【強制口止め】高1の俺が巨乳女の万引き現場を目撃した結果・・・・・・・・

閲覧数: 8,174 PV

※このエロ話は約 6 分で読めます。

あれは忘れもしない高1の10月。
テスト前で、友達の家にノート写しに行った帰りの話です。
確か15時過ぎだったと思うが、尿意をおぼえスーパーに寄り道しました。

来た事もないスーパーだったからウロウロしてたんだけど、その時偶然にも万引きしてる人を目撃しました。
手提げバッグにお菓子を入れる瞬間を、もう1メートルぐらいの距離で目撃したんです。

すぐに目線はその人の顔に行くわけですが、その人はごくごく普通な感じの女の人。
たぶん20代後半ぐらいだったと思う。
セミロングの髪にジーパンとTシャツっていうラフな格好。

完全に俺と目が合って、相手もかなりビックリしてたみたい。
なんていうかな、バサッ・・・ササッ・・・みたいな素早い動きをしてた。
ウブだった俺は「ヤバいもん見ちゃった」と焦り、慌ててその場を立ち去りました。

でも尿意も限界だった俺は店員に、「トイレどこですか?」って聞いたんです。
「その奥を・・・」と説明されてた時、急に後ろから腕を掴まれました。
なんだ!?とビクつきながら振り返ると、さっき万引きしてた女の人です。

後で分かったんですが、俺が店員にチクってると思ったみたい。
店員も怪訝な顔してたけど、俺はその女にグイグイ引っ張られていきました。
棚を曲がって店員から見えなくなった瞬間、女が振り返り、「お願い!言わないで!」と言い出しました。


完全に勘違いされてるので、「はぁ?」と思わず言った俺に、「お願い!ね?お願い!」と両腕を掴んできます。

俺「ちょっ!痛いし、言わないですよ。俺トイレ行きたいから」
女「だめ!お願いだから!ね?」
俺「マジでトイレ行きたいんですけど」
女「トイレならそこの公園にもあるから」
俺「いや、だって店のトイレ借りればいいし」

こんな変な言い合いをしてたんで、やっぱり周りにいるお客さんの目に止まります。
それを気にした女は、「こっちだから、すぐそこだし」と俺を引っ張っていきました。
とりあえずトイレに行ければいいかと素直について行くと、横の出口から出て店の裏にある公園に連れて行かれたんです。

女「あそこトイレだから」
軽くダッシュ気味でトイレに入りました。
スッキリして出てくると、女がまだ出てすぐのとこに立ってます。

マジでフザけんなよ・・・と思いながら、俺はシカトしようとしたんです。
そしたらまた腕を掴まれて、「お願いだから言わないで」とまた始まりました。
俺「言わないよ、もう俺帰るし」
何度も言っても信用してくれません。

終いには、「アタシ結婚してて、この事がバレたら離婚されちゃう」とか、「良かったらお茶飲む?」とか、訳の分からん状態になっていました。
必死に訴えてくるからちょっと怖かったけど、よく見てみれば悪くない顔をした人妻です。

だから思わず、「なんであんな事してんの?」と同情してしまいました。
「自分でもよく分からないけど、手が勝手に動く」とか「ストレスが」とか言い出す人妻。
変な奴に捕まった・・・と思いながら帰るタイミングを見計らっていました。

会話が途切れた瞬間、「じゃ俺・・もう帰るんで・・」と横をすり抜けようとしたらまた腕を掴まれました。
女「ね?こっちきて?お願い、こっちきて?」
腕を引っ張られて連れ込まれたのは、さっき入った男子便所です。

俺「ちょっと!何すんだよ!おい!」
抵抗する俺を、必死に引っ張り込もうとするんです。
マンガとかテレビだとそうは思いませんが、実際にこんな事をされるとマジで怖いっすよ。
振り解こうとしても相手も必死だし、腕がすげぇ~痛くもなるし。

入り口に扉もない公衆便所ですから、その入り口でちょっとした小競り合い。
俺「ちょっとマジで落ち着いてよ、いいから落ち着いてよ」
女「分かってる。分かってるから・・・ね?お願い」
俺「何が分かってるんだよ、マジでやめてくれってば」
女「若いからすぐ出るでしょ?」
俺「はぁ?何言ってんの?」
女「何でもするから、だから・・・ね?」

まぁ~こんな感じのやり取りをしてたわけですが、途中に言われた、『何でもする』でピンときました。
これはAVみたいな状況なんじゃないかと。
もしかしたらここでいきなり童貞を卒業しちゃうんじゃないかと。
そう思った瞬間、体の力が抜けました。

