【レズ】女友達二人に巨乳を揉まれてるうちに3人とも興奮してしまい・・・・・・・・・

閲覧数: 10,338 PV

※このエロ話は約 5 分で読めます。

わたしはこの春に大学を卒業したばかりで、今は会社の研修に明け暮れる日々ですが、ふいに自分の経験をつづる場所を見つけたので、ここに書き残したいと思います。

私たちのゼミは二年生のときから同じ顔ぶれのせいか、全体的に仲の良いゼミでした。
特に仲がよかったのはわたしとTとかなこです。
二人はとても明るく、三人でよく冗談を言い合っていました。(ゼミの先生にたまに怒られることも…)

本当に楽しいゼミだったんですが、あっという間に4年生、卒論発表、そして卒業の日が来ました。
Tは県内に就職ですが、かなこは関西に行ってしまうということで、三人で私の部屋でお泊まり会をすることにしました。
コロナの影響で卒業式までもがなくなってしまったので、これが学生の間に会える最後のチャンスだったのです。

当日は10時ぐらいまで大学近くの居酒屋で軽く飲んだあと、お菓子とチューハイを買ってうちに帰ってきました。
私とかなこはあまり酔ってはいなかったのですが、Tはもともとお酒に弱いのでフラフラしています。

「大丈夫?」とか言いながら私が隣に水を持ってきて座ると、「ありがとう…」と言いながら私の胸をさわさわ。
私は普段から二人に胸を触られることはあったのでもう慣れていて
「なに触っとるん笑」と言い返すと
「もうこのおっぱいともさよならか~」とか言う始末…

ちなみに私は身長152cmでE寄りのDカップです。
他の2人も身長は同じですが、胸は2人ともCぐらいじゃないかな?
「おっぱいと別れるのが寂しいの?」て言うと
「まっちゃんと会えんなるのが寂しい」て。かわいいですよね笑

そんなこんなでお菓子食べながら恋バナなんかもしてたら遅くなってきたのでそろそろお風呂に入ることにしました。
うちのお風呂は狭いのでさすがに一緒には入らず、1人ずつ入りました。

お風呂から出たら三次会。
チューハイを飲みながら話をしているとちょっと下ネタの話も出てきました。
2年生のときから付き合っている彼氏(今も続いてます……)とのことなどをみんなで話していると、
「2年のときより絶対大きくなったもん~」とまたTが胸を触ってきました。

すると、
「あ!ブラしてない!」
私は基本的にお風呂上がりはブラをしないので、キャミソールを着てその上にスウェット、下はハーフパンツを履いていました。

「めっちゃ柔らかい!!」
さすがにノーブラで胸を触られたことはなかったので少しビックリしましたが、別に減るものでもないしいいかなと思っていると
「えー!うちも触りたい!」
とかなこも参戦…
2人に両側から胸を触られてしまいました。

お酒が入っていることもあってか、普段はそうでもないんですが、だんだん変な気分になってきました。
するとそれに気づいたTは
「あ!乳首かたくなった!!」
と言い、指を上手に使って乳首を撫で始めました。

「ちょっと!何しとるん!」
2人は競うように私の乳首を刺激し始めました。
ブラをしてないのでスウェットの上からでも乳首の位置はバレバレです。

「んっ、きゃっ、やめて…」
T、かなこ「まっちゃんかわいい。」
正直彼氏に触られるよりも気持ち良かったです。
友達に触られて感じてしまうとは思いませんでした。

ときどきほっぺたや耳にキスされたりして(ちょっとイッちゃいそう…)と思ったとき、思い出したかのように
「よし!ゲームしよう!」
とかなこが言い始めました。

ゲームといってもうちにはほこりをかぶったジェンガしかありませんでした。
そこで、ジェンガを倒した人が2人にくすぐられるという罰ゲームを取り入れることに。
1回目はあっけなくかなこが倒し、Tと一緒にくすぐりましたが全く効果なし…

つづいて二回目は私が倒してしまいました。
するとニヤニヤしながら、Tは私の正面に、かなこは私の後ろに座ると
「せーの!」
でくすぐり始めました。

10秒ぐらいは横腹やふくらはぎ辺りをくすぐられたのですが、次第にかなこは胸を、Tは太ももから股間にかけて優しくくすぐり始めました。
「もう!なんでそうなるん!」
「だってかわいいんやもん」
そう言うと2人は同時に服の中に手を入れてきました。

かなこは「めっちゃ柔らかい…」と言いながらキャミソールの中に手を入れ乳首を弄り、Tは「ちょっと濡れてる」と言いながら私のクリを弄ります。
「あっ、んっ…もうやめて…恥ずかしい…」と言っても2人は全く手を緩めずむしろ動きを激しくする一方。

なんか抵抗したかったんですが、かなこが私の肩の上から(?)乳首を弄るので、ちょうど腕が動かせないのです。
だんだん濡れてきてTの動きも速くなって「あっ、もうダメ…きゃっ!」イッてしまいました…。

Tに「まっちゃん、イッちゃった?」と聞かれ
「う、うん…」と答えると「めっちゃかわいい」と言われ、これで罰ゲームは終わりかなと思っていたのも束の間、
「今度は私がおっぱい触りたい!」とTが言い始めました。

すると「いいよ!」とかなこ。
なんであんたが決めるの…
さっそく2人は場所を交代し再び触り始めました。

「さっきイッたばっかりやけん、もう無理っ!」と言っても2人は聞いてくれず、敏感になっていたので「あっ!やん!んっんっんっ、きゃっ!」すぐにまたイッてしまいました…。
かなこ「いっぱい濡れてる…まっちゃんイくときすごいかわいい」

2回もイッてしまい、ヒクヒクなっていると今度は2人が私の服を脱がせ始めたのです!
「ちょっと何やっとるん!」
いつもなら抵抗できましたがもう体に力が入りません。
全裸にされてからは2人に代わる代わるイカされ続けました。

ベットにつれていかれ乳首を両側から舐められ、クリも舐められ、指も入れられ、本当に攻められ続けました。
「あっあっ、ん~、んっ、きゃっ、ダメッ、もうやめっ、あんっ!」
声もいっぱい出してしまいました。

その都度かわいいと言ってくれて少し嬉しいと思う自分もいました。
かなこにクリを弄られTには指を入れられて攻められたのが一番気持ち良かったかもしれません…

この夜だけでかなこには3回ぐらい、Tには10回近くイカされました。
Tは私がイッても手を離さずにずっと触ってくるのでこの回数になったんだと思います。
あとから聞いた話ですが、別に2人はレズではなく、単純に私のことをかわいいと思ってくれていたみたいです。

なんだかよく分かりませんが、なんでも受け入れてくれるところと、大きい胸がよかったそう…
気がつけば朝になっていました。
全裸にされていましたが、いつの間にか2人がパジャマを着せてくれたみたいです。

私が起きたあとに2人は必死で謝ってきました。
お酒のせいで興奮してしまったんだそう。
友達なので気にしていませんが、恥ずかしいのでもうこんなことはこりごりです…

管理人の戯言(´・ω・`)
ご投稿ありがとうございます<(_ _)>
興奮しますた。


コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。