夜中にツレが連れてきた他人のチンポをいきなり咥える名も知らぬ女・・・・・・・・

閲覧数: 5,660 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

今起きた出来事を話そう。
俺は部屋で1人ダラダラ過ごしていた。
時間は深夜0時そこにツレから着信。

ツ「なにしてん?」
俺「ダラダラしとるよ」
ツ「今さぁ、エロい女とおんねんけど」
俺「へー、ええやんけw」
ツ「今からお前んち行ってチョメチョメするか?」

俺「はー?俺が実家やて知ってるよなw」
ツ「やっぱヤバいか?」
俺「ヤバイやろーw」
ツ「でもヤりたいやろ?」
俺「おっ、おん」
ツ「ウヘヘwさすがやなw」

俺「うるさいわ!とりあえず連れてこいや♪」
ツ「テンション上がっとんのーw」
俺「ウヘヘw」
ツ「着いたら電話するわ」

電話が切られた。
(マジか~♪棚からぼたもちやんけw)
しばらくしてツレから着信。

ツ「着いたぞーw」
俺「今開けるわ♪」
鍵を開けた。
そこにはツレと白いワンピースの清楚な女の子が立っていた。


俺「ま、入れや」
ツ「おじゃましまーす」
女「・・・」

部屋に入る。
ツ「おい!実家で親寝てるから声出すなよ」
女「・・・うん」
ツ「ほな、◯◯(俺)のしゃぶったれや」
女「はい」
俺「いきなりかよwてゆーか、ツレの前でやるんかよw」
ツ「そりゃそやろw」

俺「そりゃそーかwちょっとハズいなぁ」
ツ「ま、脱げやw」
俺「おっ、おん」
みんなで服を脱ぐ。
会って数分で白いワンピースの清楚な女の子が股間をヌメらせて全裸で突っ立っている。

ツ「ボーッとしとらんと、◯◯のしゃぶったれや」
ツレはそう言って女のケツを叩いた。
女「ひゃいっ!」
女は汚い俺の息子を躊躇することなく咥え込んだ。

ツ「ココ弄ったら速攻でエロエロスイッチ入るで」
そう言って四つん這いで息子をしゃぶる女の穴に指をねじ込んだ。
女の穴は俺の息子をしゃぶっただけでビチャビチャになっていて、ツレの指を一気に2本もあっさり飲み込んだ。
その刹那、女は声にならない声で絶頂を迎えた。

俺「エロエロ通り越してイッてもうとるやんけw」
ツ「こいつ、知らん男の汚いチンポをしゃぶって感じとったんかw思ってた以上に変態やのw」
(この女面白いっ!)
俺の中のS魂に火がついた。

俺はおもむろに息子を咥えながら絶頂の余韻でピクピクしている女の頭を掴んだ。
俺「ほらほら~♪ちゃんと気持ちよくせな~♪」
女「ふぁうぃ」
息子を咥えながら答える女。
しかしもう1人のドSが、刺さったままの指を激しく動かした。

女「うっうっううー」
声を押し殺して何度もイッている。
俺「しゃーないヤツやのー」
そう言うと女の頭を激しく動かした。
さっき会ったばかりの名も知らぬ女に対して無感情に遠慮なく喉奥へと息子を叩きつける。

女「お゛おお」
上下の穴を無茶苦茶に掻き回された女は涙を流して深く絶頂した。
俺「すげぇーw白目剥いて痙攣しとんぞw」
ツ「ド変態やのw」

俺とツレは位置を入れ替わり、ピクついて潰れた女を無理矢理に起こし四つん這いにして、俺は下の穴に、ツレは上の穴にチンポを突っ込んだ。
深い絶頂で意識が朦朧としていた女は新たな快感によって意識を取り戻し、声にならない声で悶えている。

数秒もせず、女は白目を剥いて痙攣しだした。
俺たちはそれを無視して激しく腰を振り続ける。
しかしながら興奮した俺たちは数分もせずに女の中にぶちまけた。
チンポを抜かれた女はその場に崩れ落ち、白目を剥いて上下の穴から白濁液を垂れ流し痙攣している。

ツレも疲れたようでその場に座り込み休憩しだした。
だが俺はこんな楽しいオモチャ放っておける訳もなく、隠し持っている電マを取り出しセットする。
グタっている女をベッドに運び、女の口にタオルを突っ込んだ。

そして手をベルトで縛ると力の抜けた両足を手と足を使って固定した。
ヒクついている女のビラを開き、剥き出しにしたクリにピタリと電マを当てた。
その瞬間、一気にフルパワーに。
その刹那、女は目を見開き、激しく顔を横に振りだした。
もう無理だと言わんばかりに暴れている。

しかし一気に来た電マの快感によって、数秒もせず目が裏返り、ビクンっ!と激しくエビ反った。
ツ「お前やり過ぎw」
俺「いや~♪楽しくなっちゃってw」
ツレは女の口からタオルを取ると気絶している女の顔を叩いた。
女は何とか目を覚ましたが、その顔は涙とヨダレと鼻水を垂れ流し虚ろな目で空を見ていた。

女「もうダメ・・・帰る」
ツ「こいつ、明日は朝から仕事やでw」
俺「マジかw楽しくてやり過ぎたな」
とりあえず足腰グラグラの女を抱えシャワーを浴びることに。
バスタブの縁に座らせて頭からシャワーをぶっかけた。

そして股を開かせ、中出しした白濁液を掻き出そうと指をねじ込んだ。
刹那、女は呻き声を上げて絶頂した。
俺「どんだけやねんコイツw」
気絶している隙に中のモノを掻き出し、また頭から水シャワーをぶっかけて叩き起こした。

シャワーからあがると女はさっさと体を拭き服を着た。
ツレもさっさと服を着て一服しており、タバコを消すと女の肩を抱いて、「お疲れ!」と言って帰っていった。
女「・・・」

結局、女の名前も年齢もツレとの関係もわからぬまま、嵐のような夜が終わった。
もう1発出したかったのにw

 

管理人の戯言(´・ω・`)
エロいけどこわい・・・


コメントを書く