【マジキチ】かわいすぎる娘(JC)に劣情を抱いていた変態父親の末路・・・・・・・・・・

閲覧数: 11,687 PV

※このエロ話は約 5 分で読めます。

投稿者:娘ラブ さん(男性・40代)

【体験談】ロリコンが天使のような娘を持つと・・・恐ろしや・・・

投稿者にはの娘がいた。体だけで結婚した嫁とは違い、美しい少女に成長していた。まだだったが、高校生になったら自分のものにしようと画策するとんでもない変態ロリコン男だった。しかしある日、家に帰ると娘がいない。嫁に聞いてもはぐらかされる。そこへ会社の同僚から電話が・・・。

42歳リーマンです。
俺には35歳の嫁と一人娘(JC)がいます。

嫁は顔がブサ気味ですが、身体がいいので中出しして結婚してしまいました。
やらせる女が嫁だけだったので・・・・。

それなのに、俺に奇跡が起こりました。
娘のまゆなは、自分で言うのもなんですが凄く可愛いです。

小さい頃から可愛くて天使みたいでした。
育って不細工になったら・・・・・・と心配していましたが、どんどん可愛くなっていきます。

可愛すぎて誘拐されるんじゃないかと心配になるほどです。
まゆなが高校生になったら近親相姦したいと思っています。

ロリコンなわけじゃないから、高校生になったら、にします。
他の男に取られる前に、作った俺が頂くのは可笑しくないはずです。
まゆなの成長を楽しみにしています。

ある日、会社から昼食に出ると嫁とまゆなが歩いていました。
何度も見間違いかと思いましたが、どう見ても嫁とまゆなでした。

気になって嫁とまゆなの後をつけましたが、途中で見失ってしまいました。
嫁の携帯は電源オフ。

それから色々考えてしまいました。
まゆなは学校を休んで何処へ行ったんだろうか・・・・・・。

俺はその日、飲み会をパスして、一目散で自宅へ帰りました。
味噌汁と焼き魚の匂いがします。

嫁はご機嫌に鼻歌を歌いながら台所に立っていました。

俺はきょろきょろしながら、
「まゆなは?」
と、聞きます。

嫁は「出掛けてる」と言いました。
時計を見ると八時。

「こんな時間に何処へ行ってる?」
俺は落ち着きません。
逆に、落ち着き払っている嫁に殺意を抱きます。

「いいじゃない。まだ八時よ?」
「なに!?!?まだ八時だと!?もう八時だろ!!!!!!まゆなはまだ子供なんだぞ」

俺はテーブルを叩きます。

嫁はくすっと笑いながら、
「まだ子供?ご冗談を!もう立派な女ですよ」
と言います。

俺は嫁を殴りそうになりました・・・・・。

「お前みたいな中古はそうだろう!!!!!!まゆなはまだ子供なんだ!!!!!!」
と、怒鳴っていました。

「まだ・・・・子供なんだ・・・・・」

俺はまだまゆなを抱いていないんだ。子供に決まっている!

嫁は「ふん。じゃあまゆなと結婚すれば?」と言います。

「とにかく何処だ!!!!!」
と聞きます。

嫁は憎たらしい顔で、「さあ?あんなメスが何処へ行ったかなんて・・・ねえ?」と言います。

「・・・メスだと?」

「メスよ。ただのメス」

「じゃあお前は何なんだ!!!!!!!!!!!!!!!」

俺は嫁に聞きます。

「私もメスよ。あなたとヤッただけのメス」

その時、俺のワイシャツの胸ポケットで携帯が鳴りました。
同僚のU田からです。

俺は咳払いをしたあと、出ました。

「もしもし」

U田はなにやらガヤガヤしているところから掛けているみたいです。

「お前の娘さん・・・ほら、まゆなちゃん?だと思うんだけど」
と言います。

U田は家に飲みに来たことがあったのです。
そこでまゆなと会ったことがありました。

U田は、続けます。

「・・・ここにいるんだよ。いいのか?まだだよなぁ?」

「何処だ!!!!!!」

俺は思わず怒鳴ってしまいました。

「・・・・〇〇だよ」

風俗街です。

俺はそのまま家を飛び出しました。

U田に、「まゆなと一緒にいてくれ」と伝え、すっ飛んで行きました。

U田といたまゆなを受け取って、一緒に帰りました。

まゆなは黙っています。

俺も、理由を聞こうと思ったけど、怖くて聞けませんでした。

まゆなの手をぐっと握りました。

すると、まゆなの手から何かが落ちました。

お金です。
万札でした。
三万円です。

「・・・これ、どうしたんだ?」
と、聞きます。

「さっきのオジサンが」

「・・・言うな」

俺は泣きそうでした。
なにも考えたくないです。

家に帰ると、嫁はもう寝ていました。

まゆなと俺は一緒にお風呂に入りました。
まゆなの身体の隅々まで洗いました。
アソコを入念に洗います。

考えたくない・・・考えたくない・・・・
俺は、まゆなの身体を洗浄するために、自分のチ〇チ〇を入れることにしました。

もう、ヤッてしまったんだろう。
三万なんて、貰ったんだから。

まゆなは抵抗します。
でも、そんな力はどうにでも出来ます。
まゆなをねじ伏せて、身体に覆い被さりました。

俺の肩と手と身体で押さえつけ、風呂のタイルの上で正常位になり、チ〇チ〇をねじ入れました。狭くて小さいです。

「いたい、いたいよ・・・お父さん」
と、まゆなが言いました。

チ〇チ〇の先になにかに当たるような感じがして・・・チ〇チ〇の付け根を見てみると、まゆなの膣から血が流れていました。

「え?処女・・・?」

俺は聞きました。
まゆなはまだバージンだったのです。

浴室のガラス戸越しに、嫁の声がしました。

「まゆな、お金貰ったからね」
と、笑っています。

「はい・・・・お母さん」

まゆなが言いました。
目の横に涙が溜まっています。

「まゆなを守るために、U田さんにお相手をお願いしたのよ。ケケケ」

嫁は言いました。

「アンタがロリコンだから。知ってるわよ。まゆなのパンティ盗んだり、いやらしい目で見てるの。他の男に取られればアンタの異常なロリコンが治ると思ったんだけど」

「・・・・でも、ダメね。アンタはしょせんただの変態だったわ」

嫁が「ドン!」とドアを叩きました。

「自分の娘を犯す、変態男!!!!!!!!!!!!」
と言いました。
そして、いなくなりました。

そうか・・・。

嫁は俺がまゆなを諦めるように、U田に処女を奪わせようとしたのか・・・・・。

でも、まゆなは処女だったのです。

「U田とやらなかったんだな?そうかそうか。やっぱり、まゆなは天使だな」

俺はまゆなの頭を撫でて、キスしました。

「こっちの穴ではしたことない。お尻の穴は十何回したけど」

まゆなは嫁のような冷たい目つきで、俺に言いました・・・・・・。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
そのオチ・・・、いる?

エロばなちゃんねる体験談投稿フォーム
コメントを書く
※コメント番号は変動しますので、直接返信してください。
※誹謗中傷はやめましょう(随時削除させていただいてます)