出会い系でいきなり結婚を迫ってきたベトナム人を騙して処女をいただいた・・・・・・・・

閲覧数: 5,442 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

俺はとある出会い系サイトでブイちゃんというベトナム人語学留学生と出会った。
こっちとしては遊びの延長で軽いノリだったが向こうは真剣だったらしく、サイト内のやり取りでいきなり「私、日本人と結婚したい。でないと半月後にはベトナムに帰らなきゃいけない。できればあなたと結婚したい」と言われた。

俺はドン引きしたが、とりあえずは会ってみる事になった(連絡先は後々面倒な事になりそうな予感がしたのでしなかった)。

実際に会ったブイちゃん(身長150cmで滝沢カレン似)は喋る音量がとても小さく、物静かな子かと思ったが、見た目とは裏腹にいきなりベトベトとイチャついてきた。
初デートにも関わらず、カフェやレストランでもしつこくに結婚の話を持ち出してきたので、俺は更にドン引き。

(これはダメだな。だがせめてこの子の身体を味わってから別れるとするか..)
そう思った俺はブイちゃんに根拠もないデタラメを言った。
「日本では初デートでセックスするのが一般的なんだ。君と最高のセックスができたら、結婚を考えてあげるよ」

サイト内でのやり取りでブイちゃんは日本の事を全然知らないのは分かっていたが、結婚への焦りか、単に無知だったのか定かではないが、こんなデタラメでもブイちゃんは信じ、うん、と答えた。

イちゃんの了承をもらったので、俺はブイちゃんを連れて近くのホテルに向かった。
部屋に入り、ブイちゃんの服を脱がし、俺も全裸になって、一緒にシャワーを浴びた。
全裸のブイちゃんは色白のスベスベのスレンダーボディーにAカップのペチャパイだった。

シャワーを終え、お互いバスローブを羽織ってベッドイン。
キスをしながらブイちゃんのバスローブを脱がし、再び全裸にさせ、身体のあちこちを舐めて味わった。

俺も全裸になってフェラをしてもらおうとしたが、ゴム付きでもフェラはしたくないとブイちゃんが言ったので、仕方なく本番に移行。
ブイちゃんの脚を広げ、ゴムを付けたチンポをマンコに挿入。
ブイちゃんは処女だった。

「ううん ああっ」
喘ぎ声もほとんど聞こえない小さな声だった。
俺はブイちゃんに喘ぎ声の音量を上げるよう腰を激しく動かしたが、音量は変わらなかった。
それならば体位を変えてみようと思い、バックで挿入したが、これも効果なかった。

(はあ ダメだこりゃ.. さっさと終わりにしよう..)
心の中でそう呟き、俺はブイちゃんを再び仰向けに寝かせてもう一度正常位。
最後はブイちゃんのAカップのペチャパイが揺れるほど激しく腰を動かした。

「あっ あっ あっ あっ」
ブイちゃんの喘ぎ声のペースが早くなり、少しは音量が上がったように感じたが、ほんの僅かだった。そのままゴムの中で射精しセックス終了。

初デートで初対面の子の処女を奪えたという達成感はあったものの、セックス自体は全然楽しめなかった。
元々、これきりで別れるつもりだったが、セックスも楽しめなかったので、これまで少しあった心残りが全て吹っ飛んだ。

「セックス楽しかったよ。次回は俺の親を紹介するから楽しみにしててね」と、全くのデタラメを言い、ブイちゃんにありもしない希望をチラつかせてその日は解散。

ブイちゃんと実際に会ったのはこれが最初で最後だった。
ブイちゃんからはその後もサイト内で連絡が来たものの全て無視。

ブイちゃんが日本を離れる当日、これから日本を発つ、というメッセージを確認し、やっと帰ったかと胸をなでおろした。
初の外国人とのセックスは楽しめなかったが、初対面の子の処女を初デートで奪えたという点だけでも満足しようと思う。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
なるほど、出会い系サイトにいるアジア系外国人の正体がこれか…


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。