【ホモ注意】音声チャットでネカマが釣れた結果・・・・・・・・・・・

閲覧数: 7,383 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

【体験談】カメラが大事な箇所を移していることに気づいていない・・・?!

投稿者男性が18年ほど前に「Netmeeting」というツールで音声チャットをしながらいわゆるテレフォンセックスの相手を探していた時の事。当時にしては画期的な音声+WEBカメラが使えるツールだったのだが、その時チャットルームに入ってきたのは女のふりをした男だった。なぜそれが分かったかというと・・・。

nekama

1998年頃、今から約18年ほど遡ることになる。
この頃はまだインターネットが出始めの頃であまりコミュニケーションツールは発達していなかった。
しかし、「Netmeeting」と言うツールでテレビ電話のようなことができた。

「Netmeeting」と言うツールは、WEBカメラがあればこっちの姿を相手に見せることができて、マイクが繋がっていれば電話までは行かないまでも音声チャットができた。
普通にチャットもできて、この時代では衝撃的なツールだったと思う。

ちょうどエロエロ気分になっていて、一緒にオナする人を募集していた時のことだった。
僕の部屋の中にアキラと言う女性が入ってきた。
まぁ、女性にもアキラって名前の人はいるけど、限りなく男っぽいな。
僕はすぐに音声をつなげてアキラさんと音声チャットを始めた。

僕「初めまして、ムラムラしてマース」
アキラ「あのぉ、初めましてですぅ」

アキラさんの声は甲高い、まるでアニメの声優のような声だった。
しかし、その時動画が映る画面に男性のチンポが映った。
・・・、アキラは男だった。
でも、カメラが繋がっているのをアキラは気づいていないようだ。

僕は強制退出をさせようと思ったが、アキラがどんなネカマを演出してくれるのか気になって騙されたふりをした。

僕「僕は18です、アキラさんは何歳ですか?」
アキラ「じゅ、じゅうごですぅ」

一応もう一度断っておくが、カメラの映像には陰毛がふさふさの包茎チンポが映っている。
そうか、15なのか・・・、何も言えねぇよ。

僕が何も話さずに黙っていると。

アキラ「あのぉ、おちんぽさわってますかぁ?」
僕「あぁ、触っているよ。最高だぜ」
アキラ「キャッ、恥ずかしい」

僕は笑いを堪えるのに必死だった。
包茎チンポがこんなことを話しているなんてありえないだろうが。

アキラ「おちんぽいっぱいシコシコしてください」
僕「ジョニーが元気になってきたぜ」
アキラ「あたしの大事なところもバクバクしてます」

バクバク???バクバクってなんだ?

僕「アキラさん、バクバクって?」
アキラ「あっ、恥ずかしいわ~」

ちなみに、もう「Netmeeting」がないからみんなに教えるけれど、女の声か怪しいと思ったときは長い文章を読ませるといいんだよね。
男が裏声を出している時は、所々男の声に戻る時があるから。
ネカマの場合は音声会話をしていても短い言葉だけで返すことが多いよ。

アキラ「ぁん、ぁん、恥ずかしい」
僕「アキラさん気持ちいいの?」
アキラ「ぁんぁんぁん、とっても大好き。マスゴンさん(僕のHN)」

今度はドラえもんの歌マネかよ。
「アンアンアン、とってもだいすき、どらえーもん」と言うフレーズが昔はあったんだ。
僕のチンポは完全に萎え萎えだ。
もう、氷河期に入ってしまったかのように元気が出ない。

それでも、喘ぎ声が激しくなっていくアキラさん。

アキラ「ぁんぁんぁあん、ぁんぁん、やっばーい」
僕「気持ちよさそうですね、おちんぽいい?」
アキラ「おちんぽきもちいいです」

www、マジでウケルwww。
アキラさんはおチンポ気持ちいいと言いながら、本当にカメラの前でシコシコしていた。
皮を被ったままのチンポが少しずつ大きくなっていく。

アキラ「ぁぁん、しゅごいの」
僕「ジョニーが暴発してしまいそうだぜ」
アキラ「ぁぁん、まってぇ」

カメラの前で激しくチンポを擦るアキラさん。
このスピードはすごい、ここまで激しくやったら痛いんじゃないか(笑)
僕は笑いながらカメラを見ていると、「ぁ!」と言う声と共にカメラの前で白濁の液が吐き出された。

僕「おぉ、ジョニーが暴れたがっているぜ」
アキラ「・・・」
僕「アキラさん?」

アキラはカメラの前でティッシュを取り出し一生懸命処理をしている。
あぁ、このまま部屋から退出するんだろうなと思っていたら。

アキラ「ぁあん、もっとぉ」

発射したはずのアキラさんがまた音声チャットを続けてきた。
しかも、だまに男の声に戻っているんですけどw

僕「ぁぁぁ、ジョニーがヤバい!ジェニーを求めてる、ヤバいよヤバいよ」
アキラ「ジャニーはここよぉ」
僕「ジェニー、オゥマイジェニー!」

アキラさんはふにゃちんのままジェニーを演じ始めた。
・・・、何か虚しくなってきたなぁ。
本物の女性に相手してもらいたいよ。

僕「あぁぁ、でちゃうでちゃう」
アキラ「じゃ、ジャニーも発射しちゃうわ」
僕「いくーだすぞー」

・・・、ジャニーが発射って。
アキラさん、あまりにもひどいと思うんですけどw

僕は最後にネタばらしをすることにした。

僕「あのですね、カメラ繋がってますよ」
アキラ「はぃ、知ってますよぉ」
僕「ぇ!?」
アキラ「あたし・・・、ホモですからー」

この言葉を聞いて僕は完全に固まった。
大きな釣り針にわざとかかってあげたつもりだったのが、本当に僕は釣られてしまっていた。

アキラ「マスゴンさんもホモだったんですね、あたし嬉しいの」

僕はすぐにアキラを強制退出させた。
相手がホモだとわかったら、もう相手をする必要はない。

僕が初めて男性のおかずにされたクリスマスイブの夜中の出来事だった。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
いや、わざとに決まってるだろうw

Twitterで更新情報を受け取ろう!

コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。