいイッてるのに、それでも腰の動きを止めようとしません。

正常位、松葉崩しから寝バックと体位を変えながら、ゆいちゃんのカラダを堪能しました。
ゆいちゃんは声が枯れるくらい大声でイキ続け、もうベッド全体がゆいちゃんの潮とマン汁と2人の汗でびしょ濡れ。

「最後は精子飲みたい!飲んであげる!」と最後まで驚かせてくれます。
正常位でラストスパートし、量は少なかったですが無事にゆいちゃんの口に精子を放つ事ができましたw

喉を鳴らし精子を飲むゆいちゃんは満足気。
およそ6時間のセックスで疲れすぎた2人はしばらく動けませんでした。
「部活の練習より疲れたw」と笑顔のゆいちゃん。

彼氏と会えない時はまた会いたいと言ってくれたので満足してもらえたみたいです
ゆいちゃんとは後日バスケのユニフォームでエッチする事になりますが、それはまた別のお話。。。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
読みやすい秀作ですね(#^^#)
またのご投稿、お待ちしております。


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。