【サレ男】サプライズで彼女の部屋に行ったら窓から男の影が見えた結果・・・・・・・・

閲覧数: 3,654 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

2泊3日の出張だったが、思いのほか仕事が順調に進み、1泊で帰ってきた。
彼女(奈美/仮名)にはすぐに帰るとは連絡を入れず、奈美のアパートへ駅に停めてあった車で直行した。
ちょっとビックリさせようという気持ちがあったからだ。

奈美とは3年の付き合い。そろそろ結婚とお互い考え出した頃だった。
アパートの脇の駐車場に着くと、部屋の電気は点いていた。
あっ、居る居る。
びっくりするだろうなぁと思った。

車から降りながら窓を見ていたら、もう一人の人影があった。
そのときは友達が来ているのかと思って、お土産だけ置いて帰ろうと考えていた。
ドアの前まで来てチャイムを鳴らそうとしたら、なんとなく男の声が聞こえた。

さらに男の笑い声と奈美の笑い声。
えっ?なんだ男の声?
訳が判らずドアの前に立っていたが、通路を通る人から変な目で見られたので駐車場に戻った。

しばらく車の脇で窓を見ていた。やっぱりもう一人居る。
誰だ?
奈美には男の兄弟はいない。
親父さんか?
ん~いや、しかし・・・。

もんもんとした気持ちでいたら、突然部屋の電気が消えた。
えっ?なんだ?どういうことだ?頭が混乱していた。
帰ろうと思った。
しかし、不安だった。
帰っていいのか?明日会った時にでも聞いてみるのか?


どうしていいか判らないまま、気が付いたらドアの前に立っていた。
ドアに耳を押し付けてみた。
なにも聞こえない。
ドアノブを回してみた。
カギが掛かっていた。

俺は合カギを持っている。
どうする?これで開けてみるのか?
心臓がドキドキしていた。
カギ穴にキーを差込み、静かに回した。

ゆっくりとノブを回し、少しドアを開けて中をのぞきこんだ。
いつも真美が履いているスニーカーが見えた。
その脇に男物のスニーカーがある。
男だ、この部屋に男がいる。
俺はあせった。
心臓がドキドキしていた。

静かにドアを開け、中に入った。
入ってすぐはキッチンで、小さなテーブルが置いてある部屋だ。
その奥は8畳ほどのフローリングの部屋になっている。
奥の部屋から、かすかに音楽が聞こえていた。

どうする?
ここものぞいてみるのか?
このまま帰る訳にいかない。
自問自答していた。
静かに進み、引き戸を少し開けてのぞきこんだ。

蛍光灯の小さな電球が点いていた部屋のテーブルにはビールの缶があった。
すぐに壁際のベッドへと目が行った。
俺は足が震えて身体中から力が抜けていった。
奈美の裸の背中が見えた。
その背中と尻に男の手がゆっくりと動いていた。

奈美どういうことだ?誰だ、その男は?なんなんだいったい?
完全に頭の中はパニックだった。
のぞきこんだ状態から身体が動かず、戸を開けてわめき立てることも、引き返すこともできずに中の様子を見ていた。

男は俺の知らない男だった。
セックスは普通のセックスだった。
あまり思い出したくないので詳しくは書かないが、キス、フェラ、69、正常位、バック、正常位。
奈美が自分からバックでしてと、俺以外の男に尻を突き出したのはショックだった。

男が「奈美ちゃんはバックが好きだよなぁ」と言ったのもショックだった。
もう何回か関係があるということだ。
最後は腹の上に出していた。

最初から最後まですべて見た。
次々と流れ出る涙を拭うこともできずに声を押し殺して泣きながら見た。。
悔しかった。
男が憎かった。

ゆっくり、ゆっくり玄関のドアを開けて帰ろうとしたとき、奈美に買ってきたお土産の紙袋を持っていることに気が付いた。
あっ、そうだ、お土産を買ってきたんだっけ。

「うわぁ、ありがとう。お土産を買ってきてくれたんだ。」
奈美の喜ぶ顔が浮かんだ。
のんきにそんなことを思っていた。

玄関の脇に紙袋を置いて、静かにドアを閉めた。
車の中にいた。
窓を見た。
電気が点いていた。
すると窓が開き、奈美が顔を出した。
俺の車に気が付いた。

ビックリしている奈美の顔が見えた。
奈美の後ろに男の顔が見えた。
俺は車を急発進させ、その場を立ち去った。

泣いた。泣いた。泣きながら運転した。
かなりのスピードをだしていたと思う。
家に帰って酒を飲んだ。
泣きながら飲んだ。
悔しかった。

奈美からの電話があったが、出なかった。
その夜は計三回の電話があった。
でも、出なかった。
次の日の朝にも電話があった。
俺は出なかった。

会社にも電話があった。
奈美のようだったので居留守を使った。
数日間、電話があったが俺は出なかった。
家にも来たが、会おうとはしなかった。

そのうち電話も来なくなって、俺たちの関係は消滅した。
後日、うわさで聞いたのですが、あの男は妻子持ちの34歳だということでした。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
なんかリズム感があるね!


コメントを書く