【中学時代】友達のお姉さんのパンティを盗んでオナネタにしてました・・・・・・・・

閲覧数: 3,954 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

これは僕が中学生から高校生だった時にはまっていたオナニーの話です。
僕は中学生の時に妹を犯しセックスを経験しどはまりしましたが親と一緒に住んでいるので当然毎日のようにセックスすることは出来ませんでした。

なので僕はセックスの出来ない日はいつもオナニーで性欲を満たしていました。
その方法は妹のパンツのオマンコが当たるであろうクロッチ部分に自分チンコを擦り付けたりパンツをチンコに被せてしごきそのままパンツに射精するという方法でした。

妹が部屋に居ない時に妹の部屋に忍び込みパンツを1枚手に取り自分の部屋でオナニーしていました。
始めたばかりの頃は僕が射精した汚れたパンツをそのまま戻すのはヤバいと思い自分で手洗いして乾かしてからこっそり返していたのですが‥

だんだん僕の精液が染み付いたパンツをそのまま着用してほしいと思うようになり僕は射精したあと少しだけティッシュで拭きそのまま返す事にしたのです。

妹が僕の射精したパンツを着用したかどうかは数日後に干してある洗濯物などで確認出来るので妹が何も知らずにそのパンツを着用して妹のオマンコと僕の精液がピタッとくっついたとくっついた考えると物凄く興奮しました。


そして僕は妹のパンツだけでは満足出来なくなり僕の初恋の相手である友達のお姉さんの愛美ちゃんのパンツでも同じ事をしたのです
愛美ちゃんは僕の1歳上で優しく可愛い人でした。

僕は友達の家に結構な割合で遊びに行ってましたので友達にトイレ貸してと言い愛美ちゃんの部屋に忍び込む事も割りと簡単に出来ました。

でもさすがに友達の家でオナニーは出来ませんので家に愛美ちゃんのパンツを持ち帰ってからのオナニーになります。

愛美ちゃんは初恋の相手というのもあり匂いをかいだり舐めたりもしました。
そして愛美ちゃんのパンツにも妹のパンツ同様に射精しました。

愛美ちゃんのパンツはすぐに返す事が出来ませんので射精して拭きとらずに自然乾燥させて後日また友達の家に遊びに行った時などにこっそり返していました。
返すついでに愛美ちゃんの別のパンツをまた持ち出して来るのですが‥

ただちょっと残念なのが愛美ちゃんが僕の精液のついたパンツをいつ着用したかを確認することが出来ないという事です。
でも愛美ちゃんのオマンコに僕の精液がついたと思うと妹の時以上に興奮しました。

愛美ちゃんがパンツの異変に気付いたかどうかは未だに分かりませんが最後に実行した時のパンツは愛美ちゃんに返さず今も僕が保管しています。
妹とのハメ撮りを掲載された雑誌とともに僕の大事な宝物です。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
なるほど、友達のお姉さんってなんて無防備なんだ…。


コメント
  1. 1. 名無しさん  

    姉か妹いる男はほぼ確実に1度はやったと俺は思う。

コメントを書く