友人の家に来てたHカップキャバ嬢にパイズリ発射させてズラかった・・・・・・・・

閲覧数: 2,554 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

ある金曜日の夜、0時ちょい過ぎたあたりに俺の携帯が突如鳴りました!
(普段鳴らないw)
トゥルルルルリン、トゥルルルリン。

俺「もしもし~」
友人K「おう!今からキャバ嬢が2人ほど家に来るけど、おめぇ来る?」
俺「はぁ?」
友人K「寝てた?嫌ならいいよ」
俺「行くに決まってんじゃん!何言ってんの?」
友人K「どれくらいで着く?」
俺「俺が瞬間移動できるの知らねぇの?」
友人K「ははははは、早く来いよ」

3分で着きましたw
そこには、加藤あい似の可愛い子と巨乳の子が!
巨乳は、可愛さで言ったら加藤あい似に劣るので、俺の相手はコレなんだろうな、っと。
んでもって、4人で「かんぱ~~い!」。
いきなり、「好きな体位は?」とか、クリがどうのこうのとかコアな会話に。
ブラザー早くも戦闘体勢w

俺「ねーねー、胸大きいよねーー。何カップ?」
巨乳「Hカップ~」
(あれ?すでに酔っ払ってる?)
お店で飲んでたからか!?
つまりそういうことですね!Kさん!

友人Kニヤニヤ、GJ!
俺「Hカップなんて嘘だ~。偽モノだろ!」
巨乳「本物だよ~、天然物だよ~」
俺「じゃぁ、確かめさせてよ」
巨乳「いいよ~~~」
ぐわっっっっっし!!!
やわらっけーーーーー(邦衛風)

Kよ!俺の勇姿を見ているか?
会って10分で揉んでるぞ!
Kはレロレロキス&指でアソコをコネコネの真っ最中でした。
・・・さすがですね。


巨乳「ん・・・ん」
目がとろーーーんっとしてるので、いつものごとく耳攻撃です。
耳の裏を舌で優しくツツーーーーっと。
巨乳「ふぅぅ・・・」
K「ん・・・ん・・・ん」

ん?向こうから一定周期の声が?
Kが俺の50センチ横でフェラされてます。
・・・さすがですね。
時計の針は0時30分を指してます。

俺「(強気に)脱いで、おっぱい見せてよ」
巨乳「えーー」
と言いつつ、脱ぎます。
ぼよーーーん。
出ました!
美乳派の俺が言うのもなんだが、すごい破壊力だ。

あの2つの物体の間にブラザーを挟みたい!
ハサミタイ!ハサミタイ!ハサミタイ!ハサミタイ!ハサミタイ!ハサミタイ!
俺はズボンを速攻で脱いで・・・。
俺「挟ませて!」
またもや、よくわからん言葉が出てきました。
が!

巨乳「ンフフフフ、みんな言う~」
『みんな言う』だと?
凡人で結構です!
ブラザーに唾を垂らされて・・・ぬぬぬぬぬぬぬ!
埋まりました。
ブラザーが隠れん棒です。

巨乳好きなら萌えるところではありますが、俺は巨乳好きじゃないんで、もう満足ですw
俺「口でしてよ」
巨乳「ンフフフ、いたらきます」
呂律回ってませんよw
裏スジをチロチロ。
ビクンってなる瞬間ですね。

横目でKを見ると正常位での結合部が鮮やかに丸見えです。
スバラシイ光景!
チャンスの神様ありがと~!
しっかり前髪掴みましたよ!
そして、いよいよパックン。

パックンしてからは高速フェラしか経験がない俺にとって、巨乳のはナマケモノのような遅いフェラ。
だけどね、ねっと~り唾を絡めてゆっくーり、ゆっくーり。
これが、快感!
ありえないくらいの快感です。
興奮に身を任せておっぱいを揉みしだきます。

これでもか!ってくらい力一杯揉んでも、柔らかいので手が吸収されてきます。
やわらっけーーーーー。
隣では・・・。
加藤あい似「出して!出して!いっぱい出して!」
(K限界か?早いぞ?)

だが、思わぬことに、“生の女の喘ぐ声+フェラチオという贅沢なオナニーに、ブラザーも我慢の限界を超えてビクン!
どくどくっと出してきましたよ。
ポワーーーン・・・薔薇色ファンタジー.
時計の針は0時45分を指してました。

俺は単発型なので2回戦とかできないんです。
なので、「コンビニ行って来る」と言い、家に帰りました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
マジか…( ゚д゚)ポカーン


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。