【変態店長】女子大生バイトを泊めている事務所で下着を漁った結果・・・・・・・

閲覧数: 10,601 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

俺は自営でイベント関係の仕事をしている。
37才妻子持ち。
普段から可愛いアルバイトを何人か雇っているのだが、その中でもルックスや態度など一番シコい娘がいる。

名前はA(19才の大学生)
いつもはどのアルバイトとも現地集合か駅で待ち合わせて車で拾うというパターンだ。
ある時、10日間連続という大きなイベントが入ったのだが、みんなに予定を聞くと連続で出られるのはAだけとなった。

Aに限り他県から来ている娘だったので毎日朝早いけど大丈夫?と聞いた。
すると、この期間だけ事務所で泊まらせてもらえませんか?と返事が………
そう、俺は自宅の近くに事務所としてアパートを借りているのだ。
特に問題ないし、OKを出した。

あまり自分の事務所だからといってチョクチョク行っては大学生だし警戒されると思い、期間中は送り迎えだけにして干渉しないように心がけた。
5日目を過ぎた頃か…

慣れてきたからか、現場から帰ろうとすると
Aが「今日はこの近くで友達と約束してるんで遅くに電車で帰るので店長は先帰ってもらって大丈夫です」と言う。
まあ、いっかと俺は一人で帰ることに………


帰り道、今日は事務所に用事ないよな~寄らなくていっかと考えてたら…
!!!!あ!!善からぬ妄想がwww

もちろん心臓バクバクさせながらアパート到着。
事務所に洗濯機はない。
10日連続。
てことは、、

荷物を崩さないように物色する俺。
あれ??下着がないぞ。
あいつ履きっぱなの??
そんなこと考えてたら脱ぎ捨てた靴下発見。

とりあえず鼻に擦り付けながら勃起したブツをまさぐる……
絶対あるはずだ……
洗面所に行くと何かに覆い被されてる物が……
被さってる物をめくってみる。。

2枚の脱ぎ捨てパンティー発見!
なんて無防備なんだ!ありがたい!
と思いながら、初めての経験なのでドキドキしながらパンティーを手に取る。
もちろん置いてあった場所や置き方を記憶しながらだ。

フル勃起しながら恐る恐る匂いを嗅ぐ。
とてもいい匂いがした。

自分が雇ってるバイトのパンティー
19才の女子大生のパンティー
しかも一番シコくていつもオナペットにしている娘のパンティー
相手はこんな変態店長だなんて1ミリも思ってないであろうという立場にも興奮。

1枚は変態仮面のように被ってみてもう1枚でブツをしごく。
とても恥ずかしい姿。。。
いつかは本人の前でさらけ出してバカにされながら同じことをしてみたい。
立場逆転!
とにかく、1分も経たずに逝ってしまった。

余韻浸ったりもう一度とか考えたが、位置がずれてたり万が一バレたら終わりだと思って帰ることにした

次の日何もなかったかのように彼女を迎えに行くと、まったく気付いてない様子でおはようございますと挨拶してくれた。
その顔にまた興奮してしまった俺がいた。

未だにその娘は雇っているが、思い出す度に勃起してしまうほどエロティックな体験だった。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
変態店長様、ご投稿ありがとうございます。
贅沢を言えば匂いの描写をもう少し具体的に…

Twitterで更新情報を受け取ろう!

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。