【脱童貞】隣のモデルハウスのお姉さんに「遊びにおいで」と誘われた結果・・・・・・・

閲覧数: 4,944 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

うちの隣が某建築会社のモデルハウスだったんだが、そこの受付というか案内人みたいなお姉さんはかなりの美人さんだった。
ある日、俺が庭で犬の世話をしてたら隣のモデルハウスの二階の窓を開けてお姉さんが声を掛けてきた。

お姉さん「暇だったら遊びにおいでよー」
俺は何の疑いもなくモデルハウスの玄関チャイムを押し、出てきたお姉さんに中に招かれた。
中では新機能のトイレ(蓋が自動で開くだけ)とか、屋上に行く隠し階段とかを見せてもらった。

リビングで紅茶を出してもらい、しばらく話をした。
お姉さんはなんとバツイチの子持ち。
しかも若く見えるのに32歳という事を聞いた。

実はこの時、正面に座るお姉さんのミニスカートの奥の白い三角がずっと見えていて興奮した。
俺は半起ちのまま何事もないような顔をして話を続けた。

お姉さん「彼女はいるの?」
俺「いや、いないけど、欲しいなー」
すかさず、「じゃあエッチはした事ないんだ?」と聞かれてびっくりした。
ウブな俺は恥ずかしがりながらこう答えた。

俺「胸までならあるけど・・・その・・・」
お姉さん「じゃあしたことないんだ?してみたい?」
俺は猫舌ながら紅茶を一気に飲み、「・・・したいです」と答えた。


お姉さん「じゃあ、ついておいで」
そう言われ、言われるがままお姉さんの後をついて行った。
再び二階に上がると、お姉さんは奥の部屋に入った。
続いて俺も入った。

そこは寝室だったがさすがモデルハウス。
キングサイズのベッドが置いてあった。
お姉さん「寝てごらん?」
俺「え、あ、はい」
言われた通りベッドに寝転ぶ俺。

お姉さん「緊張してる?」
俺「はい・・・」
そう言うとお姉さんは俺のシャツのボタンを外し、同時にベルトを外した。

ファスナーを下ろし、パンツの中に手を入れられた。
お姉さん「あ、もう立ってるんだね?」
俺「すいません」
お姉さん「これは?気持ちいい?」
握った右手を上下に動かすお姉さん。

そして、「これ脱がせてもいい?」と言いながらパンツを下ろされた。
先走りの透明な液が光る先を、お姉さんは舌で舐め上げた。
糸を引くように唇に残る液を指で取り去り、「あそこ見たい?」と言った。

もう夢でも見ているような気分の俺は、「見たいです」と答えた。
お姉さんは妖しい笑顔のままスカートをたくしあげ、ストッキングとパンティを脱ぎ捨てた。
初めて見る“ソレ”は衝撃的なものだった。

AVのモザイクの奥ではこんな光景があるのかと単純な驚きしかなかった。
お姉さんは、「初めて見るの?」と言い、69の形になった。
AVで見た形、AVでは見られない状況が目の前にある。

とりあえず俺は舐めて見ようと思った。
陰毛に埋もれる肉ヒダのさらに奥、小さな穴に舌を伸ばした。
お姉さん「あ・・・うん・・・そこよ・・・いやらしい味がするでしょ・・・?」
俺は無我夢中で舐め続けた。

お姉さん「触ってもいいのよ・・・指・・・入れたいでしょ?・・・」
俺はその言葉と執拗に続けられたフェラの気持ち良さのあまり、ついに射精してしまった。

お姉さん「あーあ、出ちゃったね」
俺「・・・すいません・・・」
お姉さん「いいのよ。初めてだったんでしょ?」
俺「・・・はい。でも、気持ち良かった・・・」

お姉さん「じゃ、また今度続きがあるか・も・ね」
俺「・・・い、今、入れたいです・・・」
お姉さん「ダメよ、チンチンに精子ついてるでしょ?私がおばさんに見えるからって、まだまだ子供産めちゃうんだからね?」
俺「・・・」

お姉さん「なぁに?どうしてもしたいの?」
俺「・・・はい」
夢見心地のまま答える俺。
お姉さん「じゃあ綺麗にしてからだね」
唾液と精液でベトベトになっている俺のチンコを再び口に咥えるお姉さん。

お姉さん「まあ、今日はたぶん大丈夫な日だから」
そう言いながらベッドに寝転び俺の体を引き寄せた。
俺はさっき出来なかった指入れをしてみたくなり、無造作に中指を這わせてみた。
ヌルヌルの愛液が、俺の指をスムーズに受け入れる。

お姉さん「あんっ!それ、ちょっとずるいよ?あ、あんっ!」
無言のまま指ピストンを繰り返す。
お姉さん「あんっ!入れて!早くちょうだい!オチンチンちょうだい!」
俺は立ちっぱなしのチンコを握り締められ、膣の入り口に導かれた。

ヌプ、ニュルと音を立ててめり込むペニス。
お姉さん「あぁっ!そうよ!奥まで入れて・・・ね・・・」
俺は分からないながらも腰を振る。
お姉さん「あんっ、わ、私が上になってあげる・・・寝て?ね?」

“ズルッ、チュプ”
お姉さん「あん、気持ちイイ!やっ!私、こんな若い子と・・・出来るなんて・・・あん!気持ちイイ!気持ちイイ!」
俺は本当にAVの世界に入り込んだような感すら覚えた。

お姉さん「・・・イク時は教えてね?あんっ!まだ子供産めちゃうんだからね?・・・中で出したら・・・ああっ!ダメだよ?・・・」
俺「も、もう・・・出そうです!あ、あ、あっ」
お姉さん「ダメ!私もイキそうなの!もう少し・・・もう少し我慢して!」

俺は限界まで我慢した。
俺「イ、イク、もう、ダメです・・・」
ズピュ、ズピュプと音が聞こえるほど強烈な射精は、直前に膣から抜かれてお姉さんの口内で行われた。

お姉さん「・・・はあ、気持ちよかった・・・。・・・どうだった?」
俺「・・・気持ち良かったです」
お姉さん「また、いつでも遊びにおいで?」

そして俺は夏休みに入り、毎日ように通い、猿の如くセックスをした。
高校に上がる頃にそのモデルハウスは建て売り住宅として売られ、今では顔も知らない家族が住んでいる。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
とんでもない住宅会社だな…


コメントを書く