んでそのまま人妻に、1つしかない個室に連れて行かれました。
もうここからは完全にスローモーションのようで一瞬の出来事。
人妻は入ってすぐに自分の荷物と俺のバッグをフックに掛け、そのまましゃがみ込みました。
そう、俺の目の前で。

時々俺を見上げながら自らベルトをカチャカチャと外し始め、ズルン!と一気にトランクスも脱がされました。
膝までズボンとパンツが下ろされ、人妻の目の前にはまだフニャチンのポコチン。
童貞だった俺は恥ずかしいぐらい硬直してましたが、ポコチンだけは無反応でした。

そのフニャチンと玉袋を触られたかと思った瞬間、人妻はおもむろに咥えてきました。
うはっ・・・と声が出そうになったのを、今でもハッキリ覚えています。
生温かい口の中の感触と、ベロンベロンと動き回る舌の感触。

初めてのフェラチオに俺は硬直したまま茫然としていました。
口の中で亀頭を舌で転がされ、次第に勃起していくのが分かりました。
半勃起になった頃にはジュポジュポとしゃぶりあげられていました。

そんですぐにカチカチのフル勃起になり、手コキとフェラチオで立ってられないほど感じてしまいました。
眼下には初めて見るフェラチオをする女の顔・・・。
しかも余裕をかましていたのか、亀頭をペロペロ舐めながら俺の顔を見上げてくるんです。

童貞には刺激が強過ぎました。
俺「ヤバい・・・もうイッちゃいそう」
女「イクの?お口に出す?それともしたい?」
俺「別にどっちでも・・・」
女「してもいいよ、したいなら」

(あぁ~~このまま出したい!でも入れたい!でも今すぐ出したい!)
そんな葛藤がありました。
俺が答えるまで見上げたまま手コキしてくるんで、悩んでる暇はありません。
そこで俺が答えたのは、「オッパイ見せて」でしたw

女「うん、イイよ」
人妻は立ち上がり、Tシャツを捲りホックを外したブラを上に持ち上げました。
突如目の前にブルン!と出てきた巨乳。
少し垂れ気味だったけど目が釘付けです。
EかFはあったと思いますが、ちょっと乳輪の大きな巨乳でした。

人妻は俺の手を取り、「触っていいよ」と自ら胸を触らせてきました。
初めてのパイ揉みですw
柔らかいオッパイを初めは遠慮気味に、途中からはグイグイ揉みまくりました。

女「もうちょっと・・・優しく触って・・・」
俺「あぁ・・・ごめんなさい・・・」
女「ううん、いいの、気にしないで。好きにしていいから」
そう言われて恐る恐る乳首をクリクリしたり、ちょっと引っ張ったりしてみました。

すぐに乳首が硬くなってきて、(これが“乳首が立つ”って事かぁ~)と思いました。
人妻は俺に乳首を弄ばれながらも、ポコチンをシゴくのを忘れません。
マジで入れてみたいけどゴムないから怖いしどうしよう・・・。
悩んだ末に、口で出してもらう事にしました。

そうと決まったら人妻のフェラチオは容赦がありませんでした。
さっきとは違って猛烈なバキュームでしゃぶられ、笑えないほどあっという間でした。
最後は頭を掴んじゃいましたが、初めての口内射精を堪能しました。

信じられないほど気持ち良くて、すっごい大量に出た気がしましたw
人妻はくすぐったくなるまでポコチンをしゃぶっていて、俺が腰を引いてから便器に精子を吐き出してました。
射精して一気に賢者モードになった俺は、恥ずかしくなって急いでパンツを上げました。

人妻は何も言わず、ハンカチで口を拭き拭き。
女「最初に出て外を見てくれる?」
オドオドしながら人妻がそういうので、外を確認してから2人で出ました。

どうして良いのか分からない俺が黙っていると、「ホントにしなくていいの?」と聞いてきました。
俺「いや・・まぁ・・したいけど・・・ここじゃできないし・・・」
女「そうだよね、ゴメン・・・これで内緒にしてくれる?」
俺「うん・・・それはもう・・・」
女「良かった・・・ありがとう・・・」

変な会話をしながら公園を出た俺は、人妻に見送られるように駅に向かいました。
たぶん最後まで確認したかったんだと思う。
改札入るまで俺のこと見てたしw
結局その人妻とはその後も会う事は無かったけど、後々になってかなり後悔したのは言うまでも無いw

ホテル行く金も度胸もなかったし、なにより制服だった俺はあれで精一杯だったんだぁ・・・。
あれから随分と経つけど、今でも時々AVとか見てると思い出しちゃうコキネタです。
もっと凄い事を期待してた方々、期待を裏切ってしまい申し訳なかった。
お付き合い有難う御座いました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
まさに口止め・・・w


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。